スピードを出す一連の流れ

今日はスピードを出す為の方法をまとめてみました!一連の流れ

です・・・

続き→

まずは何と言ってもテイクオフ

!!

 

波に押されるまま立つのではな

く、自分の力で初速を付けられ

る技術を学ぶこと。

 

これに尽きます!!

 

□ テイクは加速しながら立て

 

そして立ってからの基礎となる

ドの押さえ方を学び、軸足

コントロールでのレールワーク。

 

□効き足と効き手を連動させろ

 

ここをおろそかにするとスピード

波しだいとなり兼ねます。

 

 

そして、その動きをモノにしてこ

波のラン取りを覚え、ボトム

に降りれることも増えていけます。

 

アップスンを改善しろ

 

波のライン取りの作り方

 

 

そしてボトムに降りたならば

3秒静止しながら軸足ジャンプ!

 

3秒静止はリラックス

 

軸足ジャンプとは??

 

 

波のトップに上がりかけから

上半身をひねる速度を上げて

いく。

 

ジャンプしながらひねる

 

先を見るには首を使え!!

 

 

波のトップでは素早く板を引き

けて、最初の基礎となるボード

押さえ方で板を押さえ込んで

踏み込む!!

 

前足の使い方

 

加重を強化!!

 

 

こちらがサーフィンのスピード

を上る練習方法です。

 

そして最後となる

 

客観視で分析しろ!

 

 

 

今日はそのまとめたものを一連

の流を繋げてみましたのでイ

メトレしてみましょう。

 

 

 

これは必見ですよ!!!

 

 

スラッシュバックを強化する為の

説をしていきます。

①ボトムに降りたならば、軸足意

でリップを見て、リラックス体

作る。

 

両足で板を押さえ込んでいないと

肩に力が入りリラックス体勢を

取れません・・・

 

 

心の中でカウント:1を唱えるこ

!!

②後足首を倒し、

股関節を絞めつけながらボード

を両足でハサミ込むように押さ

えつける

 

 

 

これは鉄則!!

 

 

そして前の手のヒジをへその前に

ってくる形をとり、心の中でカ

ウント:2を唱える!!

 

 

右足と右手の連動!!

 

効き足と効き手を使う意識です。

③リップの崩れてくるタイミン

グを見計らいながら、前の手で

水面を掻き上げながら波のトッ

プへ上がる。

 

ボードとの軸がブレナイように板

寝かせたら身体も寝かせること。

 

テイクオフの立ち上がり方と同様に

板の寝かせた角度と90度を取るこ

とが大切!!

 

 

心の中でカウント:3を唱える!!

水を掻きあげながら軸足ジャンプ

 

両足で板を押さえ込んでいるから

そ踏み切れる技。

 

 

ここまでがボトムからトップへ上

るまでの動きとなります。

 

イメージできたでしょうか??

 

 

では次へいきます。

 

 

 

波のトップへ上がりきる前に

、首をスープ側に曲げていく

ようにすると上半身のひねり

の速度が上がっていく。

 

耳の位置を気にしろ!!

 

つまり。

 

ボトムでジャンプしながら後ろ

側のポケットを意識しろ!!

 

横走りの癖を治すにも非常に大

切なポイントですよ。

 

そしてさらにジャンプしながら足

を折りたたむこと!!

 

この意識がないと身体をひねるこ

ができませんので意識に落とし

込みましょう・・・

 

 

しっかりと頭に叩き込み、イメト

してくださいね。

 

 

次は波のトップからの回転です!!

 

 

 

トップに上がりきった時点で

は、すでにスープ側に上半身

が向いているからこそ、回転

できるものです。

 

そして足を折りたたんでいるか

らこそ重心も低くなります。

 

波のトップでは体軸が後側へ倒

し込むこと!!

 

速めの準備が必要!!

備えあれば憂いなし(笑)

 

視線は常に先へ!!

