レールワークとは??

今週また雪の予想が出ています…

積もらなければよいですが。。。

続き→

今日はいつもと違う視点での話し!

 

サーフィンはボードのレールを水面

に入れてスピードを出していき、

レールの切り返えしによって方向転

していきます。

 

 

この動作を一般的に

「レールワーク」と呼んでいます。

 

 

そう考えてみると、どこの場所でレ

入れていけばスピードが付く

か??

 

 

またはどの場所でレールを切り返え

していけばいいのか??

 

 

このように考えると、違った視点か

技術を上げていけます。

 

 

 

 

ワタシはいつも具体的な身体の使い

方をブログで書かせて頂いておりま

すが、その動きだけに囚われてしま

うとつまずいてしまう方もいらっし

ゃいます。

 

 

なんのために首を使って先を見るの

か??

 

なんのために効き足と効き手を使う

のか??

 

 

この本質はすべてレールを深く入れ

たり、左右に切り返す為の動作だと

いうことが前提となっています!!

 

 

 

そこで

今日はレールワークだけに視点を当

てて勉強してみましょうーーー

 

 

 

まずは波のトップから5Mくらい先の

フェイスがどんな形をしているのかを

しっかりと読み取ることを覚えてくだ

さい!!

 

 

なぜなら

その場所に目がけてボトムからスピー

ドを付けていかなければいけません…

 

 

上の写真ではホールド体勢からボトム

にスピードを付ける為に、後足のテー

ル部分左エッジが食い込んでいます。

 

 

そのままの体勢からボトムに降りて

いき、そして前足も使って左レール

を深く入れていきます。

 

 

正面からフィンが見えれば見えるほ

どにレールを深く入れている証拠と

なるので、全体重を使って左レール

をフェイスに食い込ませましょう!!

 

 

この動きがよく使われるドライブを

かけるという動作です。

 

 

レールを深く長く入れていくことが

トップへ上がるスピードへと繋がっ

ていきます。

 

 

そのターンの勢いを持って波のトッ

プへと上がりますが・・・

 

しかし!!

 

ここで難関が待っています・・・

 

左レールをフルに入れたままトップ

へ上がると波の裏側へプルアウトし

てしまいます。 

 

 

って、

波のトップへ上がる中腹で左レール

から右レールに切り返していきます。

 

 

この切り返し方が非常に難易度があ

る為に、いかに素早くレールを切り

返す為にはどうすれば良いのか??

 

 

ここを深く考えていくと、かなり良

いヒントになるかと思います。

 

 

ストイックシステムではこのレール

の切り返しをとことん突き詰めてい

きます!!

 

 

軸足ジャンプからの足を折りたたみ

身体を倒すようにレールを切り返し

ていくのが理想です。

 

 

上の写真では、波のトップに上った

時点で、すでに左から右レールに完

全に切り変わっていますね↑↑

 

 

ということは

回転しながら右レールを入れていく

意識を持つと、身体の動かし方も理

解していくのではないでしょうか?

 

このポイントがレールワークで一番

難易度が高いレールの切り返しです。

 

 

 

 

このポイントをひたすら練習するこ

とで滑らかなレールワークへと変わ

っていきます。

 

レールを切り返した後、今度は左レ

ールをフルに入れる為、体を進行方

向へと寝かせていきます。

 

 

肩を反転させる意識で上半身をリー

ドさせていくのが秘決。。。

 

 

その為に必要なこととは・・・

 

 

効き手の誘導からのようこそ??

 

これをやればできますーーー

 

 

左から右レールに切り返す大事なポ

イントです!

 

 

 

そしてスープに上がりながら、今度

は右から左レールへと切り返してい

きます。

 

そのレールを切り返すポイントをし

っかりと把握するのはとても難しい

かと思いますが、波のブレイクに合

わせながら、切り返しポイントを探

ってください。

 

ストイックシステムでは自分の映像

を見ながら、ピンポイントでレール

を切り返す場所を勉強していきます。

 

 

 

そして最後に

スープに当てた時点では左レールに

切り替わっていますね・・・

 

 

今日は、身体の動きというよりも、

そもそもレールの切り返しとは??

 

この視点で解説してみましたが、い

かがでしょうか??

 

レールワーク!

左右の切り返し!

 

この技術でスピードがすべて変わっ

ていきます。

 

 

前足に囚われて乗っていては、この

左右のレールの切り返しができない

ということも理解していただければ

幸いです・・・

 

 

 

 

JSオーダーフェア開催

このレールの切り返しを素早くする

為のボードも大事な要素となります。

 

 

レールが厚すぎたり、ボードの幅が

あり過ぎても難しくなる一方です。

 

 

このあたりも深く見つめながらボー

ド選びも考えてくださいませ。

 

 

期間限定 20本限り

 

このチャンスをお見逃しなく★

HYFI MONSTA'8も受付中です!!

ウェット通販サイト