チューブの入り方

誰でもチューブライディングを夢見ることだとおもいます。続き→

みなさんの中で、チューブと聞いたら

どのようなイメージをするのでしょう

か??


ハワイのような大きい波でのチューブ

ライド!そんなイメージをする人も多

いいかとおもいます。



しかし、チューブに入れる波はどのビ

ーチでも常に存在しているんです!



そんなの見たことないよ!!



そう思われている人もいるかとおもい

ますが、実は確実にあります。



しかも、腰くらいの小さな波でもチュ

ーブをメイクすることが可能なんです。



今日はそのお話をしてみたいとおもい

ます。









中級者の方でよく見る光景ですが、

ューブとは、波のフェイスを横

に走りながら、崩れてくるダンパ

ー気味のリップに突っ込むような

イメージがある人が多いいとおも

います。

 

 

しかし、そのようなイメージだと

、チューブの中を、ほんの数秒間

楽しむだけで、メイクはできない

ことが前提な乗り方になってしま

います。

 

そのようなのイメージですと、極

端にチューブの波に遭遇する確立

が落ちてしまい、なかなか練習す

ることも少なくなってしまいます。

 

 

 

そこで、今日は正しいライン取り

することで、簡単にチューブの

波に遭遇できることを解説してみ

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


波のポケットを常に見ろ!

 

 

 

 

 

まず、チューブの話は一旦置いて

おきましょう。

 

アップスンでスピードをつけられ

るようになると、波が張っている

だけ横に加速をかけて走り抜けて

いきます。 

 

その乗り方では、どこでオフザリ

ップをしかけるのでしょうか??

 

 

横に加速をかけながら、グッドタ

イミングで波が崩れてくる場所で

当てにいくのでしょうか??

 

 

まず、そのような波はほとんど無

いに等しいと言えます。

 

 

なぜなら、オフザリップとは波の

ポケット(切れ目)に目掛けて行う

ものです。

 

気持ちよく波のフェイスを走って

しまうと、乗っている後ろ側にポ

ケットは存在しています。

 

そのことに気がついていないので

はないでしょうか??

 

ということで、ポケットを意識す

る乗り方に変えていかなければい

けなことになります。

 

 

 

 

 

 

上の連写の合わせ方を見てみます

と、ボトムから合わせににいって

います。

 

巻いてこなければオフザリップを

掛けられると解釈してください。

 

 

つまり、小さい波でもポケットを

識したライン取りをすることで、

いてくる波に合わせてリッピン

グでもチューブでも臨機応変に対

応できるということにつながてい

きます。

 

 

 

 

 

 

 

オフザリップを練習したければ、

ボトムにしっかり降りる練習から

始めなければなりません。

 

 

そこは、みなさん聴き慣れている

言葉でしょう。

 

 

しかし、いきなりボトムに降りた

ところで、波に捕まってしまいど

うしたらいいのかわからない人も

たくさんいるかとおもいます。

 

 

スーパーストイックシステムのベ

ーシックコースでは、アップスン

のやりかたを改善していくうちに

自然とボトムに降りるラインを作

り上げていきます。

 

 

そうすることで、いきなりチュー

ブに入れることも実現可能です。

 

 

今日はO様のチューブへの熱いお

もいが伝わってきたので、書いて

みました。

 

 

 

チューブを狙える波とは、上の連

写のように常に存在しています。

 

 

下のような波を求めるなら、海外

へ行ってください(笑)