正しいボードの立ち方


このページは初心者の方から上級者の方までじっくり読んで勉強してほしいと思います。

 

なぜなら、テイクオフの次に覚える大事な基本動作です。この基本動作をしっかり身に付けることができたなら、あなたは間違いなく生まれわったサーフィンスタイルに変わるでしょう。

 

今日は、正しい立ち方を意識した綺麗なフォームを作り上げていくためには、下半身のフォーム。

つまり!!ボードの押さえ方をしっかりと学んでいきましょう。

 

まずは質問です!!

 

あなたはテイクオフして、ボードの上に立ちました。何か意識していることはありますか??

どうですか??何か思い当りますか??

 

『なるべく体勢を低くする』そう思った方は半分正解です。なぜなら体勢を低くするのは、しゃがむという事にもなりますが、実際はボードに体重が乗るように強く押さえるというのが正解です。

 

ただ体勢を低くするだけでは、NGです!!

 

ボードを押さえる意識で立つことを、今回解説していきたいと思います。

 

名づけて・・・


後ろ乗り前足加重ハサミ乗り


テイクオフしてから、サッと立った時の基本体勢を解説していきます。

 

ボードの後ろに立たなければ、動かすことが困難です。しかし、後ろに乗り過ぎてもノーズが上がってしまい失速してしまいます。

 

この問題をなくす立ち方を覚えていきましょう!!

 

ボードの後ろに乗っていても、前足に加重がかかっているイメージをしてくださいね☆

 

 

1⃣ なるべくボードの後ろ(フィンの真ん中)に立ってください。

 

そして軸足(後足)の指全部と土踏まず、そしてかかとに、おもいっきり力を入れてみましょう。

 

そしてさらに、足首を内側に限界まで曲がるように、ひざを内側に折ってください。

※足の小指が地面から離れないように注意!!

 

次に、前足も軸足と同じようにして形を作り立ってみてください。

 

両膝が内側に入っているので八の字になってますか??

 

さらに股関節に力を入れて両桃モモを「キュッ」と閉めてください!!

 

 

力をゆるめないでそのままホールドすると、めちゃくちゃボードを押さえている感じが伝わりますか??

 

 

いざ自分がやってみて、上の写真を見てみると、どうでしょうか??足の指と足首あたりをじっくり観察してください!!

 

指で押さえている感が伝わりますね。大抵の方はボードの上で『踏ん張っている』感覚が強いと

思います。

 

しかし、この立ち方を覚えるとボードを強く『押さえ込んでいる』という感覚にかわっていきます。

 

つまり!!

足の全体でボードを押されるために、指、かかと、足首、ヒザ、内側モモ筋を使っているということです。

 

 

まずはこの立ち方を意識しながら普段の生活の中で取り入れていきましょう!!

足の裏やヒザを絞める意識から始まります。

 

 

 

 

次に、体の上半身の姿勢を作ります!

 

 

ヒザを八の字で押さえたまま立っててください(笑)

 

 

2⃣ コシだけを進行方向に向けてみましょう!!

 

ヒザは八の字で正面を向いている状態です。

 

ヒザは波のフェイス側、コシは進行方向です。

 

※へその位置が正面を向いた形です

 

この態勢は、波に乗っていてもすぐにフェイスから離れることができる為の重要な乗り方になっていきます。

 

 

真っ直ぐ乗っているのに体はひねっている状態ということです。

 

 

ここの部分は非常に難しいので、ストイックシステムの重要プログラムとなっているくらいです。

しっかりと意識づけていきましょう。

 

 

 

そして、次に右手を前に出してください。

 

下半身は横を向いているけれど、上半身だけ前を向いている状態です。

 

この態勢を意識してテイクした後すぐ立つように心がけてください。

 

 

上の写真と同じ形になれば合格です☆

 

テイクオフしてから常にこの態勢を作れるように意識してください。

 

常にです!!

