テイクオフ

波に乗るにはまず、テイクオフが

できなければ始まりませんよね?!

 

 

しかし、ある程度テイクオフがで

きるようになると、ほとんどの

それ上の技術上を求めなく

なってしまうものです。。。。

 

 

 

この講座は、わりと知られていな

い世界のトップサーファーの上級

向けのテクニックを解説いたしま

すので、もう度おさらいしてみ

しょう!!

 

 

 

 

 

 

上級パドルのやり方


上級テイクに入る前にまず、パド

の体勢について、もう一度おさ

らいします。

 

なぜなら・・・

 

これがきちんとできていないと絶

に上級テイクオフはできません

!!

 

上のパーコの写真を良く見てくだ

い。

 

よく『胸を反る』といいますが、

んなに反っていませんね。これ

には秘密があって、乳首の辺りを

少し浮かす程度の形が、一番スピ

ードをつけられるベストな態勢と

なっています。

 

 

 

胸を少し浮かせたら

『へそで重心を取る』 その意識に

変えると、自然と腹筋に力が入り、

寝そべった状態でも前傾姿勢を保

てるようになっていくはずです。

 

 

 

背筋と腰に負担がかかるので鍛え

しょう!!

次にへそで重心を取り、前傾姿勢

るとノーズが沈んできます。。。

 

 

大切なのは、テール側が持ちあげ

れないように太ももとヒザを使

い、ボードを「深く沈める」気持

ちで、しっかり押さえてください。

 

横から見たら尺取り虫のように、

尻が少し浮いている状態になり

ます。

 

この態勢を作ることができると、

体全体でボードを押さえている

状態になり、絶対にブレナイ態勢

を作りだすことができます。

 

 

 

ノーズがまったく沈まないという

ことは、もう少し前に乗ってくだ

さい。

 

 

この位置が凄く微妙なので、前に

乗り過ぎても上手くいかないので

一番難しいところです

 

上の写真でのパドルの体勢で、右

のヒザでボードを沈めているの

が分かりますでしょうか??

次に、テイクの滑り出しの体勢を

てみましょう!!

次に上の写真のケリーの肩の位置

見てみましょう!!

 

 

水をかいた手が後ろにあるのにも

かかわらず、しっかり肩が前に出

ていますね。

 

寝そべっているのに前傾姿勢とい

ことです。

 

 

 

この形がテイクオフの滑り出しの

に完成されていないとMAXの

速が得ることができません。

 

 

 

 

いかに前に早く進む為に、ベスト

形を作る事が重要ということが

、理解できたと思います。

 

 

それによってパドル&テイクのス

ードが大幅に変わっていくとい

うことも分かっていただけたでし

ょうか?

 

 

 

これができるようになると、今ま

乗れなかった厚い波でも加速が

断然変わってくるので、必ず乗れ

るようになっていきます。

 

 

 

 

必死になってアゴを突いたりする

とも、なくなっていくと思いま

す。

 

 

とにかく一番重要なポイントは、

ードが一番スピードが付く位置

に乗るということです。

 

 

この位置を発見するには、へそで

重心を取り思考錯誤でみつけるし

かないんです・・・

 

 

 

 

中級者の場合、今のへその位置よ

り、ほんの2~3センチくらい前

に重心をずらしてみると、思いも

よらない発見があるかもしれませ

んよ。

 

 

 

 

水のかき方 上級編


そして最後に手の水のカキ方です

!!

 

 

ケリーの右手を見てください↑↑

 

ノーズの方向に手を斜めに向けて

るのが分かりますか??

 

 

 

しかも肘を使っていることも・・・

 

 

 

 

これはやや斜めから水面を捕えて、

ボードの真下に水を集める為の動

です。

 

 

 

 

腕をまっすぐ伸ばし水面を小指か

とらえるように水を掻いてくだ

さい。

 

それこそ重心をとっているへその

りまで水をかいてから、V字型

で外にかきだす形です。

 

 

 

全体の水のかき方は、肩を前に出

てから、肘を使って水をかく!!

