スラッシュバック


スラッシュバックとは??

 

オフザリップを仕掛ける程、波のホレかたがあまくて、カットバックする程、波のフェイスが丸くな

い時に使う技です。

 

 

いかに体重をのせて、スプレーを出せるかが迫力のスラッシュバックへと繋がっていきます。

 

 

 

この講座では、いきなり凄い回転を練習するよりも、まず、ボードをクイックに返していく基本をマ

スターしてから、迫力あるスラッシュをつきつめていく段階にしてありますので、きっちり基本を習

得してください!


まずは右手の誘導だけ!


サーフィンの技は全て上半身のリードで行います!!例外はありません。

 

 

もし。あまり上半身を使わないで技が成功していても、動きが小さくてキレがある技にはなっていな

いことに、気づく必要があります。

 

 

そこでストイックのプログラムには、必ず右手からの誘導で技をかけにいく練習方法を取り入れてい

ます。

 

 

まず、下の連写をご覧ください!!

 

まずは、板を浅めに返すやりかたです。

 

波がそこそこ張っているのでポケットまで深く戻る必要が無い時には、このように浅めに板を返して

いきます。

 

小波のビーチブレイクなどにもかなり使える技です。

 

中級者の方でよくこの技をかけているのを見かけますが、ほとんどの方は足だけを使って板を返して

しまっています。

 

足だけで技をかけるクセをつけてしまうと、ホレたセクションではバランスを崩したり、スピードに

ついていけずに転びやすくなってしまうんです。

 

また、体重の乗りも甘く、スプレーも量が差ほどでません・・・

 

そこで!!

 

上の連写はグーフィなので左手になりますが、しっかり肩が耳についてリードしています。

 

その連動の動きで右肩を引っ張りながら板を誘導していくと、自然と板がくっついてきます。

 

この一連の上半身の動きが基本となっていて、この形を練習するのが先決です。

 

そうすることで、足だけで板を返すくせがなおってきますので、見た目もかなり変わってきますし、

力強いスプレーが出てくるでしょう。

 

まずは、この動きをマスターしていきましょう!!

 

スラッシュバックの基本の動作

 

①必ず右手から誘導

②左肩をポケット側に引っ張る

③軸足で回る気持ち

 

この三つはサーフィンの上半身の動動きには、とても大切です。

しっかり体に叩き込みましょう!!

 


中級編スラッシュバック


つぎにある程度できるようになったなら、さらに突き詰めていきましょう!

 

上の連写の左手は水面に入れています。これはピポットターンの舵的な役割となっています。

 

カットバック同様に水面を触る事にトライしていきましょう!!

 

そして次に大事なのはヒザの折りたたみ方です。

 

板を反対に向ける為に軸足を使って、テールをけりながら体の真下に板が来るように引きつけます。

 

 

これは両膝の柔らかさが求められるので、スケボーなどで練習することをお勧めいたします。スケボー練習方法は最後のブログ欄でご紹介しています。

 

さらに股関節部分の動きを見てみると分かるとおもいますが、かなり柔らかくないとこの態勢を作れ

ないので、日ごろのストレッチで股割をしてください。

 


上級編スラッシュバック


次に右手を前に出せるようになったら、さらに前に出しながら、今度は左肩をめいいっぱいポケット

まで引っ張っていく、上級編です。

 

ここでの重要ポイントを解説いたします。

 

トップに上がって右手を上げながら回っていきますが、ボードが回る速度と同じ首の動きで回転する

と必ず転んでしまいます。

 

つまり、右手の回転に意識を合わせてはいけないということです!!

 

もっと簡単に言えば、右手を挙げたならすぐにポケットを「見る」ということです。

 

 

この簡単な「見る」という動きに、みなさん手こずります。

 

サーフィンの技は、「手の誘導から」はじまり、「首の動き」が意識できるようになってはじめて手ごたえを感じる技ができるようになります。

 

したがって、視線が大事と言いますが、ストイックのプログラムには、首を使う意識の練習を取り入

れています。

 

「右手の次は、首を回すです!!」

 

そうすることで、一気にボードが回転して、大きなスプレーを出せるスラッシュバックができるよう

に変わっていきます。

 

三段階に渡って、スラッシュバックを解説しましたが、あなたはどのレベルまで求めますか??

どうせやるならとことん突き詰めてみてはいかがでしょうか・・・

 


【ブログ関連記事】


【基本動作】

【ピンポイント練習法方】



【腰の回転の使い方】

【レールを切り返す方法】



【スラッシュバックのイメトレ方法】

【上級編】



お勧めコンテンツ