今日の練習会

今日は冬が舞い戻ったかのような寒さでした

ね。。。

手がちぎれそうでした

続き→

 

最近の天気は春を感じさせるような

暖かさがありましたが、今日はうっ

て変わって冬に舞い戻り風が冷たく

て厳しい天気でした・・・

 

 

それでは早速、波状況をお伝えしま

す!!

 

今日の天候はくもり

風は強いオンショア・・・

 

波のサイズはハラ前後。

沖からだらだらと崩れるブレイク

ですが、形の良い波を選んで1ア

クション程度は入れられました。

 

 

湘南貪欲チームではこのコンデシ

ョンはかなりの高感触。

 

波があるだけでバンバンざい!!

 

 

 

なんのためらいもなく、そっこう着

替えて練習開始!!

 

今日はバックサイドの板の返し方を

書いてみましょう。。。

 

 

まずは、板を縦に上げてからの話し

となります。

上の写真の状況をじっくり見てみま

しょう。

 

この状態からどのように板を返すの

かイメージしてみてください。

 

前足を使って板をボトムに踏み込む

ように返しますか???

 

 

それだけの意識ではNGとなります。

 

 

なぜなら・・・

サーフィンの基本定義は??

 

 

「軸足意識で上半身のリード!!」

 

 

日頃、何万回もお伝えしていますよ

ね。。。

 

 

「足だけではNG!!」

これも2000回目ですね。

 

 

前足意識だけで板を返すと、波のト

ップで後足を蹴ってリップをえぐれ

なくなってしまいます。

 

すなわち、スプレーも上がらないと

いうことです。

 

 

では、どのように返すのが正しいの

か??

 

 

 

前足は折りたたんだまま、軸足で板

を押さえて「左手をスープ側まで」

ひねることが先決です!!

 

 

この動作をおこなうことによって、

軸足意識の上半身のリードの定義に

当てはまります。。。

 

 

そして、左手を引っ張ることで後足

でテールを蹴り込みながら前足で板

を踏みこむ形が正解となります。

 

 

 

 

そして!!

最後の締めの重要アドバイス!!

 

 

 

 

左手をスープ側に引っ張り上げた後、

前足の前に置いてください。

上の写真のように左手を前足の前に

置くことで、テールを蹴ってフィン

が抜けてもその体勢をホールドでき

るようになります。

 

 

ーフィスタンスの人は右手ですね。

 

このような体勢を常に意識しながら

板を返す練習をすると、重心も低く

なりボトムに降りるスピードも上が

っていきます。

 

 

板に触れないとしても、触ろうとい

う気持が、板の振り幅が大きくなり

スプレーの量も上げていけます。

 

 

 

前足だけで板を返す場合とはまった

く異なっています。

 

 

 

 

今日はそんな意識を持って、みなさ

んしっかりと練習できたかと思いま

す。

 

 

 

本日は寒い中、大変お疲れ様でした

!!

 

 

 

 

 

 

JSオーダーフェア終了となりました。

 

たくさんの方が今のボードよりもか

なり攻めたモノをオーダーしていた

だきました。

 

 

大変嬉しく思っております。

 

誠にありがとうございました

 

 

5月下旬の納期を目安に楽しみにお

待ち願います・・・

 

 

次回のJSオーダフェア―は8月とな

ります。

 

 

その際はブログで情報発信していき

ますので、そちらもお楽しみにして

くださいね!!

 

左手をおもいっきり振りきった練習

をして待っててくださいませーーー

 

 

この度は、大反響いただきまして、

本当にありがとうございました<(_ _)>

 

 

INSIST SURF STAFF一同