ボトムターン


サーフィンでは、深いボトムターを極めるのが一番難しいと言っても過言ではないでしょう。

 

プロになってから深いターンを練していくのがプロセスとなっり、自分に足りないバランス

覚や筋力を鍛えなくては始まりせん・・・

 

世界のトップサーファーはどれほ深いボトムターンをしているのかをこのページで勉強していきま

しょう!! 

ミックとケリーの究極のボトムターンです。見た瞬間ヤバい!のが分かりますね。

 

上半身を寝かせて水面に肘がつきそうなこの態勢・・・

 

陸の上でマネしてみたらわかりますが、強靭な足腰の筋力が必要です。

 

二人とも態勢は似ていますがケリーの方が若干、前加重の体勢なのでレールの接地面がやや多いです。

 

前傾姿勢がミックより低いということは、ボードを押えるパワーがミックより勝るということですね。 

 

 

さすが神様・・・・

これがケリーの強い秘密です。

 

では、どれくらい深いのか?

 

これは波のフェイスからどれだけ離れているのかで決まっていきます。

上の写真はJSライダーのダスティ・ぺインです。

 

波のフラットの位置でのターンとなります。

これだけ波に離れるのが究極のボトムターンという訳です。

上の写真はJSライダーガール。サリーフィッツギボンズのボトムターンです!

波のフェイスが張っていると、どうしても離れられない気持ちになってしまいがちです。

 

つい、フェイスの斜面にレールを入れてアップスーンして加速したくなる衝動が走ってしまいます。

 

そこをグッと我慢してボトムに降りる心がまえがとても大切になってきます。

 

大きなライン取りのサーフィンをしたければ、横走りのくせを取り除くためにも、ボトムターンを常に意識しながら変えていかなくてはいけません。

 

写真を見るだけでもWCT選手のボトムターンが、どれだけ凄いのかがお分かりになると思います。

 

自分には無理とあきらめずに、少しでも近づく為にイメトレから始めてみます。

 

スーパーストイックシステムはまずはその動きを頭の中で完璧にイメージができるように作り上げ、そして陸で練習していきます。

 

正しいをフォームを完璧に作り上げそしてスケボーで練習。。。

 

スケボーで身体に「理解」させてから海での実践となります。

 

 

この3段階方式で練習すれば、通常の3倍以上のスピードでモノにできる流れで構成しています。

 

 

それでは、まずはイメージングから初めて見ましょう!!

 

 


実践イメトレ


まずはターンに入る前の体勢をJSライダー、ジュリアン・ウィルソンの写真を使っていきます。

写真一枚目。

スピードに乗ってボトムに降り切る手前で、このリラックスの体勢を一回作るのが始まりになります。

 

この時に「軸足意識」でボードを押さえることです!!

 

そして

ターンに入る体勢を作り上げる必要がありますが、この体勢が正しい立ち方ということです。

 

コレを自然体の形としてできなければ深いターンはできないと言っても過言ではありません・・・

 

写真二枚目。

上半身をしっかりお越し、右手を前に出してから、一気にボードを寝かせる準備をする訳です。

 

右手の振りが重要ポイント!!

 

 

このワンクッションをまず、作る事からトライしてみましょう。

 

 

結構アタフタして余分な力が入ってしまいがちなので、力の入れ抜きの練習にもなります。

 

 

 

大きなターンをするのには、非常に大事な動作です!!

 

 

※まずはリラックスの体勢から右手を前に出す形が最初のスタートです。

次にターンに入る前に後足の親指に力を入れてください。

 

これは常に軸足意識で波に乗る為には必要不可欠!!

 

リラックスした状態でリップを見つめて、一気に体重をかけてボードを寝かせターンに入ります。

 

 

ここで、ボードの寝かせ方です。

 

 

低い体勢を作り、めいいっぱいレールを入れながら後足のヒザを内側に倒していきます。

 

 

この時の、ワンポイント・アドバイスとして、右足の親指に、おもいっきり力を入れること!!

 

 

親指に力を入れるだけでヒザが曲がり、体重が乗りやすくなります。

 

まずはこれを意識!!

 

 

そして次に

その体勢を作れるようになると、さらなる難関が待っています。。。

 

 

それは・・・

 

前足に力を入れられない!!

 

この現象が必ず生じます。

 

 

後足ばかりに気取られてしまい前足が踏ん張りつらくなってしまうんです。

 

 

ここを頑張って練習することが深いボトムターンを完成させるカギとなりますので、軸足を使えるようになったら前足の使い方を集中して練習してください。

 

 

前足に体重をかけるには練習方法は後ほどご紹介します。

 

 

このボトムターンをするというのは、結局はリップで技を仕掛ける為にドライブをかけるということです。

 

従って、ターンをしている時には必ずリップ(ポケット)をしっかり見ながら行わないと意味がありません…

 

リップを意識しながらのターンです!

