両肩を回す方法

今日もスーパーマニアックの内容です。

 

 

本気の方限定内容となります・・・

前回のブログでは「両肩をデンデン

鼓のように回すことで腰が回転

して上半身をひねる動作の始まりと

書きましたが、今日はさらに突き詰

めた内容となります。

 

 

 

さっそく、いきますよ!!

 

 

 

 

まず、両肩を瞬時に回転させるには

、動いているボードに乗っているこ

ともあって、簡単そうで簡単ではあ

りません・・・

 

 

 

では。。。

 

 

どのような練習が効果的なのか??

 

 

 

ここを見つめていきましょう。

 

 

 

 

 

このHPの「正しい立ち方」でご紹

介している内容から振り返ってみま

す。

 

 

 

 

ニュートラル姿勢がすべて!!

上の写真は波に乗っている時の体勢

となりますが、ここが一番重要なと

ころ!!

 

 

両足でレールを入れている為に、ヒ

ザの向きは波のフェイス側を向き、

身体は進行方向正面を向いています

 

 

この動作を考えてみましょう!!

 

 

 

 

レールをフェイスに食い込ませた状

態で正面を向く形というのは、身体

がねじれている状態なんですね。

 

 

 

そして、効き手を前に出せば出すほ

どに、さらに身体がねじれるので、

後足に負荷がかかっていきます。

 

 

 

 

最後のとどめで、前足のヒザを内側

に締め付けることで、後足コントロ

ールの形を作ることができます。

 

 

 

 

この体勢をニュートラルとすること

で、どんな時でも後足コントロール

と上半身のリードが素早くできると

いう形となっているんですね。。。

 

 

 

 

つまり!!

 

この体勢を作り、ボトムから波の

トップへ上がると軸足ジャンプが

できるということにもつながって

いくんです・・・

 

 

身体が正面を向いているというこ

ととは、左肩も岸側を向いている

為に、即座に両肩を反転しやすい

状態をも作れます。

 

 

言いたいことが伝わりますか??

 

 

 

 

かなり奥が深い話しですよ!!

 

 

 

 

 

このニュートラル体勢をもう一度見

てみましょう↑↑

 

 

へそが正面を向いているということ

は、左肩も岸側に向いている体勢と

なります。

 

 

 

この基本体勢を常に作ることで!!

 

 

波のトップへ上がってから、両肩を

でんでん太鼓のように素早く回転さ

せることもできるようになり、さら

に軸足で板を押さえ込めることにも

つながっていきます。

 

 

 

 伝わりますか??

この意味を理解できるのであれば!

 

 

 

 

普段からの姿勢を、しっかりと見つ

めて練習することがとても大切です。

 

 

 

 

 

 

そして、海の中でもっとも遭遇でき

るシチュエーションがあります。

 

 

 

それは・・・

 

 

アップスンでの波のトップからボト

ムへ向ける体勢となります。

 

上の写真↑↑

 

 

 

 

ここを正しい立ち方の応用として

できるように練習することで、だ

んだん両肩も回せるようになり、

軸足意識の上半身のリードを完成

させていく、もっとも効果的な手

法となります。

 

 

 

 

 

 

今日は根本的な内容となりましたが

、すべては基本が大事ということが

伝わってくれたら嬉しいです・・・

 

 

 

 

 


正しい立ち方とは

常に正面を向く意識が基本動作の始まりとなります。

 

これも簡単なようですぐにはモノにはできません・・・

 

両足で板をハサミ込み、上半身を正面に向ける練習を常に心がけてくださいね!!

 

そして、身体の軸は真っすぐにすることが大切です。

 


サーフレボリューションではこの正しい立ち方を完璧にするトレーニングをしていきます。

 

 

これが、フォーム矯正ということになりますので

とても大切なコンテンツとなります。

 

上手くいかない方は、お越しください。