リエントリーのQ&A

季節の変わり目は必ず雨が降ります・・・

 

そろそろ春がやってくる合図でもありますね。


質問回答です!!


こんにちわ。いつも楽しく拝見して

おります。カットバックについて質

問させて頂きたいのですが、軸足と

右手の連動でなんとなくですが、回

れるようになりました。しかし、最

後のスープに当てる時に、思うよう

に板が上がりません。


何か良い方法があれば教えていただ

きたくおもいます。30代男性J様




J様。いつも読んでくれてありがとう

ございます。

スープに当てる板を縦に上げたいと

のことですが、難しいですよね…



前回のブログ リエントリー でも

お伝えしましたが、さらに詳しく書い

てみたいと思いますので、参考にして

くれたら嬉しいです。




まずは、おさらいです!!

上の写真を見てみましょう。左手

で水面を触りながら軸足と右手の

連動で波のフェイスを回っていき

ます。

 

 

そして

リエントリーはここからが難関に

なっていきますが、どういう動き

で板を縦に上げて行くのかを、自

分でイメージできなければ成功で

きません。。。

 

 

上の写真の状態から、板を縦に上

げるために体のどの部分を使わな

ければいけないのかを推測してみ

ましょう。

 

 

 

ちょっと考えてくみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真は、最初の写真よりも進ん

でいます。

 

 

最初の写真とどこが違いますか??

よーく見比べてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、

板が完全に回りきったら、さらに軸

足で踏ん張って、右手を前に持って

きています。

 

 

この動作が、板を上げるためには絶

対に必要です。

 

 

普通の方は、最初の写真の状態で、

心からくる油断で、右手を前に持

ってくる意識が飛んでしまいます。

 

 

 

油断とは、板が返る安心から転ばな

ように、じっとし立ち止まった状

態です。

 

 

 

 

後のスープに当てる時に、思う

に板が上がりません。

 

 

 

 

 

スープに当てようとしている時の自

の体勢をもう一度よく振り返って

みましょう!!

 

 

左肩

ばかりに気を取られていませんか??

 

 

もし、そうだとしたら右手を先に前

持ってくるイメージが飛んでいま

す。

 

 

これでもか!というくらい前に持っ

行ってください。そうすることで

、視野も広がり板を上げやすい体勢

をつくれます。

 

 

右手をめいいっぱい前に出すことで、

体もひねった状態になり、視野

がるということです。

 

 

これは、バックサイドのやり方と同

なので、右手の意識を忘れないこ

とが成功のカギとなっています。

 

 

 

がんばってトライしてくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

 


右手で誘導すること!!

この右手の使い方は前回の

トップターン でもお伝えしまし

振り切る気持ちで攻めてくだ

さい。

 

上の連写の右手のみをじくり見て

してくださいね。

 

板を当てに行く瞬間まで、右手を

出している動きを読み取って

みましょう。

 

 

これが最後まで右手を振り切ると

うイメージです!

 

 

上の回りかけから、いかに、右手を

体の前にもってこれるかが、リエン

トリーの秘訣になっています。

 

 

 

結局、いつも言っている、軸足と右

手を意識することで技は簡単にでき

てしまうものです。

 

 

それくらい重要なポイントになって

います。

 

 

 

明日の練習会に参加される方!!

忘れないでくださいね。