コンフュージョンテストライド

今日は茨城でーす!!西風吹いてメンツルのもも~こし(ー_ー)!!

 


こういう波は、JSコンフュージョンの出番です!!テストライドしてみました。続き

小波って難しいですよねっ!!

 

 

完全に切れた波だと、乗れて楽

しいんですが・・・

 

 

速めのブレイクだと、すぐに捕

まってしまいますよね。

 

 

そこで今日は少しでも小波苦手

識を取り除いて、小波大好き

に変われるように小波攻略法も

一緒に書いてみました。

 

 

 

 

 

JSコンフュージョンでの小波の

乗り方!!

まず今日使用したボードの数値は

 

5'10×181/8×2 1/8

 

ハイパフォーマンス

モデル JSコンフュージョン

波のサイズはコシ。インサイド

寄りのパワーが無いタルイ波で

した・・・

 

こういう小波は、テイクオフに

すべてがかかっていると思いま

す。

 

なぜなら。。。

 

いかに早く加速をつけて立つこと

ができれば、横へのスピードがつ

いて、波の斜面を滑りやすくなっ

ていきます。

 

ハイパフォーマンスモデルで小波

を上手く乗りこなす為には

 

「100%テイクオフが命です!!」

 

そこで、テイクの加速のかけ方と

ボードの性能を一緒に解説してみ

たいと思います!!

 

 

 

 

まずうねりから立つ為には、仕

掛けるポジションと漕ぎ出しの

加速が絶対に必要です。

 

へそで重心をとり、モモとヒザ

を使ってボードをしっかり沈ま

せるパドルの体勢を作ります。

 

そして波がブレイクする場所をよ

く見定めてから、そのブレイクポ

イントよりも最低2M以上離れて

から、沖で波を待ってください。

 

そして波が入ったら、いつもより

早めに漕ぎ出すことを始めましょ

う!!

うねりと同じスピードで追わな

いと、おいていかれます。

 

うねりに持ち上げられる感覚を

捨てて、

 

 うねりより前に出る感覚を覚え

てください。

 

波を追いかけて乗る時のイメージ

です。。。

テイクオフ講座では、肩を前

に出す感じで立ちあがると説

明していますが、違う視点か

ら言ってみると、うねりより

 

「前に飛び出す」

 

イメージを上の写真で感じとれ

ますでしょうか??

 

1秒でも早く立つ為の、技術と

思考です!!

 

この意味を理解できた方は、テ

イクオフは立つというより、

 

 

飛び乗る!!

 

こんなイメージに変わっていく

と思います・・・

 



 

 

ボードの分析

今日はトップしか崩れないパワ

ーが無い波だったので、ブレイ

ク手前からフル加速をかけて波

を追いかけるように心がけまし

た。

 

 

コンフュージョンは一回ノーズ

が沈むような感じから、一気に

上に持ち上がって、加速してい

きます。

 

 

この要因はノーズエリアのCVが

水を捕えて、一気にセンターに放

出させていく働きによるものです


 

 

この加速があるからこそ、出だし

のスピードがついて、うなりから

立てる手助けをしてくれました。

 

 

 

波が張って来なくてもどんどん

加速していきます。失速しない

のが不思議なくらいターンが伸

びてくれます。

 

 

これは、ノーズから集めた水を、

テール側に流すDEEPダブルCV

が働いている要因です。

 

 

まったく失速しないので、ター

ンの切り返しもラクラク行えま

す!!

 

 

レールのボリュームもそぎ取っ

ているので、フェイスにしっか

りレールが食い込み、フロート

感もぜんぜん感じません。。。

 

 

こういうパワーが無い波は、ポケ

ットから離れてしまうと、乗りつ

なぐことが出来ません。。

 

 

フェイスがしっかり張って、加速

ができるまでは、無理にレールを

入れて横にいかないようにするの

がポイントです!!

 

 

波のフェイスが張ってこない時は

、ポケットの力を利用しながらボ

ードをパンパンはたいていきまし

ょう。

 

 

このよくみかけるパンピング?

(正式名はわかりません)が、これ

のやり方の秘密があります。

 

 

 

 

それは、ノーズを浮かせてから前

足で踏み込んでボードを沈め、加

速させていきますが、この時みな

さんは、前足だけに集中して踏み

込んでいると思います!!

 

 

 

どうでしょうか??

 

 

 

 

しかし、これを軸足意識(後ろ足)

で踏み込むと体重の乗り方が二倍

くらい変わっていきます。

 

 

 

詳しくは中級者スクールで教えて

いますが、これをヒントに実践し

てみてください!!

 

 

 


インサイドのショアブレイクで刺

りました(涙)

 

みなさんくれぐれも気を付けてく

さい。

JS コンフュージョンはヒザ~ダ

ブルで楽しめるハイパフォーマ

ンス小波ボードです!!

 

 

 

 


コンフュージョン



JSモデルの良い部分だけを取り上

げて、ミックスしたのがこのモデ

ル。

 

 

名前の由来は

イイとこ取りの『入り乱れる』と

けられました。

 

 

スーパーハイパフォーマンスボー

ドに比べると、若干ノーズエリア

のアウトラインが広いくらいで、

今の時代にはベストマッチした形

ですね。

 

 

ロッカーはノーズエリアを弱めに設

定。

 

その分テールエリアを強めにするこ

とで、驚きの直進性と回転性を融合

しています。

 

 

コンケイブはノーズ側から徐々に

深くなっていき、テールにかけて

DEEPのダブルコンケイブで水を

抜いていきます。

 

失速感がまったく感じない優れた

仕上がりです。

 

 

AIサイズ

5’10×18 1/2×2 1/4 


VOLUME 25,3

無きAIを3回ものチャンプに導い

たスーパーモデルです!!

 

 

 

 


関連記事ブログ