微妙なリップの対処法

クローズセクションでは波の崩れ方によって様々な対処法があります。

続き→

湘南でも昨日・今日と波が上がって

い感じですね。

 

防寒対策をしっかりして、サーフィ

していきましょう!!

 

この間、SHOPに来たお客様とおは

ししている中で、前回のブログ

 

 

「フローター」では、リップの上に

り上げるように仕掛けていくのは

分かりますが、微妙なリップの崩れ

方でも乗り上げてもいいのですか?

 

 

リップに乗り上げると失速してしま

なんか手応えを感じられないんで

す。

 

 

そんなご質問をいただきましたので

今日はこの解説をしてみたいとお

もいます。

 

 

 

最後の崩れてくるリップがトップし

崩れていなくて、そのまま乗り上

げても失速気味のフローターになっ

てしまい、手応えを感じられないと

いうことですが、この場合は、乗り

上げるイメージをまずは捨ててくだ

さい。

 

 

 

よく、レイバックと言って、波のフ

イスに体を倒しながら、板を回転

させているのを見たことがあります

でしょうか?

 

 

これは

スピードに乗ってリップに目掛けて

ったけど、思ったよりリップが崩

れてこないために、体を倒しなが

スプレーを出していくという技です

 

 

しかし、いきなりそれをやれと言わ

ても、そう簡単にはできないもの

よね。

 

 

だけど、そのようなイメージを持つ

とで、ボードを体に引きつけなが

ら行う動作を覚えていけます。

 

 

 

下の写真でイメージしてみましょう

 

この波はリップに力がありそうです

、ボードを返していく軌道が重要

です。

 

 

乗り上げるイメージでは、ノーズの

向きが進行方向へと着地していきま

が、このような場合は正面から内

側にノーズの軌道をイメージするこ

とが、重要になっていきます。

 

 

乗り上げるイメージを捨てることと

は、このようなイメージでボードを

返すことに変えていきましょう!

 

 

 

表紙の連写をよく見てみましょう!!

 

 

 

 

 

 

ダラダラと崩れてくるリップに合わ

せてボードを返していきますが、

リップが崩れる方向にボードを返す

イメージが、先ほど言いました、

ーズの向きを真ん中から内側に向け

るということです。

 

 

そのイメージを持っていないと、リ

ップに乗り上げてしまいます。

 

 

 

そして、いつも言っている、軸足を

意識してコントロールしなければ、

テールを蹴って軌道を変えることも

できません。

 

 

 

前足は、着地する瞬間に踏み込むイ

メージで連動させていきます。

 

 

これが基本のボードの返し方です!

 

 

 

この形を習得して、かなりスピード

が付いた時にやってみると、自然に

レイバックのような形になっていく

んです。

 

 

 

 

そういう知識を得て、トライしてみ

てくださいね!!

 

 

 

 

 

 


サーフィンとは不思議なもので、軸

となる基本の動きを覚えてしまうと

、どんな波でも応用できるように変

わっていけます。

 

 

リッピングでもカットバックでも軸

足コントロールのやり方を覚えてし

まえば、成功の道のりは一気に近づ

いていけます。

 

 

 

スーパーストイックシステムのベー

ックコースでは、この軸足を常に

意識るためには、何からやらなけ

ればいけないのか??

 

 

そのように考えられたプログラで構

成されています。

 

 

そして、6ヶ月間に渡ってトレーニ

ングをしていくことで、上級者のよ

うなアップスンの動きを習得してい

ただきます。

 

 

この動きをマスターすることが、ベ

ーシックコースの真髄となっていま

す。

 

 

現在、6月からの募集予定になって

おりますが、先行予約で半分くらい

埋まっています。

 

 

詳しい詳細を知りたい方はお気軽に

メールしてくださいね。

 

 

お待ちしております。

 

insist.surf2003@gmail.com