ここも耳の位置を確認しろ!!

 

この時の、波のトップへ上がり

きった時には、完全な軸足加重

に変わっていことが重要。

 

 

この加重移動はジャンプしなが

ら軸足を折りたたむのが練習方

法・・・

 

 

難易度は高いですよ。

ジャンプしながら足を折りたため

!!

 

 

やることたくさんあります(笑)

上の写真の前足に注目↑↑

 

軸足で回転すると、前足はかか

とで軽く押さえるように変わっ

ていくんですね。軸足加重9割

!!

 

 

だからこそ、上半身のリードがで

るようになっていきます。

 

前の手を伸ばしながら体のひねり

リードしてください。

 

 

ここはあくまでも、波のトップで

足加重に切り替えていないと不

可能な部分です。

 

 

ここを何度も何度も練習してくだ

いね!!

 

 

反復練習しなければ身体が理解で

ないもの!!

 

 

前足のレールが引っ掛かる場合は

今述べていることが出来ていな

いからですよ。。。

後はスープに向けて後の手を

上に上げることで板が真横へ

向いていくので、バックサイ

ドの肩の開きと同じ動きとな

ります。

 

効き足と効き手の誘導があるか

らこそ、後ろの肩を真上に引っ

張り上げるんです・・・

 

 

回転は

必ずスープまで戻る意識が重要

ポイントとなりますので、最初

はスープにつかまる気持ちで戻

ってください

 

板を振り切れ!!

 

 

そこを恐れていては一向に上達

せんよ!!

 

 

自分に負けないメンタルのみ!!

 

 

 

 

スープに当ててリエントリーし

たら両ヒザをくっつけるように

ボードを押さえ込むことで、さ

らに加速をかけていく!!

 

ボードの押さえ込み&踏み込み

ですね。

 

この動作はボードの基礎となる

押さえ方の話しですよ。

 

 

やはり基礎が大事ということです

。。。

 

 

ヒザをくっつけろーー!!

 

 

 

 

 

 


いかがでしょうか??

 

 

スーパーストイックシステム

ではこのやるべきことをすべ

てやっていただきます。

 

一個でもおろそかにしたら、そ

の先ができないようにプログラ

ムが繰り込まれています。

 

 

ここをやるか。やらないのか。。。

 

ただそれだけです!!

 

 

よくお客さまの声で

 

「ある程度は波に乗れるからリ

ッピグだけ覚えたい」そう言

われることが多々ありますが。。。

 

 

リッピングと言っても、どのレ

ベルのリッピングなのか??

 

 

そこを問われると、かなりの上

級者のようなリップをイメージ

します。

 

 

 

上級者は基礎が全部できていま

す。

 

そこをはずして上級者になれる

のでしょうか??

 

 

この意味を理解できる人のみが

辿りつける境地となります。

 

 

 

 

 

ということで・・・

 

 

今年のブログは最初から熱く語

ってしまいましたが・・・・

 

 

本気で上達を目指すということ

は、ストイックにやり込んでい

くというのがワタシなりの考え

であります。

 

 

中途半端なサーフィンでは、人間

も中途半端という厳しい考えで

あるがゆえに、いつも熱くなって

しまいます。。。

 

 

 

コレが良いのかどうかは分かりま

んが、上達すればするほどサー

フィンがどんどん楽しくなってい

くのは間違いありません・・・

 

 

 

頑張って上達を目指してくれると

しい限りです。

 

 

 

そんな本望で書いてみました。。。

 

 



 

 

 

 

 

JSオーダフェア開催します

期間f限定 20本限り

 

1月27日~2月末まで!!

 

 

厚いボードでは、浮力に甘んじ

た乗り方になり、ヒザを深く曲

げない動作が身に付いてしまい

ます。

 

 

ストイックにサーフィン上達を

考えている方はぜひともこのチ

ャンスにご相談ください★

 

60㎏前後の容積率は??