ボードの返し方は上半身をひねる

波のトップで板を返し切れずに転んでしまう

方へ!!

 

 

ご質問回答です。


初めてメールさせていただきます。

私はサーフ歴7年で横にはなんと

か行ける程度のレベルです。


いつも関心しながら御社のブログ

を拝見して勉強させていただいて

います。


リップアクションについてご質問

があります。波のトップに上が

時に右手を意識はしているので

が、どうしても転んでしまいます。


何か良い方法がありましたらご教

授していただければとおもいます。

宜しくお願いします。男性Kさま。




Kさま。いつも読んでくれてあり

とうございます。

 

 

回答が遅くなりまして申し訳ござ

ません。。。

 

 

さて。まずは波の切れ目に目掛け

当てにいくことがオフザリップとな

ります。

 

 

 

そして、クローズセクションのリ

プに当てに行くのがローラーコース

ターとなります。

 

 

この2つの違いを明確に理解する

とが絶対に必要になります。

 

 

 

 

なぜなら、オフザリップとは当て

行くリップの場所を自分で作り出す

ようなラインを取ることから初めま

す。

 

 

 

 

ローラーコースターでは、波に乗

がら崩れるタイミングに合わ

当てにいきます。

 

 

 

 

ご質問内容から判断いたしますと

ーラーコースターを仕掛ける時の失

敗という前提で解説致しますので、

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

>波のトップに上が時に右手を

識はしているのでが、どうしても

転んでしまいます。

 

 

 

この体験は誰でも通る最初のカベ

す。しかし、右手を意識できている

のであれば、道のりは早いのしっ

かり聞いてくださいね。

 

 

 

 

まず、右手を意識しているのに、

んでしまう原因を上げてみましょう

 

 

①波のトップに上がる時に、リッ

を見ながら上がっていませんか?

 

 

 

目線は常に先を見るということな

で、リップを見ながらでは身体が後

ろ側加重になってしまい、板が離れ

てしまいます。

 

 

「目線が大事」

 

 

②右手を上げている意味は、誘導

る意味があります。しっかり振り切

るように前に出していますか?

 

 

前回のブログ

 

「右手を振り切る」に前に出す

ことで板が返るようになります。

 

 

 

 

③波のトップに上がる時には、軸足

意識で飛んでいますか??

 

 

ジャンプするときに前足で板を返そ

うとすると、上半身のひねりは使え

なくなります。

 

「足だけはNG」

 

 

この3つの意味をきちんと理解する

ことで、下の写真がお手本になるこ

とが分かるとおもいます。

軸足にしっかりと体重が乗ってい

ます。右手の誘導から体をひねる

ように目線を着地地点に合わせて

いるのを感じ取れますか?

 

 

 

さらに左肩を開くことで、素早い

板の惹きつけを連動させます。

 

 

 

この動きを一個ずつ理解してトラ

イしてみてください。

 

 

 

 

まとめます。

 

①軸足でトップに上がる

②右手を振り切る

③目線は着地地点

④左肩を開く

 

 

 

この動きを陸で素早くできるように

練習してください!!

 

 

まずは、ここからです。

次に何気ないフローターのような

きですが、上のの①~④の定を当

てはめて見てみましょう。

 

 

 

トップに上がっている状態は、一

斜めに見えますが、板の軌道をみて

ください。

 

 

 

波の裏からボトム面が見えるよう

上がり方になっています。

 

つまり軸足でジャンプしていると

うことです。

 

 

 

そして、右手の誘導から着地地点

しっかりとみていますね。

最後に

トップからボードが落ちる瞬間に

手が後ろ側に向けて動いていま

す。

 

 

 

 

これは瞬間的に上半身をひねって

るんです。

 

 

 

 

こういう見方をできるようになる

、洞察力が上がっていきます。

 

 

 

 

そのためには、しっかり①から④

頭と体に染み込ませることが必要に

なっていきます。

 

 

 

 

陸トレやスケボーでやりこまないと

、なかなか身につきませんのでしっ

かりと練習してくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

JS情報


ただいま、JS中古&NEWモデルページ制作中

 

 

 

来週には!!アップできるかな・・・

 

 

お楽しみにおまちください。