効き目が大事!!

低気圧の影響でサイズが上がった湘南ですが

、なかなか良い波でした・・・

今日もバックサイドのお話し。

 

 

スーパーストイックシステムでは、

バックサイド攻略方法としまして

、3段階に分割していきながら練

習していきます。

 

 

1段階づつ細かいところを丁寧に

作り上げていく為に、最後には完

璧に完成されたリッピングへと導

きます。

 

ただ、なんとなくできる!!

 

その概念ではありません・・・

 

限りなくプロの演技に近いものを

作り上げるのが目的です。

 

 

従って、できなければできるまで

やり込むメンタルも必要となって

いきます。

 

 

そこで今日は板を縦に上げる為の練

習方法を少し書いてみましょう。

 

 

ピンポイントでの話しとなりますの

で、その部分に着目しながら勉強し

てくださいね!

 

 

 

まずはボトムからのアプローチ。

ここは板を縦に上げる為の基礎とな

る大切な部分となります。

 

ボードをしっかりと押さえ込んで、

正式なフォームを作り上げてくださ

い。

 

 

スーパーストイックシステムではま

ず1段階目として、このボトムでの

姿勢を作り上げていきます。

 

そして!!

今日のピンポイントとなる話し。

 

「首をひねってリップを見ろ」

 

この話しは何度も書かせて頂いてい

ますが、いざ、実践ではなかなか上

手くできない方も多いかと思います。

 

従って、首をひねるための動作とし

ての秘儀。。。

 

 

「左目でリップを見ろ!!」

 

これを意識するとかなり首をひねっ

ていけます。。。

 

 

上の写真を左目でリップを見てい

と想定しながら見ると、また変わって

いくかと思います。

 

 

客観性を高めましょう! 

そして!

なぜここが重要なのか??

 

それは、ほとんどの中級者の方は、

右目でリップをなんとなく見ている

だけなんです・・・

 

 

だから・・・

 

首もひねれない。

身体もひねれない。

 

結果、板が縦に上がらない。

 

 

このように繋がってしまうんです。

 

 

今日はグーフィスタンスで書いてい

ますので、通常のレギュラースタン

スの方は「右目でリップを見ろ!」

ということですね!!

リップを左目でみることにより、首

、上半身のひねりが増すことで、板

を身体のま後ろへと引きつけられる

ようになります。

 

ここが板を縦に上がる為の起動を作

る大事なポイントなんですね!!

 

 

 

そして板をお尻の真下に来るように

引きこめるようになれば、自然と縦

に上がっていきます。

 

その板の引き込み方は。

 

軸足首をねじり込め!!

 

 

ですね。 

 

 

今日はここはスルーです。

 

 

そして、最後となる重要動作!!

 

必ず、スープ側を見ることを先行!!

 

板を返そうという意識だけだと、戻

しが甘くなり上手く返せない原因と

もなります。

 

ボトムからリップをしっかりと見る

と同じように、リップからスープを

見ろ!!です。

 

あとは写真の赤マルを見れば、言い

たいことが伝わるかと思います。

 

「板は振り切れ!!」です。

 

 

①ボトムからの体勢

②リップへ上がる体勢

③板を返し切る体勢

 

このようにスーパーストイックシス

テムでは3段階に渡って突き詰めてい

きます。

 

一個一個、確実に作り上げていく為の

手法です。

 

 

 

 

今日はグーフィスタンスの場合、

ボトムから左目でリップを見ろ!!

というお話しでしたが、これはかな

りの効果を得ることができます。

 

 

みなさまもぜひ!!お試しください

ませ。

 

 

クリスワードモデル・セミドライ

50%OFF

真冬用ウェットスーツ・セミドライ

半額SALEとなっています。

 

 

水温が低い4月までは重宝します。

下のサイトでお求めくださいませ↓↓