ボトムからレールの抜き方

日差しは日に日に暖かくなっていますね…

桜の花が待ち遠しい季節。続き→

さて。

今日はボトムから波のトップへ上が

る時に、意識しなければいけない大

事ことを書いてみたいと思います。

 

 

オフザリップでもカットバックでも

根本的に考えると、左右のレールの

切り返しで技をかけていきますが、

このレールの切り返しが遅れてしま

うからこそ上手くできない理由でも

あります。

 

 

そこで、今日はボトムから波のトッ

プへ上がる際に行うレールを右から

左に切り替える瞬間のタイミング。

 

そして、波のトップで左側レールに

切り返すやり方。

 

その具体的なやり方に着目を置いて

みましょう。

 

波が厚くなった時に行う、トップタ

ーン風、カットバック。

 

これをスラッシュバックと名づけて

いますので、写真を使いながら解説

していきましょう・・・

 

 

かなりマニアックな内容となります

が、上達にはかかせないポイントで

もありますので勉強してください。 

 

まずはボトムからトップへ上がる瞬

間から見ていきましょう↑↑

 

両足で右側のレールを深く入れなが

波のトップへと踏み切っていきま

すが・・・

 

ここで最初の難関がやってきます。

 

 

「両足でレールを入れる」と言いま

したが、ほとんどの方が前足意識で

レールを入れています。

 

 

ボードをハサミ込むような押さえ方

が出来ていると、後足は常にボード

を押さえ込んでいる状態となってい

ますので、ここを作り上げていない

ことには、その先には進めません。

 

 

後足が効いているからこそ、前足を

踏みんでいくというのが、両足

の最大の特徴。

 

よく、HOW  TO 本ではボトムで

の加重比率は後ろ6割、前4割など

と言われていますが、ワシの見解

では5:5の加重比率です。

 

 

ボードを最大限に沈める為には物理

的にも理にかないます。

 

 

そして。

 

後足がしっかりとボードを押さえ込

んでいないことには、いくら両足で

レールを入れているつもりでも、実

際には前足加重でレールを入れてい

るということなんですね・・・

 

 

まずはここを理解しながら板を挟み

込むように押さえて両足加重でレー

ルを入れていくこと!!

 

 

ここを練習です。

上の写真は両足で踏み切った後、波の

トップへと上がりかけの体勢となりま

↑↑

 

両足でボードを踏みきっていても、後

足加重に素早く切り替えているからこ

そ、レールが引っかからない状態を作

ことができます。

 

これを軸足ジャンプと名付けて呼んで

いますが、なかなか理解し難いところ

かと思います。

 

 

この軸足ジャンプに必要なことは、

両足で踏み切った瞬間におへそを進行

方向に向けることが、次への動作に繋

がっていきます。

 

 

従って、両足で踏み切った瞬間には必

ず身体を進行方向を向きながら波のト

ップへと上がってください。

上の写真はボトムから踏み切った後、

波の中腹では完全に右レールが抜けた

状態です。

 

 

首の向きはやや後側を向き始めていま

すね・・・

 

つまり、

両足からの踏み切り→軸足意識に切り

替えへそを正面に向ける→波の中腹首

を反対側に向ける動作。

 

これがレールを切り返す動作とタイミ

ングとなります。 

 

 

 

そして、板をいったんフラットにしな

がら左レールへと切り返していくこと

が波のハイラインで回転をしていくこ

とに繋がっていきます。

波のトップへ上がった時点で、左レ

ールに切り替わっているのが分かり

ますよね??

 

今日の言いたい本質は。。。

波のトップへ上がった時点ではレー

ルが切り替わっている!!

 

 

つまり。

 

軸足ジャンプしながら左レールを抜き

板をフラットにしてからの右レール。

 

 

このボードの動きを理解した上での、

身体のひねりを思い描け!!

 

 

 

そのように考えられれば、また技を

仕掛ける練習方法に繋がっていける

視点で書いてみました。

 

 

今日はちょっと難しい内容となって

しまいました。。。

 

 

 

要はボトムでは両足加重比率5:5

の状態から、ジャンプする時に、

9:1に切り替えるような意識でレ

ールを抜くこと!!

 

そして波のトップでも5:5から

9:1の加重切り替えでレールを入

れる練習をしてください!!

 

 

そんなことが言いたかったんですね

(笑)

 

 

 

頑張って練習していきましょうーー