失敗は成功のもと!!

「波に乗らされるな!

波を作れ」

そんなお話しで非常に盛り上がりました…

続き→

サーフィンが難しい理由は、予測不

能に動いている波に合わせて乗らな

ければいけないからですね。

 

じゃ、その動いている波を利用しな

がら上手く乗れる方法ってあるのか

 

こんな会話で盛り上がりましたの

今日は哲学的な話しをしてみた

思います。

 

 

ケリーの名言では

「波は自分でつくるもの!!」

 

ん・・・

 

 

これは極めた人が言う言葉であって

、一般的にはなかなか通じない表現

ですね。

 

 

だけど・・・

 

 

上手く波に乗れた時って、たいがい

ブレイクのリズムとマッチする感覚

はあるものですよね。

 

 

それは、たまたまなのか・・・

 

こう考えてみるとどうでしょうか?

 

 

 「おーーーっ」

「奥、深いっすねーー」

 

 

大変盛り上がりました。。。

 

 

ブレイクをある程度予測できるよ

になるには、自分の観念で作

上げてきたものを破壊する必要が

ります。

 

 

心理学では

「破壊と再生」という表現を使い

すが、これは古いものを壊して

いかないと、新しいものが再生し

ないという考えです。

 

 

サーフィンに置き換えると・・・

 

いつも走っている波のフェイスで

いろいろなことを考えてみるこ

とがその破壊の始まりとなります

 

例えば・・・

 

こんな場所で技を仕掛けたらどう

るのか??

 

またはこんな場所で戻ってみたら

うなのか??

 

 

またまた、ここの場所でボトムに

りてみたらどうなるのか???

 

 

そんな好奇心でいろいろトライす

ことが大切です。。。

 

 

 

良くある話しですが。。。

張っている波に乗ってスピードを

げてボトムに降り、リップ目が

トップに上がろうとした瞬間

・・・

 

 

沖に向かうサーファーがそのライ

にバッチリ入ってきました。

 

 

 

慌ててそのサーファーをよける為

ボトムで直線気味にラインを変

えて、よけ切った時に波のリップ

を見上げると・・・

 

なんと!!

ドンピシャリ!!

 

いつもより鋭いリップを決めるこ

ができた。。。

 

 

逆にラインに入ってくれてありが

うーーー

 

こんな経験はありますか??

 

 

偶然の産物とはいえ、日頃からい

いろなライン取りを自分の意思

でトライしていくうちに、新たな

乗り方へと変わってけます。

 

 

これは常に向上心を持って波に

続けると、新発見を繰り返し、

やがては波を作れるようになって

いく。

 

「向上心。。。」

 

すなわちメンタル的なことに繋が

ます。

 

 

 

 

 

固定観念が強すぎても、弱すぎて

いけませんが「向上心」とはプ

ラスエネルギーなので強く持て

ば持つどにプラスとなって返っ

てきます。

 

 

自分が出したモノがそのまま帰っ

くるというのが自然の法則!!

 

 

転びたくないから無難に乗り繋ご

という考えではいつまでたって

も波操ることはできません。

 

 

波を自分で作り出せるようになる

は、向上心を常に持ちながら

トラし続けることが大切です。

 

 

「失敗を恐れ無かれ!」

 

やがては波に乗りながら、ブレイ

を呼びこめるように変わること

でしょう。。。。

 

 

 

>じゃ、その動いている波を利用

がら上手く乗れる方法ってあ

るのか?

 

 

 

要は基本となるテイクからしっか

とやれっていうことです(笑)

 

今日はターンの際、どこの部分ま

レールを入れたらいいのか??

 

そんなブログを書くつもりが全く

う話しとなってしまいました(笑)

 

上のジュリアンの写真では、ノー

付近までレールが入っています

ね。

 

この話は次回のブログで書いてみ

いと思いますのでお楽しみにね