 

 

 

簡単そうに思いますが、かなり難

いのでやってみてください。

ここまでのおさらいです!!

 

上の写真を見ながら読んでください。

 

①胸を少し浮かせへそで重心をとる

 

 

②モモとヒザでしっかりテール側を

 押さえる

 

 

③お尻が少し浮く感じの体勢を作る

 

 

④ノーズ側に肩を前に出すように水

 をかく

 

 

⑤へその下あたりまで水をかきV字

 型のように水をかきだす

 

 

この意味を理解できると上のケリー

のパドルの体勢が、芸術的に見えて

くると思います。

 

 

 

 

 

ミックファニングの水のカキ方からテイクまでの実例


ミックの水のカキ方です!!

肘を曲げて肩を前に出している

が、わかりますか??

 

 

しっかりへそとヒザを使ってボ

ードを押さえながら、かなりの

前傾姿勢を保っています。

 

肩を前に出すと同時に、へそに

力を入れてみてください。

 

 

安定感が増すと思います。

 

ボードのかなり前に乗っているか

らこそ、前傾姿勢がとれます。

 

写真左はミックのあごの位置と、

ノーズはかなり近いです。

 

アゴをつけたらノーズが沈んでし

まいます・・・。

 

ライトに最初から行くつもりで

も、一回レフトを見ているこの

余裕がたまりませんね。

 

 

この余裕は、ボードの正しい押さ

え方のパドル姿勢ができてこそ、

滑り出しの加速を十分得られ、立

つまでの余裕が生み出されること

になります!!

 

 

 

ボードの一番前に乗る位置の目安

は、あくまでもへそで重心を取り、

胸を少し浮かせた状態での位置な

ので、思考錯誤して覚えるしかあ

りません。

 

 

 

 

その位置を発見できるとすぐにス

ピードがつき、余裕がでてきます

ので頑張って探してみてください!

 

 

 

この最前の重心点をみつけること

こそ、水をかいたスピードも今ま

で以上に速くなり、上級テイクオ

フができるようになります。

ノーズが沈んでいるのになぜ進む?? 

 

 

これが秘儀です!!

 

 

 

 

 

 

テイクオフ実践編


長くなりましたが、テイクオフ実践編に入ります。

次にボードがすべり出してから

『立つ瞬間』の技術に注目しまし

ょう!!

 

 

 

手をボードに付いて、立つまでの

ほんのわずかな間に、失速してい

ることが多々あります。

 

 

この原因は・・・??

 

 

 

ボードを『押しながら立つ』とい

ことを、していないのが最大の

原因と考えられます。

 

 

 

ほとんどの人は立つ瞬間に、波に

ードを持ち上げられながら立っ

ていることに気がついていません。

 

 

 

波にボードが持ち上げられると一

失速してしまうので、立ってか

らのスピードも断然変わってしま

います。

 

 

 

それを防ぎ『加速しつづけながら

立つ』事が重要ポイントになりま

す。

 

 

では、どのようにすると失速しな

のか??

 

 

 

 

ここを必ず考えてください。

それは「プッシュアップテイク」

を覚えていきましょう!!

 

 

アタマの位置を上方向に少しでも

ち上げてしまうと、テール側に

重心が移ってしまい、失速の原因

につながります。

 

したがって、頭の位置を変えずに

全体(肩と肘と手首)を使って、

ボードを沈めながら立つという技

術です。

 

上の写真を見ると分かると思いま

す。

 

 

 

しっかりボードを押していますね。

 

 

滑り出した瞬間に、アタマの位置

変えないようにして、ボードを

沈めながら立つことで、失速どこ

ろか加速しながら立てます。

 

手を付いている位置よりも、アタ

の位置が前にあるところに注目

してくださいね!!

 

 

 

 

頭の位置を変えなければ、自然と

傾姿勢のまま立つことにつなが

っていきます。

 

そう!!

