WCT選手のカットバック②

前回に続きましてWCT選手のカットバックからのリエントリーを紹介します。続き→

ラウンドハウスカットバックとは

きな弧を描くようにターンを

して、後ろの崩れているポケット

に当てる動作を言い表します。

 

 

スープに当ててからは、波の滑り

出しのはじまり(入口)ということ

で、リエントリー となります。

 

 

つまり、ラウンドハウスカットバ

ックとは、しっかりカットバック

をしてからリエントリーをする動

きということす。

 

 

 

このリエントリーとは、バックハ

ンドの要領でスープにおもいっき

り当てにいきますが、かなりの難

易度です。

 

 

 

理想はスープに目掛けてボードを

垂直に当てにいければ、見た目も

派手でカッコイイ乗り方になりま

す。

 

 

そこで今日は、リエントリーの動

きを解説してみます。

 

 

 

 

 

 


前回のカットバックのブログでも

お伝えしましたが、回りかけには

、軸足1本で回転するような意識

が必要になります。

 

 

なぜなら、前足に加重を掛けてし

まうと、レールがひっかかりやす

くなってしまい、転んでしまう原

因につながってしまいます。

 

 

 

それなので、前足はかかとで軽く

ボードを押さえるようにしてくだ

さい。ボードが完全に回りきる瞬

間から踏み込んでいきます。

 

 

そして回り方ですが、軸足1本だ

けでは板が回転しないので、上の

写真のように、右手をおもいっき

り前に出す形で誘導していきます

 

 

これが、右手と軸足の連動です。

 

 

 

この連動をする動きを覚えてしま

うことが、華麗なるエントリーを

生み出せます。

 

 

 

逆に言えば、軸足と右手の連動が

ない限り、鋭いリエントリーはで

きないということです。

 

 

ットバックを仕掛ける時にだけ

、連動させようと思っても、そう

簡単にはできないはずです。

 

 

 

 

それなので、正しい立ちかたで説

明している、右手を前に出して、

軸足に力を入れた形を作ってしま

うだけで、サーフィンがすべて変

わると申し上げています。

 

 

 

 

波に立った時の状態からその形を

つくることで、すべての技に素早

く反応できる形を作りあげるとい

うことです!

 

 

 

 

それを踏まえて、下の連射の軸足

と右手の連動の動きをじっくりみ

てください。

 

 

 

 

 

 

 


リエントリーの成功は回転スピー

ドを上げることです。

 

その、スピードを上げるためには

、軸足と右手を連動させることで

す。

 

そうすることで、軸足加重のまま

、板を垂直に上げていけることに

もつながっていきます。

 

 

 

なぜなら、サーフィンの技の中、

すべては軸足と右手の連動で上半

身を使い行うからです。

 

 

 

バックサイドも同じです。最初に

仕掛ける動きはすべて同じなので

す。。。

 

 

 

下の写真の連動している力の入れ

方を見抜いてください。

 

 

 

 


スーパーストイックシステムの

第二部ストイックコースでは、技

の突き詰めを徹底的にやり込んで

いただきます。

 

 

しかし、この軸足、右手の連動を

覚えていないと、絶対に鋭い技を

仕掛けるのは不可能です。

 

 

そこで、第一部ベーシックコース

ではこの連動させるために開発さ

れたプログラムを1つ、1つこな

していただきます。

 

 

 

そうすることで、連動をものにし

てしまえば、いきなり鋭いリッピ

ングやカットバックができるよう

になっていきます。

 

 

 

そういう意味で、最初は何をやっ

ているのか疑問に思っていても、

最後には必ず理解してくれるとお

もいます。

 

 

ベーシックコースに申し込まれた

方。

 

 

 

信じて、やりこんでくださいね!!