テイクオフを徹底的に検証

今日は実際のテイクオフがどのようになっているのかを検証してみましょう!!

 

スーパーストイックシステムでは、

テイクオフの技術を高めていくため

には??

 

 

この部分に照準を当て、さまざまな

練習方法を取り入れていきますが。

 

 

その中で、なんと言っても一番大切

なことは、実際に自分の映像を見な

がら客観視していかなければ、どこ

が悪いのかわからない・・・

 

 

何度も自分の映像を見ながら分析し

ていくことがもっとも効果的な方法

となります。

 

 

 

そこで、今日は!!!

 

 

スーパーストイックシステムの通信

講座弟2弾として、ご紹介してみま

すので、じっくりと見てくださいね

 

 

 

 

まずは速いブレイクでのテイクオフ

を比較分析してみます。

 

 

 

Yさん。

 

速いブレイクではボードを真横へ向

けるように起き上がっていますか?

 

 

 

 

:ハイ!!

 

:ボードを真横へ向ける為に左手を

使って押し込みながら立っています

 

 

:自分の感覚ではかなりいい感じだ

と思いますが・・・

 

 

 

そうですか。。。

 

では、こないだの練習会の映像を見

ながらできているのかを比較分析し

て勉強しましょう!!

 

 

:よろしくお願いします。

 

 

 

まずは出だしの体勢から!!

 

 

 

テイクの技術が、かなりあがってき

たストイックガールKさんの写真と

比べてみましょう。

 

ボードの向きを斜めからとお伝えし

ていますが、出だしから違いますね

・・・

 

 

:ハイ・・・

 

:自分では横を向いているので板も

斜めに向いているはずなんですが…

 

 

:おかしいな・・・

Yさんのノーズは真っすぐ岸側のま

まですね??

 

まず、この部分があとになって響い

てくるので、この現状を受け止めて

ください!!

 

 

:はい…

そして!!

 

ここが重要ポイント!!!

 

左手でボードを押しこんではいます

が、Kさんのノーズの向きと比べて

どうですか??

 

 

これが先ほどの、ノーズの向きが真

っすぐ岸側へ向いてしまっていたの

で、押しこんでいる「つもり」とな

ってしまいます・・・

 

 

:なるほど・・・

 

:自分ではかなり押し込んでいたつ

もりでしたが板が真っすぐ向いてい

るのが映像を見てわかります!

 

 

そうですね。。。

 

 

つまり、1ミクロンもボードが横を

向いていないということですね。

Kさんは完全に真横を向いた状態で

立とうとしているのがわかりますね

??

 

 

それに比べて

Yさんは板を押し切れていない分、

下を向いてしまっています。

 

 

この状況のなにがいけないのか??

 

分かりますね??

 

 

:ハイ。

 

:最後まで板を押し切れていないと

言うことはレールが斜面に入ったま

ま立っていないことで、スピードを

失速させてしまっているということ

ですよね??

 

 

はい。そのとうり!!

 

2000回目ですね。

Kさんは立ちながらレールが入って

いることから加速していますが、Y

さんは一回ボトムに降りてしまうこ

とで、次の現象が起こってしまいま

す。

 

 

 

つまり、速いブレイクでは波のフェ

イスにヘバリ付いたまま起き上がら

ないことには、抜けれないというの

がわかりますね??

 

そして立った時の体勢も、真っすぐ

降りてしまうとノーズが刺さりそう

な状態となることで余裕がなくなる

分、前足加重となってしまうもので

す。

 

 

つまり、出だしからの波のトップへ

上がる軸足ジャンプを使えないとい

うことに繋がっていきます!!

 

 

 

:思ってた以上にできていなかった

ので陸トレをやり込みながら実践で

、この部分だけを集中してやりこみ

たいともいます。

 

 

 

頑張ってくださいね!!!

 

 

 

 

 

ス―パーストイックシステムでは、

このように映像を客観的に見ながら

できていない部分を突き詰めてやり

こんでいきます。

 

 

 

できない理由を探しているよりも、

できるために何をするのか??

 

 

 

そう。考えられれば!!

 

 

100%上達していきます。。。

 

今日のお手本テイクオフはサーフ歴

2.5年のKさん。

 

1年前のテイクオフとは別人となり

ました。

 

 

大変、嬉しい限りです。

 

 

 

スーパーストイックシステム募集は

年2回!!

 

 

このチャンスをお見逃しなく!!

 

■スーパーストイックシステム募集