スピードを上げる方法:上級編

連日のブログでは、アップスンでのスピードの出し方をお伝えしていますが、今日はその続き!!

 

 

スピードを出すためには??

 

 

まず、ここを考えてみるとですよ!

 

 

レールを深く入れるためのボードの

押さえ方がすべて!!!

 

 

レールを深く入れる技術と力が命

 

 

このような応えとなります・・・

 

 

 

 

ここを深く考えながら読んでくださ

いませ・・・

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

連日のブログでは、基礎となるボー

ドの押さえ方を習得することが、ス

ピードを上げられるとお伝えしまし

た。。

 

 

 

 

今日は実践編としてジュリアンの板

の押さえ方の写真を見ながら勉強し

ていきましょう!!

 

 

 

 

まず、頭の中でテイクオフをして立

った時の自分の姿をイメージしてみ

てください。

 

 

 

イメージできましたか???

 

 

 

 

 

では、質問です!!

 

 

 

テイクオフで立った時に

どこの部分に意識をもっていますか

??

 

 

 

 

 

頭の中が真っ白ではNGですよ!!

 

 

このブログでは軸足の親指に力を入

れることでヒザが曲がり、力が入る

と2000回言っていますね。

 

 

 

 

そして、

肝心なことは前足にも加重をかける

為に、股関節を締め付けつて両ひざ

を前に出すことが一番ボードを押さ

え込む力が生じます

 

 

 

 

 

上の写真を見ると太ももがくっつい

ているように見えますか??

 

 

 

 

これが股関節を締めろ!!という体

勢となります。

 

 

 

この体勢を取るならば、前足のヒザ

を内側に持っていく意識がないと、

そう簡単にはできません。。。

 

 

 

ここを本気で練習する必要がありま

すよ!!

 

 

 

テイクオフして立ち上がる時に、こ

の意識を持ってください。

 

 

必ず・・・

 

 

その体勢で重心を低くするようにヒ

ザを曲げていくと、ボード全体に加

重がかかり板を沈めることができる

ようになります。

 

 

ここで後足意識を持って板を傾けレ

ールを入れて加速をかけます。

 

 

 

この時に自分の体重を上回る浮力の

板に乗っていると、思うように板を

沈められません・・・

 

 

自分の体重に見合うボードに乗って

ください。

 

 

板を沈めるとその反発力を使いなが

らジャンプできるように変わってい

きます。

 

 

これが、基本中の基本です!!

 

 

足首を前後に曲げるようにレールを

入れる方が本当に多いので、イマイ

チスピードが乗らなかったり、ぐら

ついたりしてしまうんです・・・

 

 

 

足くびはRを描くようにねじり込め

!!!

 

 

 

 

 

そして、

ボードを両足を使って沈め、軸足ジ

ャンプの練習をすれば、ぐらつくこ

ともなくなります。

 

 

 

アップスンの「アップ」の時はこのレ

ールの入れ方を練習!!

 

 

いいですね??

 

 

 

 

では次!!

 

 

そして波のトップへ上がらずに、

小刻みでボードを下に向けてター

ンに入っていきます。

 

この動きこそ!!

 

連日お伝えしている、板をボトムに

振る動きとなります。

 

 

いいですね??

 

 

 

 

この動きができてこそ!!

 

 

ボトムターンに入れるということ!

 

 

 

 

 

 

板をボトムに向けてからの!!

 

 

 

 

 

股関節を締め付け両足でボードをハ

サミ込みレールを深く入るために上

半身を倒していきます。

 

  

 

 

よく、ボトムターンのやり方につい

てご質問いただきますが、股関節を

締め付けて、前足のヒザを内側に入

れる練習が必要です。

 

 

 

これは、ボトムターンをしようとし

た時にやるのではなく、常にその意

識で板の上に立っていないと絶対に

不可能となります・・・

 

 

 

だから正しい立ち方を習得するのが

先!!

 

 

 

そして、アップスンの板の振り方を

しっかりとできないことにはターン

を仕掛けることができない!!

 

 

 

 

このように繋がっていることを理解

してください。

 

板をしっかりと押さえられるように

ならないと、上半身をひねることも

できないということにも繋がってき

す。

 

 

 

波のトップで右手を耳に当てても板

が離れてしまう人は板の押さえ方が

しっかりと出来ていないのが原因で

す。

 

 

 

 

あくまでも!!!

 

 

常に後ろ足で板を押さえ込んでいる

状態を作ることが大切です・・・

どんな状況であっても、板を押さえ

る時には股関節を締め付けながら、

両足でボードをハサミ込むようにす

ること!!

 

 

この練習をすれば、波のトップへ上

がっても、後ろ足で板を押さえ込ん

でいる状態を作れるということ!!

 

 

 

そうすることで 

ボトムターンも深くなっていきます

 

 

 

 

力の無い波でもスピードを上げてい

けます。

 

 

 

 スピードが無くても、板を素早く返

せるようにも変わっていけます・・・

 

 

 

 

ここを完全に理解してください。

サーフィン上達を本気で考えている

のであれば、この基礎となるボード

の押さえ方をしっかりと練習するの

が一番。

 

 

 

 

 

そして、アップスンでは後足と上半

身のリードでボードをコントロール

する練習をすること!!

 

 

 

これができるようになって初めて、

ジュリアンのような深いボトムター

ンへと繋がっていけるものです・・・

 

 

 

 

ということで!!

 

 

 

 

 

連日のアップスンのスピードを上げ

る練習方法を段階に分けてお伝えし

ましたが、イメージできましたでし

ょうか???

 

 

 

 

 

 

復習を何度も何度もしてくれると、

お伝えしたい本質が理解してくださ

ると光栄です。。。




 

 

 

 

 

JSオーダーフェアー

ジュリアンシグネイチャーモデル

エアー17!! 

 

 

ジャパンカスタムではテール形状

どもお好みで作ることができま

す。

 

 

 

INSISTストイックカスタム

でご提供させていただきます。

ジュリアンブラシデザインも承り

ます。店舗ストックは↓

 

■エアー17 5'9 ジャパンモデル

 

 

 

 

 

 

2020年

JSオーダーフェア

 

 

全モデル対応

 

AIR 17 

¥108000+TAX

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

期間限定 20本限り

 

お好みのエアーブラシも承ります。

 

 ■JSオーダーフェア詳細