テイクはひねりながら立つQ&A

たくさんのご質問いつもありがとうございます!


続き→

この寒い冬でもサーフィン練習に熱

い方達がたくさんのご質問をくれて

嬉しいです!!


がんばっていきましょうーー


ご質問回答です。




以前質問させてもらった滋賀県

のサーファーです。またまた質

問させてもらいます。

 

テイクオフなんですが、波に押

される、両手をつく、右足でデ

ッキを意識する、腕立て伏せの

態勢…

 

この先なんですが立ち上がる瞬

間腰は捻りながら立つのでしょ

うか?

 

 

上手い人は立ち上がった瞬間か

ら両足、体が横向いてるんです

が、自分はどうしても正面向い

て立ってしまいます。なにかし

らコツか意識の向け方ないで

ょうか?      40代男性

 

 

 

滋賀県サーファーさん。いつも

読んでくれてありがとうござい

ます。

 

テイクオフの立ち方は、波のブ

レイクの速さや波の大きさによ

って様々な立ち方があります。

 

トロ目の波は、まっすぐに立ち

ながらボトムに降りる感じで滑

っていきます。

 

逆に早いブレイクは波のフェイ

スに向かって斜めに立ち上がり

、アップスンをしていくような

連動で横向きに立ちあがります。

 

 

ご質問の

立ち上がる瞬間腰は

捻りながら立つのでしょうか?

 

 

波が切れていて最初からアップス

ンを仕掛けていくような時には必

要不可欠の動きとなります。

 

そこで今日は復習として、テイク

オフからアップスンまでの連動し

た動きを書いてみたいとおもいま

す。

 

 

 

まずは上の写真をご覧下さい。

波が盛り上がっていないのにパド

を漕ぎ出しています。

 

 

波の面が少しざわついていること

らオンショアのブレイクと判断

できます。

 

 

オンショアブレイクですと、風で

されてトップからダラダラと崩

れ出します。

 

 

その追い風を利用することで、早

にパドルを仕掛けてもうねりか

ら簡単に立つことができるんです。

 

 

こういう知識と技術を上げていく

とが、テイクオフをラクにでき

ることが含まれています。

 

 

そして、ボードが滑りだしたら、

のブレイクがどのように崩れる

のかを瞬時に判断していきます。

 

 

 

その判断技術に一番大切なことは

「目線」です!!

 

 

少し早めのブレイクであれば、手

付いてから、行きたい方向の5

m先を見ながら立ってください。

 

 

そうすることで、自然に体が横を

向く形で起き上がれます。

 

 

ご質問の内容から想像すると、ボ

ードが滑り出してから起き上がる

瞬間には下を見ながら立っている

のでは??そのように考えられま

す。

 

 

どうでしょうか??

 

 

まずは、行きたい方向の波のフェ

イスをしっかりと見ながら立って

みてください。

 

 

 

ここが、一番重要なポイントです!!

 

 

 

上の写真の状態から波のフ

ェイスを見ながら立つことで、自

と体をひねりながら立てるよう

になっていきます。

 

 

そして、そのひねりのスピードを

さらに上げて行く方法も書いてお

きます。

 

 

足を付いた軸足を使って、ボード

を横に向けるような感じで、足首

をひねり込んでいきます。

 

そしてその動きに連動させるよう

腰と左肩を波のフェイスに対し

て平行にもっていきます。

 

 

この動きを意識することで、素早

い体のひねりをものにできます。

 

 

 

まずは!5M先を見ながら立つ!!

 

 

そこから意識してみてください。

 

 

 

 

PS

前足のヒザは内側に入れられるよ

うになりましたか??

 

 

 

 

 

 

サーフィンはボードの上に立つこ

とで頭の中が真っ白になってしま

います。

 

 

しかし、波の状況などを視覚を使

うことでバランスを保とうとする

働きがおこっていきます。

 

 

必ず下を向かずに、広い視野で波

を見渡せるように意識してみてく

ださい。

 

 

そうすることで、だんだん余裕が

生まれ次なるステップに必ず行け

ます!!

 

 

一人でのサーフィン練習に限界を

じている方や、お互いに刺激を

受けながら楽しく練習できる仲間

が欲しいという方。

 

 

スーパーストイックシステムでお

待ちしております☆