板の回転スピードを上げる方法②

雨が続いていますが、梅雨明けしたのになー

。梅雨明け宣言フライングかな

(笑)

久しぶりのサーフィン講座ブログに

なります・・・

 

 

かなり忙しくてなかなか書けずに申

し訳ございません。。。

 

 

ということで。

 

今日はバックサイドのブログを書い

てみましょう!!

 

 

 

「板が上がらない・・・」

 

「スプレーが出ない・・・」

 

 

そんな悩みを良く聞きますが、とっ

ておきのお話しをしてみたいと思い

ますのでイメージしながら読んでく

ださいね。

 

 

 

それではいってみましょう!!

 

 

 

 

 

まずは、ボトムの体勢から!!

 

板を真上に上げる為には、ボトム

から両手を使っていきます・・・

 

両手を使うまず最初の先行動作は

左手が重要!!

 

前に伸ばすようにすることで身体の

軸が後側へ倒れてレールが入ります。

 

 

その体勢を作るために左手を前に出

すことが最初の動作となります。

 

 

そして次は

右肩を真上に上げていきますよね??

 

 

ここで!!

 

左手を前に出しながらの反動がなけ

れば右肩は真上にはあがりません・・・

 

ここを陸トレでやってみてください。

 

 

真上に上げているつもり症候群にな

りうるポイントなので注意です。

 

 

 

 

つまり!!

 

 

両肩を回して波のトップへ上がる為に

は、左手を前に出しながらその反動を

使って右手を真上に上げること!!

 

 

イメージしてくださいね。

 

 

 

次に、軸足の使い方を連動させてい

かなければ、両肩を回すだけでは板

が上がりません・・・

 

 

ここで軸足首を使います!!

 

 

板が180度方向転換するようにテ

ールをねじり込むように回していき

ます。

 

 

この軸足の使い方と両肩の開きが連

して初めて板の軌道が縦になって

きます。

 

 

ここはスーパーストイックシステム

で重点的に練習していますので、何

度やっても上手くいかない方はお越

しください!!

そして!!

 

波のトップで軸足でテールを押さえ

込むことが求められます・・・

 

 

これは先ほど話した、ボトムから後

足首をねじり込む話しと同じことで

、波のトップでも後足首をねじり込

むような意識ができると板を押さえ

込むことができるようになります。

 

 

 

その体勢が取れて初めて、よく耳に

するかと思います「振り子の原理」

を使って、真上に上げた右肩をスー

プ側まで反転させていけます。

 

 

 

 

そして着地は上半身が伸びきらない

ように丸めていく為に、右手を前足

の上に置くように意識することです!

 

 

その体勢をつくることでスピードが

どんなについても重心を低く保て、

板は身体から離れなくなります。

 

 

後足の使い方と両肩を回す動きを連

動させることで、板を縦に上げてい

けるのが基本的な動作となります。

 

 

サーフィンは軸足意識の上半身のリ

ード!!

 

 

 

 

この一連の動きをイメージしてトラ

イしてくださいませ。

ワタシのスタンスはレギュラーです

が、なぜかグフィースタンスのお客

が非常に多い為に、グーフィバージ

ョンで書かせていただいています。

 

 

 

グーフィースタンスの方に参考にな

れば幸いです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最後のJSジャパンカスタム

オーダーフェア

ボトムから板を縦に上げる動作を覚

えたいのであれば、縦に上げやすい

ボードの反応が求められていきます。

 

 

JSジャパンモデルをINSISTSURFが

長年のテストで導き出したカスタム

で、さらに板の反応を高めたチュー

ニングを施していきます。

 

 

 

この機会にご相談くださいませ。

 

 

 

期間限定 20本 

 

7月21日から受付開始!!

 

 

 

※詳しいことはブログで発信してい

きます。

 

 

 

このチャンスをお見逃しなく★