後足くびを使う練習方法

まだまだ続く軸足ジャンプのお話し!!

 

 

前回のブログでは

 

 

 

カットバックの後足の使い方につい

て書いてみましたが、 ■波のトッ

プへの上がり方 今日は一番適した

練習方法をご紹介してみましょう。

 

 

 

 

 

まずは!!

 

1Rサーフを想定してみてください

 

 

 

3時間としましょう。

 

 

 

 

 

リップした数と横へ行った数は比例

していますか??

 

 

 

 

 

上級者ではない限り、比例は不可能

だと思います。

 

 

 

 

 

そうするとですよ!!

 

 

 

 

 

レールを入れて横へ行く回数の方が

断然多いですよね??

 

 

 

 

アップスンをした回数ということ!

 

 

 

 

 

共感してください(笑)

 

 

 

 

そう考えられるのであれば!!

 

 

 

レールを入れて横へ行く回数が多い

なら、そこで後足の使い方を練習し

たほうが、効率が良いと思いません

か???

 

 

 

 

 

そう、思ってくれるのであれば!!

 

 

 

 

 

 

これから言うことを練習してくださ

い・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テイクオフから見ていきましょう!

素早く立ちあがり、横へ行く準備を

考えてください。

 

 

 

 

 

素早く立ちあがったら!!

 

 

 

上の写真の体勢からレールを入れ

て波のトップへあがりますね??

 

 

ここで、前回のブログでお話しし

た、後足首とヒザを使ってテール

をねじり込んでいきます。

 

 

■軸足ジャンプ!!

 

 

 

 

 

 

そうするとどうなるのか??

 

 

次の写真へいきましょう↓↓

斜め上に板が加速します・・・

 

 

 

 

上の写真の前足を見ると、レール

を入れている感じには見えません

よね?

 

 

 

 

前足でレールを入れた場合、身体

は必然的に波側へ向いてしまいま

すが、上の写真では正面を向いて

いますでしょ。

 

 

 

 

 

 

これが、リッピング同様の軸足ジ

ャンプとなります。

 

 

 

 

 

そして次!!

 

リッピング同様に波のトップで後

足首を内側に向けてねじり込んで

いきます。

 

 

 

 

ボードの角度が変わっていますね↑

 

 

後足首をねじり込んだ瞬間です。

 

 

 

 

そして、次。

波のトップでは、すでにボトム側

へ後足首をねじり込みます↑↑

 

 

 

身体が正面を向いているのに、板

だけ回転しているのはおかしいで

すよね??

 

 

 

これがボトムからRを描く軸足ジ

ャンプと同様に、波のトップから

ボトムに向けての足くびをRを描

くという技術!!!

 

 

 

 

これを練習してください!!!

 

 

 

 

これができるようになると、スピー

ドが大幅に変わります。。。

 

 

 

 

 

そして次は上級者向けの話し↓↓

ここで、両足で板を踏みこみます!

 

通常は前足意識で踏むことだとおも

いますが、後ろ足意識で踏み込むこ

とがとても重要!!!

 

 

 

、あくまでも後足くびは次への動き

の体勢を取る為に、波側へとねじり

込みながら踏み込むということ!!

 

 

 

前足はヒザを内側に向けながら、後

ろ足の踏み込みに合わせていくこと

 

 

 

これが、両足加重比率5:5の踏み込

みと言って、プロが練習する技術で

す。

 

 

 

上級者の方はここを練習です!!!

 

 

 

 

 

 

上の写真は

リッピングでの後足首の連動写真

ですが、このアップスンでも後足

の使うポイントはまったく同じで

はありませんか??

 

 

 

 

従って、リップを仕掛ける数より

も、横へいく数の方が多いならば

!!

 

 

 

 

常にこの練習を取り入た方が、後

足コントロールの乗り方を手に入

れられる確率が断然速いというこ

とです。

 

 

 

 

 

 

厳しく言えば、この動きができな

いのであれば、後足コントロール

のリッピングを習得できないとい

うことになります。

 

 

 

 

 

中級者の方のリッピングは波リッ

プへ乗り上げて前足で板を落とし

込んでいるのが非常に多いのが現

状です。

 

 

 

 

 

それでも成功したならば、嬉しい

かとは思いますが、上級者への道

のりは長くなります。

 

 

 

 

 

 

何度も何度も言いますが、このブ

ログは上級者向けの動きを書いて

いますので、本当に上級者を目指

すのであれば、アップスンの改善

練習から始めてみてはいかがでし

ょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

この基礎となる後足コントロールの実践編では、スーパーストイックシステムで練習しています。■スーパーストイックシステム募集

 

 

 

 

 

そして、スタジオトレーニングではサーフレボリューションで、レクチャーさせて頂いておりますので、基礎から固めたい方はお越しくださいませ。■サーフレボリューション募集

 

 

 

 

 

 

 


ということで、今日はリッピング

で軸足コントロールを練習する前

に、アップスンでの軸足コントロ

ールを練習した方が、100倍効

率的!!!

 

 

 

そんなお話しとなりましたが・・・

 

 

 

 

 

結局はですよ!!

 

 

テイクからこの立ち方を覚えなけ

れば、次につながらないというこ

とを理解したうえで・・・

 

 

 

 

テイクオフからの練習をしてくだ

さい。

 

 

 

 

今日使用した写真はJSライダーの

マイキーライト!!

 

 

■マイキー使用モデルのボードは?

 

 

 

 

 

 

 

 


HYFIの特徴

HYFIは驚くほどに軽いので、この後足コントロールの練習には、かなり助けになってくれます。

 

 

次のブログではこの、HYFIの魅力を作業工程含めて解説してみたいとおもいます。。。

 

■HYFIの魅力とは??