プルアウトをマスター

今日も日差しが暖かく、春はそこまで来ている感じですね。

続き→

今日は、今年の4月に認定テスト

4級に向けて頑張っている、Sち

んの要望で、プルアウトのやり

方を書いてみたいとおもいます。

 

 

 

まず、プルアウトとは??

 

波の裏側に乗り越える為の、れっ

とした技です。

 

どんなときに一番効果があるのか

いますと、ライディング中に

沖に向かってい人を避けるため

や、前りしてしまった時には直

ぐにの裏側に逃げることで、事

故やトブルを防げます。

 

そして、

 

級認定テスト4級の合格規定は

両足でボードの上に3秒以上立ち

自分の意思で波の裏側にプルア

ウトすることです。

 

 

プルアウトはなんとなくできると

う方でも、波の裏側に逃げた後

、両足でボードの上に立っていら

れるか?

 

と聞かれたら100%できていま

でしょうか。

 

 

波のタイミングによって、できた

できなかったりでは不安定なプ

ルアウトと見なされて不合格にな

ってしまいます。

 

 

どんなタイミングでもしっかりボ

ドコントロールをして、波の裏

に立っていられることができなけ

れば、できているとは言えません

!!

 

 

ただ、波の裏側に逃げられればい

という感じでは4級合格は落ち

てしまいます。

 

 

 

 

 

上の写真のようにしっかりと立っ

状態でプルアウトをしてからそ

のまま寝そべってパドルをできる

ようになることが重要です。

 

軸足と左肩を使ってテールを波

側に向けるように軌道修正して

ください。

 

波が切れていれば、そんなには難

くない動きなのでトライしてみ

てくださいね!!

 

 

 

 

 

次に、中級者の方へのアドバイス

す。

 

 

バックハンドのプルアウトを考え

みましょう!!

 

 

波の裏側に避けた後、ボードの上

しっかりと立っていられますか

 

そして、そのまま寝そべって沖に

ドルを素早く漕ぎ出せますか?

 

 

普段、そこまで意識して練習して

る方はコンペサーファーしかい

ないかもしれませんが、いざやっ

てみると上手くできない。

 

 

 

そんな方も多いのではないでしょ

か??

 

 

 

 

 

 

今日、一番お伝えしたいことは、

ックサイドのプルアウトがきち

んとできないのであれば、しっか

りボードコントロールをできなて

いないということです。

 

この動きは軸足にしっかりと加重

かけて、上半身のリードでバラ

ンスをとっていく基本の動作です。

 

したがって

100%はできないという中級者

方は、バックサイドのリッピン

グも板を縦に上げられないという

ことにも繋がっていきます。

 

 

ちょっと厳しい見解ではあります

が、ジャッジの方はそういう部分

をよく見ています。

 

 

大会や認定テストを受けない方で

上手くなるための重要課題とな

いきますので、しっかり練習

するとをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

上の連写のような動作でも、結局

バックサイドのプルアウトの延

長線上の動きと言っても良い位、

似ています。

 

たかがプルアウト、去れどプルア

トです。

 

 

あなたはしっかりとバックハンド

プルアウトができますか??

 

 

一瞬、考えた方。答えはNOです。

 

しっかりと練習してください。。。

 

 

普段意識している人は、直ぐに応

られるはずです。