 

 

サーフィンの技は「すべてこの形で行います!!」

 

 

この基本姿勢と後ろ乗り前足加重を覚えてしまえば、アップスーンはスケボーのように簡単にできてしまいます。

 

 

逆に言えばスケボーではできるけど、サーフィンだとできない理由はなんでしょうか?

 

 

この後ろ乗り前足加重ハサミ乗りを覚えてしまえば、スケボーのようにできてしまうことを知ってほしいです・・・

 

 

この体勢の秘密は、常に軸足意識の上半身のリードで波に乗る形に生まれ変わり、あらゆる急激な波の変化にも、すんなり対応ができるようになるはずです。

 

オフザリップも右手の誘導から!!と書いてありますが、基本姿勢で右手を前に出しながら、常に波に乗ることで、自然に身についてしまうことでしょう。

 

写真三枚をよく見ていただければ分かると思いますが、アクションは全部違うのに上半身の形は、ほとんど同じではありませんか??

 

 

これが基本となるサーフィンのフォームです。

 

 

 

ほとんどの方が知らないので、まずはこの基本姿勢とボードの押さえ方を最初に覚えてしまえば、上達がケタ違いに変わっていきます。

 

 

※ボトムターンの成功の秘訣も、このボードの押さえ方ができていないと不可能となります。

 

 

ここで、一番お伝えしたいことがあります。

体を動かすスポーツでは、上手いと言われる人の特徴としてフォームが綺麗というのが絶対に条件となります。

 

無駄な力を入れずに的確に筋肉を動かしていく動作がその綺麗なフォームを作り上げています。

 

その綺麗なフォームをどのようにして作り上げるのか??

 

 

正解は反復練習しかありません!!

体がその動きを覚えるまで何度も何度も繰り返すことです。

 

 

サーフィンが本当に上手くなりたいのであれば、やるしかありません!!

 

おさらいです!!

 

☆なるべくボードの後ろに立つ

☆両足の指・土踏まず・かかとで地面を捉え、さらに足首に力を入れる

☆股関節に力を入れて両膝を八の字に曲げる(太ももを閉める)

☆コシだけを進行方向に向けるためにへそが前を向く形をとる

☆右手(レギュラーフッターの方)を前に出す

 

 

 

後は軸足でボードを常にコントロールする意識に変えれば、今までとは比べ物にならないスピードが付くはずです!

 

下の写真の軸足の足首を見てみてください。

足首がこんなに開いているのにヒザが八の字での形をとっていますね。

実際に陸でマネしてみてください!!

 

足がツルか小指が地面から離れてしまいます。

 

こうやって世界のトップ選手は、ボードを押さえているからこそ、凄いアクションがかけられることを知ってください!!

 

この基本のボードの押さえ方ができるようになると、安定感・体重の加重によりスピードがすべ変わっていきます。

 

認定テストでフロー感の課題はすぐにクリアーできますよ!!

 

 

 

 

初心者の方でも最初に覚えてしまうことで、上達スピードがぜんぜん違います!

是非ともやってみてくださいませ。

 

 

 

※そして、一人では限界があるために、正確な体の動かし方を知り、実践に向けてトレーニングしていく道は選択する方は

 

【サーフィン専用フィジカルセンター SURF REBOLUTION】

 

【実践練習 スーパーストイックシステム】

 

 

こちらにお問い合わせください

 

insisit.surf2003@gmail.com

 

スーパーストイックシステムではまず最初に、この基本姿勢から作り上げていきます。

 

『遊びも本気で遊ぶことが、楽しい人生を作れる。』

 

そんな願いをこめた、システムであります・・・

 

 

 


【キレイなフォームの作り方】


【フォーム矯正の練習方法】

【実践での練習方法】



【ヒザを絞める練習】

【バックサイドの綺麗なフォーム】





ウェット格安通販サイト♡

サイバーウェットスーツやリンコンウェッスーツが格安にて提供できるサイトがオープン致しました♡

 

カタログ撮影で使用したプロモデルや展示会サンプル品などが大特価!

 

ファクトリー一斉在庫処分SALE★下記のURLから覗いてみてね!(^^)!

ウェット通販サイト♡

http://private-industries.net