オフザリップ


ボードをリップに垂直に当てて

いくのが理想のオフザリップで

す!

 

見た目にも派手でカッコイイで

すね。

 

上級編ということで、オフザ

ップの解説をしていきます。

 

まず、オフザリップとオフザト

ップの違いとは?

 

『波が崩れる反動を利用してボー

を返すのがオフザリップ!』

 

 

『波が崩れる前にトップでボード

返すのがオフザトップ!』

 

自分の力だけでボードを返す方が

然難しくなっていきます。

 

それではさっそく、返し方講座にい

きましょう!


ボードの返し方


【ボトムでの仕掛け方】

雑誌の切り抜きの写真を、お借りしました。まずは波のトップに勢いよく上がる為の、ボトムでの態

勢を見てみます。

 

ケリーの右肩に注目してみください!メチャクチャ開いてますよね・・・

 

トップで上半身を、おもいっきりひねる準備として、右肩を波のフェイスより開くことが重要となっ

ていきます。

 

右手のふり幅を大くすることは、波のトップに上がるスピードや、ボードの回転スピード上げる大き

な手助けとなり、とても大切な動作です。

 

まずは、肩を開いてから反動を使って、波のトップに上がってみましょう!!

後ろからみるといかにも、やってやる感がもろにでていますよね(笑)

 

まずはボトムから右手を使ってトップに上っていく意識がとても重要となります。

 

【波のトップでの体勢】

ボトムから勢いをつけた右腕を、トップでどのような形を作るのかが、オフザトップには非常に大切

となります。

 

トップにあがった時の手の位置に、注目します。上の写真はグーフィースタンスの為、左手になっていますが。。。

 

肩をアタマの側面にピッタリくっついているのがわかりますね。

 

この動作は、上半身のひねりに大きく役立ちます。この手の形は、すべての技に共通する形なので、しっかり体にたたき込みましょう!!

 

この形をトップで作る事ができたなら、ボードはいとも簡単に返す事ができます。

 

本当です!100%かえります!!

 

 

下の写真も、肩がアタマの側面に、ピッタリくっついているのを、よく見てください。

大事なのは『肩が耳についている』ただ、これだけです!!!

肩が耳にくっついている時点で、右脇部分が伸びています!!

 

これが実はひねっている状態なんです。やってみてくださいね!!

絶対ボードは返りますから。。。

 

さて、ここからです!!

 

右手の反動だけで、ボードが簡単に返せる状態を、作っているのでボトムに降りるまでに、少し余裕

がでてきます。

 

そこで、右足でテールをリップの裏側に、おもいっきり蹴ってみましょう!

 

これがフィン抜きテクニックとされていて、WCT選手は皆、普通にやっています。

 

【着地に向けての体勢】

蹴り出しの瞬間のパーコの体勢です。

 

右手が耳にしっかりとくっついているからこそ、安定したバランス状態を保つことができ、テールをしっかり蹴ることができます。

前足で、しっかりボードを押さえつけながら、テールを蹴ってみましょう!

 

フィンが波の裏側に飛び出すイメージで、蹴ってみてください。3本抜いたら、もはやエアーになっ

ていきます。

 

どれだけテールを蹴れるのかは、前足の引きつけが非常に大切になっていきますので、同時に覚えて

いくと効果が早いと思います。

 

テールを蹴ったと同時に、前足を引きつけて押さえる連動の動きを、一緒に練習してください!!

 

【着地の心構え】

前足で先にボードを押さえてしまうと、ボードが下に降りてしまい、テールをけることができなくなります。

 

テールを蹴り出してから、前足で押さえるという順番を覚えてくださいね!!

いろんな角度から見てみると分かりやすいですね。リップアクションは波の崩れ方によって様々なバ

リエーションがあります。

 

板を素早く返す練習は、とにかく上半身をいかに使うことから始めなければいけません。

 

もう一度言います。

「上半身のリードです」

 

まずは波のトップに上がったなら、右手の巻き込み方から意識してやってみてくださいね。

 

そしてボードが簡単に返るようになって、少しでも余裕がでてきたなら、迷わずテールをおもいっき

り蹴ってみてくださいね!!