 

そして、リップの崩れるタイミングを見計らって軸足ジャンプで波のトップに上っていきます。。。

 

上写真ではターンから波のトップへ上がる瞬間の体勢です↑↑

 

コレが軸足ジャンプの瞬間の体勢となります。

 

そして次の写真↑↑

波のトップへ上がりながら上半身が後加重にならないようにノーズにオデコを付けるような意識が必要です。

 

上に上がるベクトルに対して、身体は下に向かう重力が働いてしまうことで、上半身を前に折り曲げるようにすることがメイク率をあげていけます。

波のトップで板を返す瞬間は。赤マルの中に上半身がおさまるように意識することです。

 

 

板を返し終わっても赤マルの中に上半身がおさまっていますね↑↑

 

これが「引きつけの極意!!」

これがボトムターンの一連の流れからフィン抜きリッピングとなります。

 

なんとなくのイメージができたかた思いますので、これから細かくその形とやり方を突き詰めていきましょう。。。。

 


ボトムターンの練習方法


まず

ボトムターンには定義があります。

 

 

『どれだけ長い時間、水面にレールを入れられるか!!』

 

『どれだけレールを深く、水面に入れられるか!!』

 

 

この二つの意識の融合が、長いドライブ感と、スピード感に影響していきます。

 

この定義を絶対に忘れないで練習することで、浅いターンの場合は改善できる意図口となりますので、しっかり頭に叩き込んでください。

 


陸トレでターンの形を作る


ヒザを八の字の形を作るイメージで曲げて、ボードを押さえていきますので、まずは陸でその形を細かく突き詰めていきましょう!!

 

 

下の写真のケリーの形を真似してみます。

 

 

まずは後足の形から。。。

ターンに入りボードを寝かせだしたら、「右ひじを前に出し」水面ギリギリまで持っていく体勢を実際にやってみてください。

 

この体勢は、後足の親指に力を入れながら足首を内側に倒すことです。

 

そして、さらにヒザを足首と同じように内側に倒しこみながら股関節をおもいっきり締めあげます。

 

 

両足太ももをくっつけるように股関節を締めあげ、全身の筋力と関節を意識しながら肘を前に出して

ホールドした形を作り上げてください。

 

 

次に前足を後足と同じように足の指から股関節までを強く使ってボードをハサミ込むように倒してい

きます。

 

前足と後足でボードを自分の股の中心に押さえ込むこような意識で完璧にブレない体勢を作り上げま

す。

 

 

このボードの押さえ方をしっかりと作りあげると、右ひじを水面に付けるように前に出すことができ

ていきます。

 

 

 

板の寝かせる角度はフィン二本見せるのがベストです!!

 

 

そこも念頭に置いて、体を前に倒した形を練習してください。

 

 

ここで、ピンときた方もいらっしゃるかと思いますが、当HPの正しい立ち方で説明していることと

、ほぼ、同じということです。

 

 

 つまり、基礎となる立ち方げできないのであれば、ボトムターンの形を作れる訳がない!!

ここを念頭に置きながら練習してみてください。

実際にトライしてみてどうでしょうか??

 

なんとなくできたなら、そこからどんどん突き詰めていきましょう。

 

 

低い体勢を作るには、あらゆる関節を深く曲げて、全身の筋力を使うことが必要です。

 

普段あまり意識していない、太ももの付け根の股関節を閉める事からやってみることが望ましいかとおもいます。

 

 

スーパーストイックシステムでは、股割を強化していきながら股関節を常に締めながら波に乗る練習をしていきます。

 

 

いざ、陸地でこの態勢をマネしてみると、全身の力でボードを押さえていないと、肘を水面ぎぎりまで持っていけないことも理解できると思います。

 

足で押さえきれない場合、股関節の締めつけができていないのが原因です。

 

 

従ってまずは陸トレから始めて、できない部分の筋肉はフィジカルトレーニングが必要になっていきます。

 

 

 

陸トレでこの形を取れない場合は股割や柔軟などフィジカル部分に焦点を当て、自分を追い込んで作り上げていく努力が必要です。

 

さもなければ一生深いボトムターンはできません・・・

 

まずは陸トレから!!

 

 

そして次に

陸トレでその形を覚えた後はスケボーを使って練習していきます。

 

 

スケボー実践編は近日中にアップ致しますので、今しばらくお待ちください・・・

 

 

この基礎をしっかりと作り上げていかなければ、海だけでの実践では絶対に不可能となります。

 

 

このボトムターンを完成させるためには本気で向き合わないことには、絶対にモノにはできません・・・

 

 

ストイックに自分を追い込んで習得してください。

 

ヒジを前に出すことで、おしりも上を向いた状態を作り首を意識してリップを見上げていきます。

 

この形がボトムターンでの最前形姿勢となります。

 

今までとは比べ物にならない程、レールを深く沈められ、グーンと伸びるようなドライブターンに変わっていくことでしょう。。。

 

 

このようなボトムターンができてこそ、技をかける回数が増えたり、キレのあるトップアクションができるようになります。

 

またライン取りが大きく変わり、スピードも今までとはケタ違いの速さに変わっていきますので、まちがいなく別人のサーフィンに変わります。

 

 

とにかく、少しでも上達したい意識がある方は練習してみましょう!!

 

 


ボトムターンブログ






お勧めコンテンツ