ボトムターンの練習方法を伝授

もっとボトムに降りろ!そんな風に言われている方へ・・・

 

ボトムターンへの道1

 

 

若干、速めなコシ~ハラくらいの波を

気持ちよくアップスンで走っていたと

ことろ・・・

 

 

それを見ていた自分より上手い人が

 

 

 

 

「もっとボトムに降りなければだめだ

よ!」

 

 

 

そう、アドバイスをもらった経験はあ

りますでしょ??

 

 

 

 

 

 

 

この言葉はかなり耳にするかと思いま

す!!

 

 

 

 

 

 

では、実際にテイクからボトムに真っ

すぐ降りてみたところ、波が崩れてき

て終わり。

 

 

 

 

 

または失速してしまい上手くいかない

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

負のループに入り込んでいる方は必見

の内容となります。

 

 

 

 

 

 

では、さっそく行ってみましょう!!

 

 

アップスンでのボトムの降り方とは??

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、切れたムネ以上の良い波はテイ

クからボトムに降りやすいために、そ

の話しは今日はしません・・・

 

 

 

 

 

あくまでも、あなたが気持ちよく波を

走っていた時にボトムに降りろと言わ

れた波のシチュエーションです!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、腰から胸くらいのホレた波だ

ったのではないでしょうか???

 

 

 

 

 

 

そう、考えるとですよ!!!

 

 

 

そもそも、アップスンで走っている

中でボトムに降りる状況が出てこな

いから走ってるんですよね???

 

 

 

 

このポイントに気づき、きちんと教

えてくれる人がなかなかいません・・・

 

 

 

 

このブログの愛読者の方はすぐにピン

ときますよね??

 

 

 

 

 

 

 

アップスンでボトムに降りるシチュエ

ーションが出てこないのは、そのアッ

プスンのやり方に問題があるというこ

となんですね!!!

 

 

 

 

このポイントが非常に大切なお話しと

なります。

 

アップスンの途中で上の写真のような

ボトムターンをやろうとするならば、

この一個手前の動作がしっかりとでき

いなければ100%できません・・・

 

 

 

なぜなら、アップスンは波のフェイス

を走っているためにポケットよりも前

の場所にいるライン取りとなっている

からです。。。

 

 

 

 

少し難しい内容ですが、走りすぎ!!

イコール、ポケットのパワーゾーン

を行き過ぎているということです。

 

 

 

 

 

 

ここは皆さんも理解できますよね??

 

 

 

 

 

 

 

では、どうすれば走りすぎを治せるの

かって言う話しです!!!

 

 

 

上の写真でみるとわかりやすいとお

いますが、波から離れるというの

は、盛り上がっていない、「フラッ

ト」の場所まで降りていくというこ

とです。

 

 

 

これがライン取りの視点でいう、

トムターンをするシチュエーション

です。

 

 

 

 

 

そんなことは、分かってます!!

 

そう言われてしまいそうですが・・・

 

 

 

 

実は、実際の自分のライディング映

像を見てみると、かなり深いターン

をしていたつもりが・・・

 

 

1ミクロンも波から離れていない!!

 

 

 

 

これが中級者の現状なんです。。。

 

 

 

 

 

 

ここをしっかりと見つめることがで

きたなら!!!

 

 

 

 

 

これから言うことを 

受け止めて、練習に励みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップスンの走りすぎとは、波にへ

ばり付いている現象です。

 

 

 

 

そのへばり付きのラインを変えてい

かなければいけませんね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

その正しいアップスンが波の上下を

使ったライン!!

 

 

 

 

つまり波のトップからボトムへ向け

るレールの切り返しを覚えることで

す。

 

 

 

 

 

この動きがしっかりとできて初めて

ボトムにいつでも降りれる準備がで

きるようにかわっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

まずは、この波の上下を使ったアッ

プスンを覚えるべし!!!

 

 

 

 

 

この動きを突き詰めるとサーフィン

のきほん動作がすべて凝縮している

と言っても過言ではありません…

 

 

 

 

従って、この動きがしっかりとでき

ないのであれば・・・

上の写真のようなボトムターンは

一生できませんよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今日からボトムター

ンへの道シリーズを書いていきます

のでお楽しみに。。。

 

 

 

 

 

トピックス