 

無重力状態を味わえますよ!! 


オフザトップの一連の流れ


さて。

オフザリップを成功させるには、上半身のリードで板を返すのが理想となります。

 

その、上半身のひねりのスピードを上げていくのが「右手」のリードがキーポイントとなります。

 

グーフィーフッタの方は「左手」となりますよ。

 

それでは。パーコのリッピングの一連を見ながら。「右手」の使い方に注目していきましょう!!

まずはボトムターンに入る前の体勢から攻めていきますよ。

 

ターンに入る前に、右手を前に必ず出す「クセ」をつけてください。

 

ボトムでのニュートラル姿勢です!なぜ、右手を前に出すのか??

次へいってみましょう

ボードを寝かせる為に、右手を前に出しながら水面を掻くようにリップへと上がっていきます。

つまり!!

 

右手を前にだすことにより、体を前に倒せることでレールを深く入れられることになります。

 

さらに、水面を掻くことにより、ヒザが曲がり、その水を搔いた反動を使ってジャンプしていきます。

 

 

この一連の動きに必要なことが、「右手を前に出す」ことが最初の1歩となります。

そして、次が大事なポイント!!

 

水面を搔いた右手を耳に当てるように回していきます。

 

この時に重要なことは、手を真っすぐの状態でぶん回すようにするのではなく。。。ヒジを意識しながら腕の付け根の部分を小さい円をかくように回していくこと!!!

 

手を真っすぐ伸ばしながら回してしまうと、円が大きくなり、スピードが遅れてしまうからです。

 

上の写真のパーコのようにヒジに意識しながら肩を耳につけるように回してください。

リップに板が飛び出した時点では、上の写真のように右手をリードさせていきます。

 

重要ポイント②

 

この時に、右脇腹が伸びきっていること!!

 

右手を使う意味は、あくまでも上半身のひねりのために使います。

 

ただ、右手あげているだけだと、ひねりが弱くなってしまいます。

 

脇腹が引っ張られるように、しっかりと右手を前に出し切るようにリードしてください。

右手を前に出す動きから身体をひねることで、上の写真のように身体が丸まった状態を作り出し、ボードとの距離を縮じめていけます。

 

これが、板が身体から離れないポイント!!

 

ストイックシステムでは。右手の誘導から首を折る練習をしていきます。

そして最後に、前足を折りたたむようにしながら板を身体の真下にくるように引きつけながら、踏み込んでいきます。

 

と、同時に後足でテールを蹴り込んでフィンを抜いていきます。

右手の位置は変わっていませんね。

パーコの一連の動きを見てみましたが、この右手の使い方が重要なことが理解できましたでしょうか・・・

 

最初は、右手を意識した練習から始めて、徐々にその回転スピードを上げていく練習方法がベストとなります。

 

まずはボトムに降りた体勢から意識してみてください。。。

 

 

リッピングは腰の回転が命!!

 

 

 

最後に・・・

上の写真はジュリアン・ウィルソンのフィン抜きです。見た目はエアーに見えますが、リップの上でボードを高速回転させています。

 

ボードの左レールは、リップと離れていないのを見てくださいね。これだけ右足が伸びきるくらいテールを蹴りあげ、着地に失敗すると、前足に乗っかる体重がハンパではありません。

 

大怪我にもつながるかもしれません・・・

 

それを防ぐ為にも、しっかりボードを引きつける意識をして、チャレンジしてくださいね!!


波のトップでの上半身の動きを見ながらお楽しみください☆右肩が耳についている部分に着目で

す!!迫力ある水中映像☆彡


【オフザリップ関連ブログ】


【ボトムから仕掛けるコツ】

【波のトップでの態勢】



【上半身のひねり方】

【着地の成功方法】



【板を縦に上げる方法】

【フィン抜きリッピングとは】



【板を返し終わってやるべきこと】

【アベレージを上げる為には】



【キレを出す方法】

【上級編】



お勧めコンテンツ