後足の使い方編

連日のブログではリッピングの話しとなっていますが、今日はさらに掘り下げた内容となります。

 

 

 

 

 

リッピングで一番大事な動きとはな

んでしょうか??

 

 

上半身のひねり方やライン取りな

ど、すべて重要となりますが、根

本的な部分で申し上げますと!!

 

 

 

やはり、後足の使い方がもっとも

重要となります。

 

 

 

根っこがしっかりしていないこと

には、大きな大木でも風が吹けば

倒れてしまいます。

 

 

 

 

ということで、今日は。。。

 

 

 

 

この後足くびの動かし方限定でお

話しするスーパーマニアックブロ

グとなります。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、本気の方は真剣に読ん

でくださいね。

 

 

 

いってみましょうーーー。

 

ボトムから波のトップへかけ登

るには、足首とひざのねじりが

必要です・・・

 

 

ここはもう、大丈夫ですね??

 

 

では!!

 

それだけの動きで板を返せるのか?

 

考えたことはありますか???

 

 

 

 

前回のブログでは

[着地まで後足コントロールを保っ

ている]とお伝えしましたよね??

 

 

 

そう、考えるとですよ!!

 

 

軸足ジャンプから着地までの間は後

足の使い方が常に生じているという

ことになりませんか???

 

 

 

 

それが、上の写真の後足の使い方と

なります。

 

 

 

 

 

軸足ジャンプで波のトップへ駆け登

りながら!!

 

 

 

さらに、板を左回転させるために、

「足首を内側へ倒し込む」ようにす

ることです!!!

 

 

テールを押さえながら波のトップへ

登りかけで、足首を内側に折ること

で板の回転をかけるということです

 

 

 

 

 意味わかりますか???

 

 

 

ボードを左回転させる為の軌道を

波のトップへ上がりながら足首で

作るということです。

 

 

 

その動きがあるからこそ!!!

 

 

リップでテールを押さえ込めるこ

とに繋がっていきます。

 

 

 

かなりマニアックで難しいかと思

いますが、伝わります??

 

 

 

 

ということはですよ!!!

 

今の一連の後足くびの動きに上半

身を合わせていくのが理想。

 

 

ということです・・・

 

 

 

 

後足加重のまま着地できる意味

を理解できましたでしょうか?

 

 

 

 

それでは、 さらにマニアックな図

を作ってみましたので見てみまし

ょう。

 

後ろ足首とヒザを使って板の軌道を

変えるピンポイントの場所となりま

す↓↓

Rになっている矢印が足首とひざ

を回すポイントです。

 

 

 

ボトムから波のトップへ向けて後足

首とヒザを上にねじり込むポイント

が①

 

 

 

波のトップでRを描くように左に足

首を回していくポイントが②

 

 

前足の指が浮いてますでしょ??

 

 

このねじりを使うと前足はささえて

いるだけの感覚となりますよ。

 

そして波のトップからボトムへ向け

るポイントが③

 

そして着地に向けて下に向ける

動きがポイント④

 

最後まで後足コントロールで着地

できるんですね。

 

 

 

上半身が起き上がっていることで

、後足加重があるというこです。

 

 

 

これで、後足首の使うポイントは

伝わりましたね??(笑)

 

 

 

ピンときた方は、今すぐ練習です!

 

 

 

なんとなく意味は分かるけども、

難しすぎる・・・

 

 

 

 

そう、思った方は次のブログで勉強

してください。

 

 

 

次回はこの練習の仕方について書い

てみますのでお楽しみにお待ちくだ

さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 


テールのフィーリング

常に後足でコントロールしていくために、この

テ―ル形状をとても大事にしています。体重に見合ったテールの幅。

 

 

 

そして、エッジの立てかた・・・

 

 

 

 


そして厚さなども調整します・・・

 

 

 

 

この三位一体が兼ね揃うと、思いもよらないボードの動きへと変わっていくんですね。

 

これがINISITカスタム。

 

 

 


JSオーダーフェア開催中

 

INSISTカスタム無料

 

期間限定 25本

※残り10本となります

 

 

このチャンスをお見逃しなく!!