スピードを殺さない!!

桜がちらほら咲いてきました!!

 

春を満喫しましょう。

 

 

 

 

今日はスピードを殺さない為の

方法として、サーフィンとはま

ったく違う視点で考えてみまし

た。

 

 

 

リズム感はありますか??

 

いきなりこの質問をされたらどう

でしょうか。

 

 

 

YESと答えた方は、感覚で応えて

いるかと思われますが、理論的に

答えを言てみろと聞かれたらど

うでしょうか?

 

 

 

 

 

実はリズム感が良いというのは、科

的な定義がきちんとあるようです

・・・

 

 

例えば。

強く音を出すのはフォルテッシモ

く出すのがピアニッシモ。

 

 

なんか聞いたことありますね・・・

 

 

 

この音の強弱を表現できることでリ

ムも心地よくなったり、迫力がで

たりとなっていくものです。

 

 

つまり音のテンポを把握することで

の出し方が変わり、その動きに合

わせてリズムを取るのが重要となり

ます。 

 

 

では、この定義をサーフィンに当て

めてみるとどうなるのでしょうか

??

 

 

 

 

オフザリップでリズムを取ってみま

ょう!!

 

まず、リッピングは3拍子で行うこ

が一番上手くいきます。

 

 

ボトムから軸足ジャンプを1とカウ

トして、リップで身体をひねるの

が2とします。

 

そして

着地を3とした場合の3拍子のリズ

です。

 

 

軸足ジャンプはフォルテッシモ(強)

身体のひねりがピアニッシモ(弱)

 

そして、着地がフォルテッシモ(強)

 

 

このリズムでリッピングを行うこ

で、メリハリのあるキレの良い

動きとなります。

 

 

1 軸足ジャンプfff

2 上半身ひねりp

3 着地    fff

 

 

この3拍子の動きで攻めれば、

スピードを上げていくリズムと

なっていけます。

 

 

 

 

おもいっきり踏み切る!!fff

 

滑らかに身体をひねる!!p

 

両足で板を踏みこむ!!fff

 

 

つまりオフザリップを楽譜で例え

ると・・・

 

 

3拍子のfff→p→fff

となります(笑)

 

 


この3拍子でリズムをとりながら

ッピングの練習をすると、かな

り良い効果を得られます。

 

 

スーパーストイックシステムでは

言葉に出しながら自然と3拍子

のリズムを身体に覚えさせていき

ます。

 

リズム感とは、

何拍子でもリズムに合わせて身体

動かすことができるという感覚

です。

 

 

各、課題の動きを言語化していき、

の言葉を発しながら、身体にリズ

ムを刻んでいくことで技に切れを出

すという手法です。

 

 

 

サーフィンもこのリズム的な動きを

識していくことで、力の入れ具合

も変わっていくものです。

 

 

 

今日も、かなりのマニアックとなっ

てしまいました(笑)

 

 

 

 

 


ウェットオーダーフェア告知

2018年春・夏ウェットオーダー

フェアが3月28日からスタート致

します。

 

 

フルオーダー無料となるこのチャン

スをお見逃しなく!!

 

 

 

詳しいことはブログで発信していきま

すのでお楽しみに。。。