アップ&スーン


テイクオフができるようになると、でも波の横に走りたくなっていきます。波のフェイスをスピードつけて走り抜けると、アドレナリンが放出しますよね。

 

このページでイメトレ・理論が分かっていただけたら幸いです。

 

それではいきましょうーー!!初級者に向けた、最初にやらなければいけない動作です。

 

まず、波の横に行くには、切れた波を見る技術が必要です。この切れた波を見分けるのは、ブログで書きますのでそちらでご覧ください。  波の見方

 

 

 

次に、ボードを行きたい方向に斜めに向ける [テイクは斜め45度!!]

 

 

ボトムに降りないように波のフェイスにレールをかませながら立つ [テイクオフ講座]

 

この①~③をきっちり練習してください!!

 


後ろ足で加速させる


テイクオフ→正しい立ち方では、軸足に意識と書いてありますが、このアップスーンが軸足でコントロールしていく為に、テイクから後ろ足意識で立ち上がり、正しい立ち方で軸足意識を練習していきます

 

従って、このプロセスがしっかりとできていないとアップスンの出だしが上手くかみ合いません・・・

 

 

ここがアップスンの出だしを滑らかにする、最重要ポイントとなりますのでしっかりと練習していきましょう!!

 

それでは実践編です。。。

 

 

 

まず、テイクして立つ瞬間に軸足と前の肩に力を入れて波のフェイスに並行にさせながら立つことが先決です。※並行とは波のフェイスに近づけるような形です。

 

 

あまり意味がわからなければ下の動画の「後ろの足と後ろの肩の使い方」をじっくり見てください!!

 

テイクして立ってから伸びあがる感じが必要な動きです。

これは波のフェイスにレールを入れながら立つことで、ボトムに降りないために必要な動きです。

 

後ろの肩を上に引っ張りながら、後足でボードを蹴っています。 

伸びあがりの反動を使って加速させる非常に大事な動きです!!

まずはこの動きを頭の中にたたきこみましょう!

後足を使って波の斜面にレールを入れながら、肩を意識して上半身を上に伸びあがるようにボードをコントロールしていくことが大切です。

 

この時に体の軸が真っすぐになるようにいきたい方向へ前傾姿勢にすることによってボードをしっかり押さえることができます。

 

これが、テイクオフから立つ瞬間の伸び上がり!!しっかりと覚えてください。

 

そして次は波のトップに上がってから、ボトムに降りるやり方です!!

ここでまず上の後ろ足で加速させているところをじっくり見たうえで、上に上がった瞬間、少しボー

ドが「フワーっ」と浮いているのがわかりますでしょうか??

 

 

この動きが非常に大切でです!!

 

 

フワーと浮くのは、レールを抜いた時です。この動作がないとボードを下側に向けれません。レールを抜くことによって、後ろ足でボードの向きを調整するのが容易になっています。

 

 

実際にレールを入れたまま、走っている人が非常に多いです。このレールの出し入れでスピードが大きく変わっていきます。

 

 

波のボトムからトップに上がる瞬間にレールを「いったん抜く」これを練習をしてみてください!!

 

 

上にジャンプするように意識すると抜きやすくなります。

 

 

※この動きが一般でよく使えわれる

【左右のレールの切り返し】

 

つまりレールワークとなります…

このイメージを持ちながらスケボーで練習すると効果覿面となります!!

後足と上半身のリードで板を滑らせる練習をしてみてくださいね。

中級者以上の人は、アップスーンのイメージはボトム(フラットの位置)からトップに軸足ジャンプで上がる感覚が身につけば、波の上下を大きく使えるようになると思います。

 

そうすれば、スピードやライン取りも必ず変わっていきますので、しっかり練習してみてください。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、テイクオフからのアップスンを徹底的にやり込むことで一気に上達していくプログラムとなっていますので、自分の限界を感じたらお越しください。

 

この動きの基礎を作り上げなければサーフィンは絶対に上達できないと断言いたします。

 

 

しっかりと練習してください。

 

 

 

 


【アップスン練習方法ブログ】


【テイクからの加速をかける】

【加速のかけ方】



【ラインどりを覚える】

【上手くいかない原因】



【上級者向き加速を上げる方法】

【スピードが付いたら技をかける】



お勧めコンテンツ