カットバック


中級者くらいになると波が厚くなっら戻る感覚が身についてくることだと思います。

 

スピードに乗って大きなスプレーをげながら素早く戻る姿は最高にカッコイイですね。。。

 

そこで、カットバックが上手に見えコツをご紹介します!


まず始めの心がまえ


上の写真はミックのカットバックですが、身体の柔らかさがなければ、この動きはかなり厳しいですが…

ただ左手を水面を触るようにしてランスをとりながらターンに入っていますね。

 

まずは左手で水面を触る意識からはじめましょうーー。

下の写真での水面を触っている部分をじっくり見てイメージしてみてください。

 

まずはイメージができるように写真を見て頭に焼き付けましょう。

トップにあがってから水面を触りに行くことで、今までよりも重心が低くなります。

 

「それはヒザをより深く曲げることになります!!」

 

スピードに耐えられる姿勢を作り上げるには重心を低くすることです。そして、左手を水面に入れることで、そのポイントがは軸となりコンパクトに回転することができるんですね。

 

カットバックのコツは、波のトップでいかに重心を低くするか!!

 

ここが大事なポイントですので、 まずは上の写真の形をマネして水面を触りに行ってみてください。

 

単純なことかもしれませんが、じつはカットバックの「究竟の秘技」となっています。

このピンポイントを踏まえながら、実践でできるようにじっくりと勉強していきましょう


カットバック実践編


AUS出身のレディースサーファー。ディミティ・ストイルのカットバックを見ながらイメトレしていきましょう。

 

まずはじめに!!

波に乗っていて、先のフェイスが厚くなることを「ボトムにいる時に気がつくことが先決となります。

 

なぜなら・・・

 

波のトップで厚くなったことに気づき、そこからカットバックを仕掛けるのでは「遅い」からです。

 

あくまでも、ボトムにいる時点で次のフェイスが丸くなっているのを気づくことが成功への近道となります。

次に、波のトップで左手を下に伸ばすように水面を触る形を作りあげるには??

ここを突き詰めていきましょう!!

 

それは!!ボトムから波のトップへ上がりなが「ヒザを折りたたむこと」が重要となります。

 

その動作が無いと、左手で水面を触ることができませんので、しっかりとここを練習してください。

難易度はかなり高いので、常に意識してヒザを折りたたむ練習をピンポイントで反復練習しましょう。

ボトムから波のトップへ上がりながらヒザを折りたたむことで重心が低くなり、波のトップで左手を水面に入ることができます!!

 

そして、軸足で板を押さえ込みながら右手を前に出して体を反転させていきます。

 

このポイントで一番大事な体勢は!!ここも考えましょう。

 

波のトップで回転しようとすると転んでします方は非常に多いですね。

 

その理は・・・

 

前足で板を踏み込んでしまいレールが引っかかってしまうのが失敗の原因です。

 

 

 

そこで、前足のかかとで板を軽く押さえるようにして、後足のヒザを深く曲げながら体の軸を波側に倒すようにすると軸足意識へと変わります。

 

 

 

すなわち、ボトムからヒザを折り曲げて波のトップへ上がり切った時に、右手を前に出しながら身体の軸をボトム側に倒しこんで後足に加重をかけていきます。

 

その体重移動を覚えることで、右手と後足の誘導で反転することができます。

 

反転したらGが足にかかってくるので前足のヒザを内側に閉めるようにするとスピードが上がっていきます

そして、スープに板を当てる為に、後足9割くらいの加重に切り替えながら左肩を真上に上げるようにすると板が上がっていきます。

 

 

これはバックサイドの動きと全く同じとなりますね。

この動きがカットバック成功の一連の流れとなります。

 

 

スーパーストイックシステムでは、知識で頭に落とし込みながら、一個一個の動作を身体に染み込ませていく練習をしていきます。

 

みなさまも一個、一個、反復練習しながら体に染み込ませていきましょう。

 

 

 


一連の流れを理解して、細かく突き詰めていくので、もう一度、イメトレしていきましょう↓↓ 


重要ポイント①

まず一番大事なのはボトムにいる時点で、次のトップでカットバックする事を決めていないと水面を触りにいくことは絶対不可能です。

 

 

トップに上がる前に、一呼吸するくらいの気持ちで『よし、やるぞ!!』 と、ボトムで唱えてから仕掛けてくださいね(笑)  その一声が意外にボトムで待つ「タメ」という時間を作れます。 

 

 

ちゃんと波のフェイスを見定めてから、仕掛けにいくことがスピードを殺さずに回れる状態を作れます。

 

 

トップに上がってから仕掛けようとすると、棒立となり失速の原因にもつながりますので、かなり重要なこととなります!!

