バックサイドリッピング


バックサイドは苦手な人と得意な人と分かれるかと思います。

 

『板を簡単に返せるじゃん~!!』

『板を上に上げられない・・・』

 

こんな風に分かれるかと思います。ここでは世界のバックハンドのやり方を解説しますので、何かのヒントに役立ててください。

 

まずはボトムでの体勢から見ていきましょう。

上の写真のケリーの体勢は話が飛び過ぎですが左手を見てください!!

 

水面に手を入れていますね。これはボトムでなるべく体勢を低くするためと考えてください。

カットバック講座でも、この左手を水面に入れるよう、お伝えしましたがバックサイドでも同じ理論となります。

 

この水面を触ることで重心を低く保て、さらに体の軸を波側に倒すことでレールを深く入れることができます。

 

この体勢を作って、トップに上がるようっも練習していきましょう!

 

そして今度は右手を前に出していきます。ここがかなりの重要ポイントです!!

 

普段、皆さんはトップに上がる時に、左肩を意識して上に上げているかと思われます・・・

 

しかし、この右手を先に意識して前に出すことで板が縦に上がっていきます。 

 

陸で実際に右手を前に出した時の方が左肩が真上に上げやすいのを実感できます。

ここは非常に大事なっことなので必ず右手を前に出す練習をしてください。

右手をおもいっきり前に出してから、左肩を上に引っ張っていきます。

その動きと下半身の動きを連動させることで板が真上に上がるのが理想です。こおこの動きがかなりの難易度がありますので最後のブログ一覧で細かいやり方を書いてありますのでチェックしてみてくださいね。

 

 

そして、しっかりリップにボードのボトム面を当て込みながら、上の写真のようの頭を真下に向けた形を作ります。

軸足にしっかり体重を乗せて、テールを蹴りながら肩をまわすように上半身のリードで板を返していきます。

 

この一連の動きが迫力あるバックハンドのオフザリップとなります

 

 

 

トップに上がってからでも板を返せることができるバックハンド。

 

しかし迫力あるオフザリップをやりたいのであれば、ボトムからしっかりスピードをつけて行う練習が必要になっていきます。

 

波のサイズはコシであろうが、頭であろうが、同じラインで攻めるのが鉄則です!!

 

まずはボトムに降りた時、水を触ってから波のトップに上がる練習です

 

 

がんばってチャレンジしてみてください。

 

下のブログ一覧でこと細かいやり方を書いていますので、勉強してくださいね。

 

 

 


バックサイド完全攻略法


【ボトムからの体勢】

【波のトップへの上がり方】



【板の返し方】

【板の返し方②】



【練習方法】

【上級編】



お勧めコンテンツ


本格派スクール

■スーパーストイックシステム