失速しない仕掛け方・・・

サーフィンはスピードが命!!!!

 

 

 

技の成功はスピードにあり!!!

 

名言っぽくなっていますが、本当に

そのとうりですよね??

 

スピードさえつけば、何かと上手く

いくものです・・・

 

 

では、力の無い波でどうのよな場所

でどのようにスピードを付けるのか

 

 

 

ここをしっかりと理解していきなが

ら実践へとつなげていきましょう。

 

 

 

 

 

まず!!

 

 

 

 

オフザリップ!!

ローラーコースター!!

 

カットバック!!

スラッシュバック!!

 

 

 

この技を仕掛けに行く時にはすべて

ボトムからスピードを付けて波のト

ップへ上がらなければいけないとい

うことです。

 

 

一般的な練習法はますはボトムに降

りること!!!!

 

 

 

 

このように言われておりますが、中

途半端な乗り方でボトムへ降りたと

しても逆に失速をしてしまうことも

多々あることでしょう。

 

 

 

そんな経験ありますか???

 

 

 

 

では、どうすればよいのか???

 

 

 

 

 

それは

アップスンの乗り方を改善すること

です!!!

 

 

 

 

ライン取りや板を動かす基礎動作を

しっかりと身につけることが一番ボ

トムへ降りやすくなっていくという

のがストイックシステムの練習。

 

 

 

 

常にアップスンの動きでスピードを

付けて波に乗れるようになれば、ボ

トムへも降りやすく、そして波のト

ップへ上がるスピードも上げていけ

るということ!!

 

 

 

 

 

ここをやり込むだけで、かなりの上

達へと向かいますので必ず練習して

欲しいところです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今日は応用編としまして

スラッシュバックでのスピードの出

し方と上半身の動かし方をご紹介し

てみましょう!!!

昨日のブログ■波のトップへ素早

上がる方法 でもお伝えしましたが

 

 

 アップスンからの

ボトムに降りた時点でノーズは岸側

へ向けていることが重要ポイント。

 

 

 

なぜならば…

 

 

 

このボードの向きがあるからこそ、

後ろ足でテールをねじり込むように

軌道を変えることで反発が大きくな

り、スピードを上げられるように変

わっていくということ!!!

 

 

ちょっと難しいですが

 

 

みなさんが想像するボトムターンの

イメージを一回よこへ置いといて、

ボトムでのノーズの向きを岸側へと

向くように意識すること!!

 

 

そして、後ろ足の力を使ってテール

をねじり込むように波のトップへ上

がる練習をすること。

 

 

この動きが「軸足ジャンプ」

 

 

 

では、次へいきますよ!!

そしてレールを深く入れながら効き

手の振りを利用することで、板の軌

道を変えるリードへと繋げます。

 

 

 

 

つまり、軸足ジャンプの最初の動き

は効き足と効き手の連動から始まる

ということ!!!

 

 

 

 

上の写真は軸足で踏み切った瞬間の

体勢。

 

 

 

後足のヒザが伸びていますよね??

 

 

 

 

 

そして次!!!!!

 

 

 

 

 

下の写真の後足のヒザの曲がりを見

てみましょう↓ 

曲がっていますね???

 

 

つまり、いつも言っています、ヒザ

を曲げながら波のトップへ上がれ!

 

 

 

 

これは踏み切った瞬間から後ろ足を

曲げていくことで加重がかかったま

まの状態で波のトップへ上がれると

いうこと。

 

 

 

この動きが板の引きつけと言って

身体と板が離れない細かい動作。

 

 

オフザリップでも大事な動きとな

ります。

 

 

 

 

いいですか??

 

 

 

では!!!

 

 

 

 

 

なぜ、踏み切った瞬間ヒザが伸びた

のにもかかわらず、曲げていられる

のか??

 

 

 

 

 

 

ここに疑問を持った方・・・・

 

 

 

 

 

 

2000千回目ですがもう一度言い

ますよ!!

 

 

 

 

 

その答えは、後ろ足くびをRを描く

ようにねじり込んでいるために、足

の裏とデッキパッドに摩擦が生じて

粘着効果のような働きが起こります

 

 

 

 

これをワタシはいつも言っている、

「粘点」を作れ!!

 

 

 

 

このように言っておりますが、足首

をRを描くように使っていくと、ヒ

ザも連動して、テールを下に沈めな

がらその反発を使い、足の裏の粘点

を作れるということになります。

 

 

 

 

表現が難しいですよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

意味がどうしても分からない場合は

スーパーストイックシステムやサー

フレボリューションでもレクチャー

していますので練習しに来てくださ

いね!!

次!!!

 

 

上の写真を見るとさらに分かりやす

いかとおもいますが、完全に後足で

押さえ込んでいますでしょ??

 

 

ここを何度も見つめてください!!

 

 

 

 

そして、効き手の連動が必要なので

、軸足ジャンプと同時に効き手を前

に出しながら首を徐々にスープ側へ

向けてひねっていきます!!

ここが波のハイライン↑↑

 

 

後足で押さえ込んでいるからこそ板

と身体が離れません・・・

 

 

両手をやじろべえのように広げるこ

とで身体を反転させていけるという

ことにもつながっていきます。

 

 

 

 

今、お伝えしたすべて含めて!!!

 

 

 

 

これが!!!

 

 

 

 

 

軸足ジャンプです!!!

 

 

 

 

 

 

 

この軸足ジャンプの技術を覚えると

、スピードを殺さずに波のトップで

アクションを仕掛けることが容易に

なっていくというのが、もっともワ

タシのお伝えしたいこと!!!

 

 

 

 

このように、スッラシュバックでさ

えも、ボトムから軸足ジャンプがし

っかりとできているだけで、わりと

すんなり回転をかけれるようになっ

ていくんですね。。。 

軸足ジャンプの大切さを分かってい

ただけると、本当に嬉しい限りです

 

 

 

 

そこができたらスピードが一気につ

くので、上半身のひねりのスピード

をあげていくのが理想の練習。

 

上半身のひねりの大事なポイントは

上の写真の左肩の上げ方に注目して

くださいね!!

 

 

 

左肩の開きとは!!!

時計でいう「11:00」の方向が

目安!!!

 

 

 

 

 

と、いうことで今日はここまで・・・

 

 

 

 

 

■後足でRを描くとテールはどうなる?

 

 

 

 

 

 

 

 


今日書いた内容を練習するには

ハイパフォーマンスボードではない

とできません・・・

 

 

さらに自分の体重にベストマッチす

る浮力ではないと、余分な力に囚わ

れて上達も遅れます。

 

この機会にご相談くださいませ!!

 

■ 只今、Jオーダーフェア開催中