サーフィンの感性を磨く

今日はサーフィン感性を研ぎ澄ませる為に、あらゆる角度から客観的視野を磨く方法です続き→

今日もマニアックなブログを書いて

みましょう!!

 

 

サーフィン上達に欠かせないのが客

観視・・・

 

自分がどのような動きで波に乗って

いるのかを知らなければ、単なる裸

の王様となってしまいます。

 

 

自分の動きを映像で見てはじめて、

波に乗っている時にの様子を知るこ

とができます。

 

例えば

 

「左手がバタバタ動いているな。」

 

とか、

 

「お尻が出ているなーー。」

 

など。

自分の変なクセを気づけるように変

わっていきます。

 

 

ここまで意識するサーファーは、な

なか少ないですが、裸の王様は本

に恥ずかしいものなので改善を心

がけて欲しいものです。

 

 

今日は海の中から見た写真を使って

フォームを見ていきましょう!!

波が厚くなってポケットに戻るトッ

プターンを見ていきます。

 

上のようなシチュエーションはよく

ありますよね。

 

この時に、波のトップ(ハイライン)

で回っていない方が非常に多いです!

 

波の中腹から回転を仕掛けている方

を良く見かけます。

波の裏側からノーズが見えるくらい

が理想です。

 

自分は

波の中腹で回っていないかをよく観

察していきましょう。 

 

そして次にもっとも多いのが、戻る

場所となります。

 

一般の方はボトム側にノーズが向く

とすぐに板を戻してしまいがちです

 

波につかまってしまう恐れからくる

衝動です。

それを改善するには

後ろ側に存在しているポケットをし

っかりと「見る!!」ことが重要で

す。

 

 

ポケットを見ると、その場所まで板

を返そうと後の手(肩)をスープ側に

開く動きへと変わります。

 

 

板がスープ側をしっかりと向いてい

ますね。

 

この動作がとても大事です。

 

 

肩を後ろ側に引っ張り上げるように

必ずやってください。

 

 

板が方向転換したらすぐに戻しては

NGということです!!

 

そうすることで、ポケットからのリ

エントリ―は次へのスピードも変わ

っていけます。

 

そして、連日お伝えしているボード

の押さえ込み&踏み込みをする為の

ヒザの折り方を意識していくことで

どんどんスピードを上げていけるよ

うに変わります。

 

 

 

今日は客観視をする為に、自分がど

のように波に乗っているのかを想像

していくことが狙いです。

 

 

 

そして

もし、自分の映像を見ることができ

たならば、想像と現実の違いを知り

、どんどん改善していければ上達は

加速します。

 

 

なかなか自分の映像を見ることは難

しいですが、身内や友達に頼み込ん

でみてはどうでしょうか・・・

 

 

客観視あっての上達です。。。

 

 

 

 

下の映像は勉強になるので見てくだ

さいね↓↓

 

 

 

 

JSオーダフェアがまもなく開催します

期間限定 20本限り!!

 

1月27日から受付開始となります

 

 

★このチャンスをお見逃しなく★

ウェット通販サイト