 

 

 

まずは「ボトム」からしかけようとする意識です。

 

重要ポイント②

波のトップに上がりながらヒザを曲げて「左手を下に伸ばし、水面を触りにいってみてください」

 

 

そして水面を触れたなら、「軸足で踏ん張って」体の軸を波側に倒し、右手を前に出して行き

ましょう。

 

 

軸足のヒザに力を入れて、しっかりテールを押さえながら、コントロールしていきます。 

 

 

この時のポイントは左側(戻るフェイス)をしっかり見ることが大事です!

 

 

☆トップに上がったなら

 

 

左手水面→後足踏ん張り→右手を前に持っていく→顔を左側に向ける

(左フェイスを見る) この順番です。

 

 

これをトップに上がったと同時にやる訳です。上の写真は左手を水面に入れた瞬間ですが、お尻も水面につきそうなくらいですね。。。

 

 

 

これくらいしゃがまなけば、いけないということです!! 

 

しゃがむ=水面を触るです

 

まずは水面を触りに行くことからです!!

重要ポイント③

水面を触わり軸足に力を入れ、右手を前に出せたなら、あとは勝手にボードが回転しだします。

 

 

スープのポケットをよく見て、バックハンドのリッピングの要領でスープに当て込みにいってみましょう!

 

 

ヒザが伸びきらないようにホールドするのが成功の秘訣です。右足にGがかかるので、踏ん張ってボードを押さえつける気持ちが重要です!!

 

 

この練習を海で5回くらいやると、右モモがプルプルしだします(笑)

 

モモがプルプルしだしたら正解の基準になります。。。

 

 

軸足一本の力で回るような意識です。

 

 

 

波のトップで左手を水面に入れたら、右手の誘導の仕方見てみましょう!!

それでは、全部の動きをまとめてみましょう!!


① ボトムから仕掛けるという強い意志

 

② 軸足に体重をかける

 

③ トップにあがったら水面をさわ

 

④ しっかりポケットを見る

 

⑤進行方向に前の手を出す

 

⑥スープに当てる


ポイントごとに、カットバックの仕掛ける動きかたを書いてみました。

 

上級者を目指すのならば、①ボトムから仕掛けること。

 

ここをしっかりやっていかなければいけません。上の連写でのボトムからトップに上がるヒザの使い方を何回も見てイメトレしてください。

 

この言っている意味がわかったのであれば、必ず、簡単にできるようになります!!

スーパーストイックシステムでは、この、ボトムからの仕掛け方を徹底的にやり込むことで、驚く程のスピードで回れるように変わります。

 

 

 

 

しっかりと練習してくださいね。

 


リエントリー


リエンリーとは、カットバックでスープまで戻り、そのスープに当てることで、さらに加速させていく動作となります。

ラウンドハウスカットバックのリエントリーです!!

やっぱりケリーはカッコイイですね。

 

やるからには、少しでもこの形に近づきたいものです。

 

カットバックして崩れるスープに当て込むと、さらに加速して次のマニューバーにつなげる事が容易になっていきます。

 

ボードを垂直に上げて返すことができれば最高ですね!

 

まずはバックハンドのリッピングをしっかり練習することも大事ですね。

 

 

ドンピシャにリップに当て込むと、物凄いスピードがついて次のセクションに向かえます。

 

カットバックしたらリップがどんな状態なのか、しっかり見る癖をつけていきましょう!

 

最初は波につかまる覚悟で攻めなければ、ダメですからね(笑)

 

リエントリーの細かい動作は最後のブログ欄でごらんください。

 

 

 

 

最後に

波が張っている、いい波だと無難につなげたくなってしまう気持ちが強まります。

 

しかし、スピードがあれば、わりと簡単に回ってしまう時もあります。

 

いい波に乗ってスピードがついたら、転ぶ覚悟でやる勇気が必要になってくると思います。

 

失敗しても、「次の波でまたやればいいじゃん!」

 

そんな心の余裕が、カッコイイ カットバックにつながっていくのだと思います。

 

下の動画は

JSライダー・ディミティのカットバックのお手本となる動きなので楽しんで見てください☆


【ブログ関連記事】


【失敗しないコツ】

【波のトップでの注意】



【リエントリー】

【上級者向け】



【カットバック練習法】

【カットバックに適するボード】



お勧めコンテンツ