左肩の使い方

毎日猛暑が続いています!!日射病には十分気を付けてください。

台風が連続

ですね。

今日は左肩の使い方について勉強し

てみましょう!!

 

 

かなりマニアックなお話しとなりま

す・・・

 

 

 

まず!!

今からお話しすることをしっかりと

頭でイメージできないことには今日

の本質を読み取ることができません

。。。

 

 

集中して読んでくださいませ。

 

 

それではいきますよーーー

 

 

 

サーフィンの上半身のひねる動き

とは??

 

 

腰の回転を使ってボードをコント

―ルしていきます!!

 

この前もお話ししましたね。

 

 

そして、

腰の回転を使うということは、両肩

を左右に回す動きが大切。

 

 

その両肩を回す為には、効き手の誘

導から始めること!!

 

 

このようにお伝えしていますが。。。

 

 

そして次に首の回転!!

 

 

そして最後に左手を使うことで両肩

を回せるというこです。

 

 

イメージできましたか??

 

 

 

ということで、今日は左肩の使い方

をみていきますので、しっかりと読

んでください。

 

 

波のトップアクションでの解説!!

ボトムターンでレールを深く入れる

ことは、身体の軸も一緒に倒してい

くとお伝えしましたね。

レールの入れ方

 

 

その体勢から波のトップへ上がって

いくのが理想です。

ターンから波のトップへ上がる為に

必要な上半身の動きとは??

 

ここを考えてみましょう!!

 

まずは右手で水面をかきあげるよう

に回すように使い、そして上の写真

のように左肩を内側へと入れていく

ことで板の軌道が真上に向かいます。

 

 

上の写真でも左肩が内側へと入って

いますね!!

 

つまり身体は上の写真のポケットへ

向いているということです。

 

 

中級者の方はここまではできている

のですが、今日の本題は次!

 

 

上の写真は軸足ジャンプの瞬間の体

勢です。

 

先ほどの左肩と比べてどうなってい

ますか??

 

ポケットへ向いていた体勢ではない

ですよね??

 

 

下の写真で見比べてみましょう↓↓

左肩はどうなっていますか??

 

 

内側に入っていたのが外側に少し開

いていますよね??

 

 

 

つまりですよ!!

 

波のトップに上がる為に内側に左肩

を入れたままの状態でリップへ向か

ってはNGということです。

 

 

左肩を入れたままの体勢では、右手

をいくら前に出しても波のトップで

は両肩が回っていないということに

なります。

 

 

だから、右手を意識しても波のトッ

プで転んでしまう原因となってしま

うんですね。。。

 

 

大丈夫ですか??

ついてきてくださいね。

 

 

 

となるとですよ・・・

 

ボトムで左肩を内側に入れたら、い

戻すのかっ??ていうお話し。

 

 

ここが今日の本質です。

 

 

いいですか!!

いきますよ!!

 

よく聞いてうださいね!!

 

 

その答えは。

 

「軸足ジャンプで踏み切ってヒザが

伸びた瞬間に左肩を戻すんです」

 

 

イメージは左に回転するように波の

トップへジャンプするような感じ

す。

 

 

要は身体をひねりながら波のトップ

へ上がれ!!

 

 

ということです。

 

 

この動きを覚えると右手を上げて

ても、左肩が回り、波のトップで

巻きこめる形を作りあげることが

できます。

 

ここを練習するんです!!

 

それが出来て初めて、この体勢を取

れるということです↑↑

 

 

 

 

いかがでしょうか・・・

今日は左肩だけに着目したお話しと

なりましたが、失敗する原因はここ

にあり!!

 

 

という大事な大事なお話しです。

 

 

 

ぜひ。効き手と同時に左肩を意識し

てみてください。。。

 

両肩を回す為の秘儀です!!

 

 

まだまだ続く・・・

 

 

今日はおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

JSオーダーフェア開催中!!

期間限定 20本限り

 

7月21日から8月26日まで!

このチャンスをお見逃しなく。