旋回を速める方法 2

波取りの旋回を速めることで、いい波を乗れる確立が数倍かわっていきます。

 

ご質問回答です!

 

 

 

 

テイクオフの旋回についてですが、

4パドル3秒180°がうまくできま

せん…

 

 

 

 

右回り左回りにおいて右手左手の動

かしかた等なにかコツみたいなもの

があるのでしょうか?よろしくお願

いします。              40代男性H様

 

 

 

 

いつも読んでくれてありがとうござ

います。

 

この、内容は 波の旋回ブログ

からのご質問ですよね??

 

これについてお答えいたします。

 

 

 

まず、パドルでの「連動」をイメ

してみてください。

 

 

前回のブログでも書いてみました

が、連動とは、ある部分を動かす

とそれ応じて他の場所も動くこ

と。

 

 

 

こう、お伝えしました。

 

 

 

それでは、パドルでの右旋回をし

るイメージをしてみてくださ

い。

 

 

 

180°を旋回です。

 

 

 

 

 

イマジネーションを高めゆっく

り読んでくださいね。。。

 

 

 

 

 

沖で波待ちをしていると、いい波

が迫ってきました・・・

 

 

 

 

すかさず、波を取りにいきます。

 

 

 

 

波のふもとに入り込みました。

速くテイクする為に、上手く回り

込みますよ。

 

 

 

 

 

右手でお腹の下に水を掻くように回

ていくと、その角度に対して体も

一緒に右手と連動させてみてくださ

い。

 

 

 

 

 

へそで重心を取っているならば、お

を意識して、ボードが右回りをす

る動きに合わせるように回転の手助

けをしていきます。

 

 

そして、今度は左手のパドルもお腹

下に向けて水を掻いていきます。

 

 

 

 

 

この時に、重要なのは、遠心力が働

ために、左側の方が抵抗が強くな

っていきますので、右手のかきかた

よりも角度をつけて水を掻いてくだ

さい。

 

 

この角度とは。深くではなく浅く水

掻くという意味です。手を真っ直

ぐ伸ばすのではなく、肘で水を掻く

ような感じです。

 

 

 

 

 

そうすることで、バランスを取りな

ら小回りに旋回していけるとおも

います。

 

 

 

 

 

したがって、水を書く手の動きと、

心を取っている体の部分の動きを

連動させることによって、4パドル

3秒以内がラクラクできるようにな

っていきます。

 

 

 

 

 

右手を掻く=体の重心点を回す

左手を掻く=体の重心点を回す

 

 

 

 

 

このような、イメージをしてみると

パドルと体が連動していくとおも

ます。

 

 

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス!!

 

 

 

パドルのやり方には、肩を意識しな

がら、水を掻いてみましょう。

肩の使い方が重要で、水を描いた肩

がボードを押さえるような形を作る

ことがベストです。

 

 

 

肩を前に出す!この意味もだんだん

分かってくれば、ブレないパドルを

手に入れられます。

 

 

 

へそ重心でボードを押さえ込み、腹

筋に力を入れてバランスを保つこと

!!

 

 

トライしてみてくださいね!!

 

 

 

 

上の連写のように、波を乗り越える

など、ボードをしっかり押さえて

いないと、バランスを崩して転んで

しまいます。

 

 

この、波のサイズで失敗して、ボト

にもっていかれたら。。。

 

 

 

想像するだけでも恐ろしいですよね

 

 

 

 

波を取りに行く「旋回」技術や、こ

ように波を乗り越えていく技術な

どは結局、どれだけ体を使ってボー

ドをしっかりと押さえられているか

ということにつながっていきます。

 

 

 

 

その正確さがすべて上級テイクオフ

つながっていくことを理解してい

ただきたいです。

 

 

 

パドル1つを取っても、疎かにしな

で突き詰めた人が上級者になって

いきます。

 

 

 

肩を意識したパドル。水を多く捉え

パドル。パワーをあげるパドル。

 

 

必ず腹筋に力を入れること!!!!

 

 

 

 

 

まだまだ、たくさんあります。

 

 

 

 

 

スーパーストイックでは、普段のパ

ドルの体勢を常にチェックしながら

テイクオフなどを突き詰めていきま

す。

 

 

パドルしている時は、絶対に足を開

かないでください。

 

足を開いてしまうと、ヒザでボード

を押さえることができないために、

バランスを保つことが難しくなって

しまいます。

 

 

したがって、足を組むとか、常に両

足のかかとをつけるとか、意識しな

がらパドルの体勢を作り上げていき

ましょう!!

 

 

 

■スーパーストイックシステム募集