バックサイドのエグリ方

今日は肌寒い気温で雨模様・・・

梅雨入りを感じさせる天候ですね

続き→

今日はバックサイドについてのお話

し。

 

バックサイドのリッピングと言って

も、厚い波とホレている波とでは、

板の返し方が微妙に違っていきます

が、今日は厚い波での返し方につい

て書いてみたいと思います。

 

 

ジュリアンの写真で勉強しましょう

!!まず、ボトムの体勢から↓↓

レールを深く入れてスピードを出す

為に、身体も後側へ倒すようにヒザ

を曲げていきます。

 

 

左手で水面を触るように意識すると

ヒザが深く曲がっていきますので、

ここまではリッピングとまったく同

じ体勢となります。

 

 

 

そして。ここからです↑↑

 

波のフェイスがホレてこない為に、板

の軌道を縦に持っていくことができま

せんので、ボードを斜め45度を目安

に波のリップへと向けていきます。

 

45度の角度はすべてに当てはまります。

上に向かうベクトルは45度が一番遠

く、速くなる角度だからですね。

 

 

そして

軸足ジャンプする前の踏み切りとして

右手と右足に力を入れながら体をひね

っていきます。

 

 

あくまでも「効き手と効き足」を使い

ますよ!!

 

 

そして軸足ジャンプで左レールを抜

いていきますが。。。

 

つまり水面に対して板がフラットにな

るよなイメージを持ちながら波のトッ

プへあがることが軸足ジャンプとなり

ます。 

 

そのまま後足で板を押さえ込みながら

左肩の誘導で上半身をスープ側に向け

ていきます。

 

 

 

波のトップに上がりながらスープ側に

意識をもって身体をひねること。

 

この意識がないと下の写真の体勢を取

ることができません・・・

波に登りながら、次への誘導場所に

意識を持っていなければ、波のトッ

プで上の写真の体勢を取ることがで

いません。

 

すでにスープ側を向いていますね↑

 

 

サーフィンは常に先を見ながら動い

ていくのが理想です。

 

 

それを考えると、ボトムの時点で波

が厚くなっていることを察知して、

スープまで戻るラインを頭の中でイ

メージすることが必要となります。

 

 

そして戻る場所は必ずスープ!!

 

この意識が重要です。

 

 

 

スープに突っ込むくらいの意識でち

ょうどよい感じとなります。

 

 

スープまで戻る理由に関しては何度

もお伝えしておりますが、ポケット

までしっかりと戻ることで次へのス

ピードが変わっていきます。 

 

コンペでは、ポケットから離れたラ

インでは「減点」となります。

 

 

この動作が波が厚くなった時の技。。。

 

 

 

つまり。エグッてスプレーを出す方

法とも言えます。

 

 

 

 

バックサイドではフロントサイドと

違って、板の返し場所を即座に見れ

るだけに、多少遅れてもリカバリー

ができます。

 

 

こう考えると、先が見にくいボトム

からトップへ上がる体勢を練習する

方が、上達スピードを上げる効率が

いいかと思います。。。

 

ボトムターンを練習するには、まず

は軸足ジャンプを覚える方が先決だ

と思います。

 

 

そのあたりを意識して練習してみて

くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストイックシステム募集中

スーパーストイックシステムでは、

板を縦に上げるための練習方法とし

て、ボトムからトップへ上がる細か

い動作を練習していきます。

 

 

板を縦に上げられない理由は、ボト

ムで前足に力が入ってしまい、レー

ルが抜く動作が遅れてしまうからで

す。

 

 

 

つまり、軸足ジャンプの正確な動き

を練習していくだけで、前足部分の

レールが引っ掛からなくなり、板が

縦へと上げられるようになってく確

実な練習方法となります。

 

 

何年もやっていて、伸び悩む方も多

いかと思います。

 

 

そんな方でもピンポイントの練習で

大幅に変わっていけますので、この

機会にお越しください。

 

 

 

スーパーストイックシステム後期

 

受け付は5月27日まで。

ーーーーーーーーーーーー

 

 

insist.surf2003@gmail.com