ヒザが付く原因・・・

お待たせしました!!久しぶりにテイクオフについて書いてみようと思います

続き→

質問回答です!!

 

 

 

 

こんにちは。
いつもブログを見させていただい

て勉強しています。

去年の夏から毎週末、海に入って

いるのですがテイクオフが未だに

安定しません。

使用しているのは6.3の浮力強め

のショートボードです。

1年以上も進歩がないので何が悪

いのかご相談したくメールさせて

いただきました。

長文なのですがお手すきの際にア

ドバイスいただけたら嬉しいです

 

 

【後ろ足が膝立ち】

 

立ち上がろうとした時に多いのがこ

れです。

左足(前足)は出ていて足の裏がつ

いているのですが、後ろ足が膝立ち

(というか腕のプッシュアップの状

態から後ろ足が動かせない)

これで前足もうまく出なかった場合、
正座になったりします。

 

 

【前足を入れるのが窮屈】


腕を板についたまま、前足を持って

くるのが窮屈で、前足を持ってこよ

うとするとプッシュアップした左腕

が邪魔で足を出し切れないまま終了

します。

腕を伸ばしたプッシュアップのとこ

ろで両腕と膝の少し上(下もも?)

あたりが板についている感じなので

すが、そこから足が板から動かせな

くなります。

 

ここから前足だけを無理やり出すと、

上に書いたような「後ろ足が膝立ち」

になってしまいます…

ロングだと、つま先がつく状態から

始められるので腕と後ろ足のつま先

を支点にして前足を出せる気がする

のですが、ショートだとパドルの時

点ではつま先が板から出ているので、
どうしたらそこから板に後ろ足が乗

せられるのがわかりません。

何かアドバイスいただけることがあ

れば教えてください。女性Nさま

 

 

 

 

 

 

Nさま。

いつも読んでくださり誠にありがと

うございます☆

 

 

 

テイクオフの時に上手く立てないと

のことですね。

 

 

それではさっそく回答してみます!

 

 

 

>左足(前足)は出ていて足の裏が

いているのですが、後ろ足が膝立

 

 

 

まず、後ろ足のヒザがついてしまう

最大の原因があります。

 

 

それは

 

レールをつかんでいるかと思われま

す。

 

 

ボードが滑り出してからレールをつ

かんでしまうと、板がスッーと加速

した瞬間にすぐに立てなくなってし

まいます。

 

 

なぜならボードと体が一緒にボトム

まで降りてしまいますので、立つタ

イミングが大幅に遅れてしまいます

 

さらに、ヒジが突っ張っているので

背中が丸まった状態になり必然的に

前足ばかりに気をとられてしまい、

後ろ足を出すのが遅れてしまいます。

 

 

結果、レールをつかんでしまうと後

ろ足のヒザを付いてしまうという現

象が起きます。

 

 

 

まずは、レールをつかまないこと!!

これがヒザ付きの改善方法です。

 

テイクの手の付き方はこちらのブログ

で勉強してください。

 

 

テイクの手の付き方

 

 

 

 

>腕を板についたまま、前足を持っ

くるのが窮屈で、前足を持ってこ

うとするとプッシュアップした左

が邪魔で足を出し切れないまま終

します。

 

 

 

 

次に前足が左腕に当たってしまうと

のことですが、これもレールをつか

んでしまうとこのような原因を作っ

てしまいますが。

 

 

もし、レールはつかんでいない!!

 

そのような場合の改善方法考えてみ

ました。

 

 

 

普通に考えますと前足が左手に当た

るということは、手の付く位置に問

題がありそうですね。。。

 

 

胸の真横に手を付いていますか??

 

 

胸より若干後ろについている可能性

があります。

 

 

もしそうであれば、いつもより爪一

個分前に手を付く意識に改善してく

ださい。

 

 

 

そして次に

 

>前足だけを無理やり出すと…

 

 

前足に気を取られている状態では下

の項目に当てはまります。

 

 

①レールをつかんでいるため下を向

いている為に前足に気を取られる

 

②または、下を向きながら立とうと

することで前足に気を取られる

 

 

このどちらかが当てはまっている可

能性が非常に強いです。

 

 

 

 

>ロングだと、つま先がつく状態か

始められるので腕と後ろ足のつま

を支点にして前足を出せる気がす

のですが・・・

こちらの文章での見解ですと右足の

つま先から立つくせがついてしまっ

てるようです。

 

 

 

これは、ボードが滑り出してから緩

いスロープを滑り落ちながら立つと

いうロングならではの立ち方だと思

います。

 

 

ショートでは、そのような立ち方で

は上手くいきません・・・

 

 

 

 

従って右足のつま先を付いて立つイ

メージを捨てて、「かかと」から立

つイメージに変えてください。

 

 

それでは下の連写でこれまでの復習

を兼ねてみましょう!!

 

 

 

 

連写を見ながら読んでください!

 

ボードが滑り出したら

 

①先を見る(2M先から)

②胸の横に手を置く

 (レールをつかんではNG)

③右足のヒザを外側に向けるように

 かかとから立つ

④前足が付いてから手を離す

 

 

 

まずは上の①~④ができているのか

を確認してみてください!!

 

必ずどこか抜けているポイントがあ

るかとおもいます。

 

 

この具体的なやり方も存在しており

ますが、ストイックの練習内容なの

で、そこはご考慮願います

 

 

 

 

そしてもう一つ、上手く立てない原

因が存在しています。

 

 

それは何かと言いますと

 

 

ボードの後ろ側に重心を取った、パ

ルの仕方に問題があります。

 

 

この重心でテイクオフをしようとす

ると、ボードが滑っているのにも関

わらず立てないという現象を引き起

こします。

 

 

 

ボードが滑っているのに立てない??

 

 

おかしいですよね。。。

 

 

これはすべて重心点の問題です。

つまり後ろに乗っているということ

なんです!

 

通常の重心点より5センチくらい後

ろに乗っただけでこの現象が起こり

ます。

 

 

 

 

 

この改善点の初めの一歩として

 

 

胸を少し浮かせてパドルをやること

を始めてください。

 

 

 

 

重心が5センチ後ろに乗っていて胸

を浮かせるとパドルがやりづらくな

り、もう少し前に乗るように変わっ

ていきます。

 

 

 

 

 

 

上の写真のように乳首が少し浮くよ

うな形をとってパドルをしてくださ

い!!

 

 

このような状態を取るのは正直つら

いです・・・

 

常に背筋や腹筋に力を入れる体勢な

のでとても疲れます。

 

 

 

しかし、やるしか上達の道はありま

せん!!

 

 

 

最初は無理しない程度にゆっくりと

自分のペースでトライしてください。

 

 

 

だんだんと体が慣れてくるまでやり

続けることでパドル力、テイクのス

ピードがすべて強化されていきます。

 

 

 

テイクオフで悩んでいるほとんどの

方は、パドルの仕方に問題がありま

す。

 

テクニック講座でも書いてあります

が、「へそ」重心をとることを目標

に、ひたすらやり続けることがとて

も重要だと感じます・・・

 

 

 

足を閉じてしっかりパドルの練習を

してくださいませ☆彡

 

 

 

Nさん。

 

またの結果報告をお待ちしております

 

頑張ってくださいね(^^)/