スケボー練習会

今日はスケボー練習会です!!みなさんの意気込みの迫力をを感じられた日でしたね!!

続き→

サーフィンでは「レールワーク」

という言葉をよく耳にするかと思

ますが、実際にはどのような動

きをもって言っているのでしょう

か・・・

 

 

まず、そこを考えてみましょう。

 

 

スピードを出すためには、波のフ

イスにレールを入れて加速をか

けていきます。

 

 

波のフェイスの張り具合によって

左右のレールを素早く切り返すこ

とでスピード調整を行っていきま

す。

 

この動作をレールワークと呼んで

いるんですね。。。

 

 

しかし、このレールの使い方が

常に難しいために四苦八苦してし

まうものです。

 

 

良い波に乗れない限り、このレール

ワークを練習したくてもなかなかで

きないこということが、サーフィン

難しさとなるものです。

 

 

そうであるのならば、どうやってレ

ールワークを練習すればいいのであ

ろうか・・・

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

スケボーを使ってレールワークの

練習していきます。

 

 

今日はその練習方法を少しご紹介し

てみましょう。

 

 

前回のブログでは、板を寝かせる角

度を45度を目安という話しをさせ

ていただきましたが、結局この意味

はレールをしっかりと入れていくた

めの手法となります。

 

上の写真のようにレールを食い込ま

せることで、ターンがズピーディー

へと変わっていく話しです。

 

 

その動きをスケボーを使って練習し

ていくことで、ものにできるスピー

ドをあげていけるんですね。 

 

板を45度に寝かせる為には、身体

45度に倒さなければいけません

 

 

レールを深く入れてボードが45度

に傾くなら、身体も45度に傾けな

ければ転んでしまいますよね??

 

 

当然のことかと思いますが・・・

 

この形を練習していきます。

 

 

 

なんだ。。。

45度に倒せばレールがしっかりと入

るんだ・・・

 

しかし、

この動作には、軸足で板を押さえつ

けながら体全体を倒し込んでいくの

で、かなりの練習が必要となる難易

度の高い技術となります。

 

 

 

自分の映像を何回も見ながら、理想

の形ができるまでひたすらやり込ん

でいきます。

そうしていくうちに、だんだん身体

が理解していきますので、実践での

動きがそのまま海で投影されていき

ます。

 

 

 

 

このようにスケボー練習でも、ただ、

なんとなく滑るよりも明確となる動

きを理解しながら練習することが大

切です。

 

大幅に上達スピードを上げていけま

す。

 

 

身体の軸を倒す練習はかなりの効果

を得られるので、みなさまもぜひト

ライしてください。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

的確な身体の動かし方を陸トレで作

り上げ、スケボーで練習していきま

す。

 

 

そして、その成果を実践で試してい

きながら、難易度が高いサーフィン

を突き詰めていきます。

 

 

 

上手くいかなかったところを何度も

何度も繰り返し練習していくことが

大切です。

 

 

この作業を、心から楽しみながらや

れた人は、必ず上級者へとかけのぼ

っていきます。

 

 

大好きなサーフィンだから、何をや

っても楽しいと思える方。。。

 

 

下半期スーパーストイックシステム

へお越しくださいませ。

 

 

 

お待しております。

 

 

募集期間は5月27日まで。