テイクの恐怖心を克服

テイクオフの

スピードをあげるためには

どうしたらよいのでしょうか??

続き→

大きい波に乗ろうとテイクする時、

誰でも恐怖心に包まれます。

 

 

人によってその波の大きさは様々

となりますが、ムネくらいのサイズ

であっても、巻いていたら怖いとい

う方も結構いらっしゃいます。

 

 

では、どのように克服していけばよ

いのでしょうか・・・

 

 

そんな質問をよく頂きます。

 

 

 

ただ、やり込むしかない!!

 

 

この方法が一番だと思います。

 

 

 

 

 

 

まずは、パドル力が絶対に必要不

可欠です。

 

 

 

沖に出れるスピードと、波に乗る

時のパドルのスピードは完全に比

例しています。

 

 

 

 

パドルが遅いとテイクのこぎ出し

の加速が遅い為に、速く立てずに

波が巻いてしまいます。

 

 

そうすると胸くらいのサイズでも

下を見た時に空洞になってしまっ

たら、恐怖を感じるということに

繋がっていきます。

 

 

 

また、沖に出ようとパドルをして

も、なかなか出れない状態が続い

てしまうと自然に恐怖心を抱いて

しまうものです。

 

 

 

 

そう考えるとやはりパドル力とテ

イクオフのスピードはリンクして

いることが分かるかと思います。

 

 

 

 

 

頭以上の波でも、パドル力があれ

ばうねりから立てるスピードをつ

けられるようにり、余程レイトに

ならない限り恐怖心は薄れるもの

です。

 

 

 

やはりパドル力を上げていけば、

すべて変わってくるということに

気づき、やり込むべきだと考えま

す。

 

 

 

 

では、パドル力をあげていく為に

良い方法はあるのでしょうか??

 

 

 

 

 

答えは。。。

 

 

ありません!!

 

 

 

そこがサーフィンが難しいとされる

一番きつい部分です。

 

 

ラクしてパドル力をあげようと考え

ても100%不可能です。

 

 

日頃の積み重ねの「努力」が必要に

なっていきます。

 

 

ハマっても、頑張り続ける気持ち。

流れに負けないポジションキープ。

 

 

このようなことを常に取り入れて

いかないことにはパドル力は何年

たっても付く余地はありません。

 

 

そしてさらに

フィジカル的な筋トレや水泳など

もやることで強化していけます。

 

 

 

 テイクオフの技術を上げていくこ

ととは、結局パドル力がないと上級

者のようなテイクオフができない

ということになります。

 

 

 

サーフィンは、ここが一番大変で厳

しい部分です。

 

 

スーパーストイックシステムでは、

あらゆる細かい技術を教えていきま

すが、このパドル力に関してはやる

しかないと考えております。

 

 

 

 

ここをやらなければ、サーフィン上

達は不可能と言い切れます。

 

 

 

この一番つらい部分と向き合い、一

生けん命頑張ることが次のレベルへ

と進んで行けるのです。

 

 

 

 

パドル力をつけるには、努力・忍耐

根性。

 

 

理論よりも体力とメンタルです。

 

 

 

 

この意識を持たないと先は長くなり

そうですね。。。

 

 

 

 

テイクオフが速い人はパドルのス

ピードも速いということです。

 

 

ここを念頭に置いて普段のパドル

を頑張れるのか??

 

 

ただ、それだけかと思います。

 

頑張れば必ず結が果ついてくるもの

です。

 

 

自分に負けないように頑張っていき

きましょう!!