 

テイクオフは、腕立て伏せのよう

に肘を外側に開きながら起きあ

るイメージを持って立つのが正解

です!

 

わかりにくい方は実際に腕立て伏

を、胸をそらないようにやって

みてください。

 

 

 

あたりまえだと思いますが、テイ

オフの時には知らないうちに胸

を反りながら立っている方が非常

に多いです。

 

 

 

波に巻かれる恐怖心や、バランス

とろうという強い意識が優先さ

れてしまっているので、胸を反ら

してしまうのも無理もありません

が、ここを克服しながらトライし

てみてください。

 

 

 

 

上写真のケリーは、テールを持ち

げられるのを防ぐために、手で

ボードを押す以外に、さらにヒザ

を使ってボードを沈めながら立と

うとしています。

 

 

 

ここまでくると神技になりますが

それだけ立つまでの間の『加速』

大事ということが分かると思い

す。

 

 

 

手を付いて立つまでのあいだは、

頭の位置を変えずにボードを押

続ける癖をつけましょう!

 

 

 

これがプッシュアップテイクとな

ますので、意識してやってみて

ください!! 

 

 

ボードを押せているのか判断基準をチェック

ここまでのおさらいです!!

 

①腕立て伏せのように肘を開きな

 がら手をつく

 

②胸を反らないようにボードを押

 しながら立つ 

 (頭の位置を変えない)

 

イメージをつかめましたでしょう

か??

 

 

ここからが本番となります(笑)

 

下の連写を見ながら意識に落とし

込んでいきましょう。。。

 

 

 

 

 

 

テイクオフの一連の流れ


へそで重心を取る為には、胸をボ

ドから浮かせなければいけませ

ん…

 

 

肩の位置をボードから20センチ

らい上げるとへそで押さえるこ

とができます。こ

 

 

れは非常に辛い体勢となりますの

で、筋力UPをはかりましよう。

立つ瞬間に、板を止めないように両

手で水をかきながら立つクセをつけ

てみましょう!

 

両手で水をかく動作の後で、手を付

くタイミングと覚えてしまいましょ

う。

頭を上げないとは、背骨を反らない

ということにもなります。

 

 

ここを重点的に意識していきましょ

う。

足を置く体勢はなるべく低くするこ

とが求められます。

 

お腹の下に大きな空洞を作ってしま

わないようにお尻を上にあげないこ

と!!!

 

お尻を上げながら足を置こうとする

と背骨が丸まり下を向く体勢を取っ

てしまします・・・

 

 

ここは本当に重要なポイント!!

後足のヒザを外側に向けながら置

こと!!

 

 

素早く置く秘儀です!!

最後に、前足が付くのと「同時」

手を離すこと!!

 

 

板を最後まで押し続けるポイント。

 

 

 

このような意識を持って、できる

で練習し続けてください。

 

ひとつひとつのことが身につくよ

に陸で練習することもおすすめ

いたします。

 

 

 

プロのように波に押される力を利

して素早く立つ技術は、このペ

ージで書かれていることをすべて

マスターしているからこそできる

動きであって、見よう見まねで簡

単にできるほどサーフィンは甘く

ありません…

 

 

しっかりと、基礎を作り上げるた

に実践でお役に立ててください。

 

 

それでは、最後まで読んでくれて

にありがとうございました・・・

 

 

頑張って習得してください!!

 

 

 

 

 

 

【テイクオフ関連ブログ】


【波の見方とは】

【ドルフィンスルー】


【パドルの姿勢】

【水のかき方】


【ボードの向き】

【手の付き方】


【足の置き方】

【起き上がり方】


【小波でのテイクオフ】

【素早く立つ方法】


【失敗してしまう原因】

【自分に見合う適正ボード】


【スケボー練習方法】

【テイクオフの秘儀!上級編】

「テイクオフの秘儀」

■ テイクオフからアップスンの秘儀

テイクのスピードを上げるとは?

サーフィン上達にはライバルが必要 


お勧めコンテンツ