バックサイドのテイクから加速をかける

海に入る前に必ず読め!!パートⅡ

 

「店長!!!」

 

「昨日のテイクオフのブログで書い

てあった、左手でボードを押しこむ

テイクオフをやってみたら、いつも

抜けれない速めの波が抜けれました

!!!」

 

■テイクからの加速の掛け方

 

 

「バックサイドは逆の手でボードを

すんですか???」

 

 

 

 

今日はこんな質問を頂きましたので

バックサイドの一連の流れを書いて

みましょう!!!

 

 

 

 

海に入る前に必ず読め!!

 

パートⅡです・・・

 

 

 

 

では、さっそくいってみましょう!

 

 

 

 

まずはテイクオフの出だしから。

 

厚い波程、うねりに持ち上げられる瞬

間は、お腹とヒザを使ってボードを真

下に沈めながら反発を使うのはバック

サイドでもまったく同じです。

 

 

ノーズが水面から出たままパドルをす

る感覚をなくすこと!!!

 

いいですね??

 

 

ここで!!!

 

逆にノーズを沈めすぎて刺さってしま

う人も多いはず。。。。

 

 

ノーズが刺さる原因はヒザでテールを

押さえていない場合がほとんど。

 

 

 

無意識に足を開いてしまっているのが

刺さる原因・・・

 

 

 

 

沈めることも大切な技術となりますの

で、普段のパドルの体勢を足を閉じる

クセをつけてください。

 

 

 

ここまではいいですね???

 

 

 

 

では、次!!!

 

 

 

フロントサイドと同様にお腹の力で

ボードを斜め45度に向けること!

 

 

 

そして手を付きます。

 

 

 

左手はコシの位置に置き、右手は通

常の位置!!!!

 

※レギュラーフッターは逆

 

 

 

そして

 

 

右手の肩の付け根を内側に向けるよ

うに力を入れること!!!!

 

 

上の写真黒丸部分の肩が内側へ入っ

いるのをよーーーく観察してくだ

さい

 

 

 

 

つまり、右手の力で強くレールを入れ

ながら立つということです!!!

 

 

 

>バックサイドは逆の手を使うのか?

 

 

 

正解は、フロントと同じ手です!!!

 

 

上の写真の黒丸をみてください↑↑

 

 

右手と後足を支点に前足を置いてい

ますね???

 

 

 

ここが超ーーー重要ポイント!!!

 

 

 

この形を作れたならば、レールが入っ

たまま、前足を素早く置けるように変

わります。

 

 

 

とりあえず、写真を見ながら陸でやっ

てみてくださいね!!

 

 

意味が分からなかったらサーフレボリ

ューションで学びに来てくださいね!

上の写真では完全にボードが横を向い

たままの状態で前足を置いていますで

しょ??

 

 

 

 

この秘密が今言った手と足を支点にし

て前足を置くということ・・・

 

 

前足が素早く置けない人の悩みはここ

を練習です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フロントサイドと同様に前足

のヒザを締めながら立ちあがります。

 

 

 

※前足のヒザが少しでも開いてしまう

とボトムに落ちてしまいます・・・

 

 

速い波を抜けれない原因はすべてここ

にあり!!!!

 

 

 

 

しっかりとヒザを締めながら立ちあが

ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

そして、波のトップへ軸足ジャンプ!

 

 

バックサイドの軸足ジャンプもかなり

の難易度があります。

 

 

ここをしっかりと練習することが上達

へ向けた大きな別れ道!

 

 

 

 

陸トレとスケボーで後足コントロ―ル

をしっかりとできるように頑張って練

習してくださいね。

 

 

 

 

バックサイドは後ろ側へ加重がかけ

やすいので、必ずボトムに降りるこ

とから練習しましょう!!!

 

 

 

このような練習をしている人も多い

かと思います。

 

 

 しかし!!!

 

うねりがばっちり切れていれば当然

の話しとなりますが、速いブレイク

ではボトムへ降りるとつかまってし

まいます。

 

 

 

ボトムに降りる!!!!

 

 

 

 

この概念だけに囚われずに、臨機応

変で使い分けた練習が大事。

 

 

 

 

だけど、基本的には速いブレイクの

方が多くないですかねぇ・・・??

 

 

 

 

 

 

ワタシ的には、速いブレイクでのテ

クから軸足ジャンプができてしま

ば、技は簡単に仕掛けられるよう

なると思いますが・・・

 

 

 

 

 

 ということで、今日はバックサイド

のスピードを付けれる一連の流れを

ご紹介してみました!!!

 

 

 

 

 

しっかりと、やり込んでモノにしてく

ださい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ラウンドピンテールはバックサイドの上達に最適です。ターンの伸びがあるのでスピードを付けやすいのが特徴。

 

 

HYFIはとても軽いので、さらに練習には最適です!

■HYFI モンスタボックスSALE!!