スピードを上げるには?

サーフィンはスピードが命です!!

どうすればスピードを出せるのか?

続き→

よく、HOW TO 本などには、技

を成功するにはスピードをつけるこ

と!!そう書いてあるものをよく見

かけます。

 

 

しかし、どうやってやればいいのか

?また、なにからやればいいのか?

そのことについて書いてあるのは

ほとんど見受けられません。

 

 

そこで、今日はスピードを出すため

に必要なことをまとめてみましたの

で、ご参考にどうぞ。

 

 

 

 

 

 


スピードを上げる3つの方法

 

 

 

① 最大限の加重をかける

 

プロと一般サーファーの一番の違い

は、体重の乗せ方です。

 

では、どう違うのでしょうか??

 

一言で済ませると、ボードの押さえ

方です。

立った瞬間から、全体重をかけれる

ボードの押さえ方を習得しています。

 

したがって、正しいボードの押さえ

方を練習するのが一番効果的になり

ます。

 

 

 

 

 

 

②レールワーク

 

レールを入れて加速をかける時に

は、滑らかに、より深く、そして

長く。

 

 

左右のレールを絶妙なタイミング

切り返していくことです。

 

ただ、力任せにレールを入れるだ

ではNGということです。

 

 

 

このレールワークを習得するだけ

スピードをつけられる技術が上

がっいきます。

 

 

 

 

 

③波のライン取り

 

これは、よくボトムに降りろとか

波の上下を使えとか耳にするか

とおもいますが、一番波のパワー

がある場所を使った乗り方をする

ということです。

 

 

 

そうすることで、大きなライン取

に変わっていけます。これが俗

に言う、「縦の動き」となります

 

 

 

 

 

 

この意味を理解して、連写をご覧

さい。

 

 


①フル加重を掛けると、ボードと身

がくっついているような連動が生

じます。

 

 

つまり、正しいボードの押さえ方

覚えることで加重がかかっていきま

す。

 

②長い・深い・滑らかなレールワー

ク。

 

 

滑らかなレールワークは、上半身と

半身の連動から成り立っていきま

す。

 

 

③波のポケットでの演技。

 

 

ボトムから大きなライン取りをする

ことで、スピードに乗った技を仕掛

られます。

 

 

 

こういうことになります!!

 

 

これがスピードを出すために必要な

ことです。

 

 

 

 


そして次に、では、この①~③

をどのように練習していけば

いのか??

 

 

これを、考えられたプログラム

スーパーストイックシステ

です。

 

①の加重をかけるには、正しい

立ち方が必要です。

 

 

 

②のレールワークをやるには、

エッジの使い方やヒザの動かし

方を覚えることが必要です。

 

 

 

③のライン取りをやるには、①②

覚えるだけで、自然と正しい

ライン取りができるようになっ

ていきます。

 

 

このように、今までに無い概念を

したプログラムで構成されてい

ます。

 

 

サーフィンに必要な動きをまとめ

て、何からやるのが一番効果的な

のかを考えられて作り上げられま

した。

 

 

 

 

今回ベーシックコースにお集まり

ただいた方達が、どれだけ上達

していくのかを見れることが、と

ても楽しみです。

 

 


お勧めコンテンツ