オフザトップのQ&A

オフザリップより、板を早く回転させて着地するのがオフザトップ

続き→

 

ご質問回答です!!

 

フロントサイドのオフザトップの

軸足を蹴るタイミングについて教

えていただきたくメールをしまし

た。

 
 
軸足を蹴るタイミングは
(A)肩が耳について上半身を捻
てから最後にテールを蹴るのか
 
(B) 左腕の連動で、上半身を
ながら蹴るのかどちらでし
ょうか?
それともどちらとも間違ってい
ますか?教えてください!!
(涙)
 
自分は(B)の左腕を動かすと同
時に軸足でプレスするようにテ
ールを蹴り続けていることに気
づきました。
でも、そうしていると板は返る
のですが、パワーとスピードが
無く、足の引き付けも板がト
ップに上がっている途中で行わ
れてしまい、少し、タイミング
が早すぎるように感じます。
以下省略   30代男性S様
 

S様。いつも読んでくれてありが

とうございますm(_ _)m

 

また、文章を省略しましたが、と

ても嬉しいコメントもありがとう

ございます。

 

 

 

それでは、回答させていただきま

すので、参考にしてみてください!

 

 

 

まず、テールを蹴るとは??

 

大きく分けて2つやりかたがあり

ます。

 

 

1つ目は、リップが厚めの場合、

波を「エグル」ようにしてテールを

蹴るやりかたです。

 

 

これは、実際は蹴るというよりも、

ールを軸にボードを回転させてい

くので、スラッシュやカットバック

などに用いられるパターンが多いで

す。

 

 

上半身の動き(左手)と同じ動きで軸

と連動させていきます。

 

 

 

つまり、ご質問の(B)のやりかたで

す。

 

 

 

 

 

 

そして次に2つ目の蹴り方にいきま

す。

 

これは、リップの上でボードを返し

った後に、波の裏側やリップの延

長線上に向かってテールを蹴ってい

きます。

 

 

 

これが、オフザトップのテールを蹴

イメージとなります。

 

 

まず、波のリップの延長線上??

これから解説します。

 

 

 

下の連写を見ていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

テールがリップの上をドリフトして

る感じが分かりますか?

 

これがまず、ドリフトのフィン3本

きです。

 

最初に左手の動きをじっくり見てく

さい。早いのでわかりずらいかも

ですが、トップに上がった左手の状

態は耳に当てた位置から後ろ側に振

れています。

 

 

つまり、耳に当てている時点で上半

はひねり終わっていることになり

ます。

 

 

そして、テールを蹴る動きと連動し

左手は後ろに伸びていきます。

 

 

 

そして、前足はどの時点で押さえこ

のでしょうか??

 

 

 

よく考えてくださいね!!

 

 

 

 

答えは、耳に当てた時点でボードは

ります。その瞬間に押さえ込みま

す。

 

 

つまり、上半身のひねり終わった時

前足でボードを押さえ込んでテー

ルを蹴ります。

 

 

ご質問の(A)ということです!!

 

 

 

 

こういうビデオや連写では、動きが

すぎて上半身をひねっているよう

にはなかなか気づけないものです。

 

 

したがって、肩が耳についている状

で、ひねっていることを確認する

のが1番わかりやすい判断基準とな

ります。

 

 

 

 

 

そして次に波の裏側にテールを蹴る

ージョンです。レギュラーの写真

でごめんなさい。

 

 

 

板の軌道が斜めからのアプローチで

上の連写のようにリップの真上で

板を回転させるような時に、テール

を波の裏側に向けて蹴っていきます

 

 

 

こちらもやはり右手の巻き込みと同

にボードを引きつけて、前足で押

さえ込みながらテールを蹴る順番で

す。

 

 

この順番を体に叩き込んでください

 

 

 

 

 

 

足の引き付けも板がトップに上が
ている途中で行われてしまい
少し、タイミングが早すぎるよう
に感じます。
この文章から判断いたしますと、
ップに上がる瞬間から前足でボ
ードを押さえ込む意識が先にきて
いるようです。
ということは、軸足で波のトップ
上がりながら左手を耳に当てる
動作の順番を無視していることに
なります。
この動きは絶対に揺るぎない基本
動きです。
この動きを徹底的にマスターして
ひねりのスピードを上げてから
足で踏み込んでいくのと同時に
テールを蹴る練習をしてみてくだ
さい。
体は先にひねっている状態ですか
ね!!
必ず、できますよ!!
がんばってくださいね。

 


波が厚くなったら前足で踏む!!

 

 

当たり前のはなしですが、この前

足の正しい使い方を知っている人

はほとんどいません。

 

 

この正しい前足加重のやりかたを

知らないが為に、技に入った時に

誰もが壁に当たり苦しみます。

 

 

カットバックやリッピングでの失

敗の原因は前足の使い方に原因が

ある場合が非常に多いです。

 

 

スーパーストイックシステムでは

、基本となる正しい前足加重の動

作を意識することで、今までとは

違う乗り方になり、手応えをすぐ

に感じることができます。

 

 

新規受講生の受付は5月からの予

定にまっていますのでお見逃しな

く!!