テイクは右足からQ&A

テイクオフを

強化することで本当にいろいろ変わっていけます。今日もテイクのお話です!

続き→

ご質問回答です☆


こんにちわ!いつもブログ楽しみにし

ています。今回初めて質問したいこと

がありまして、メールさせていただき

ましたm(_ _)m


このブログのテイクオフシリーズで読

んだ「テイクは右足から」と書かれて

いますが、実際に右足から立つと前足

に加重がかからず失速してしまいます

。厚い波などは立った時に前足に加重

をかけると本で読みましたが、よく分

からずに迷っております。

          30代男性G様





G様、いつも読んでくれてありがとう

ございます。このご質問はスクールで

も、みなさん手こずっています(笑)


「前足で踏まないとボードが落ちてい

かないんですけど・・・」


まーぁ、よく言われます。


ここで、なぜ右足から立たなくてはい

けないのか?

今日はこの理論を説明させていただき

ますね!!







サーフィンはすべて軸足でボードを

コントロールします。

 

これをまず、理解してください!!

どんな時でも軸足に力を入れてボード

コントロールしていきます。

 

厚い波でパンピングするときでも、軸

足を使います。

 

スーパーストイックでも、前足に加重

かけたいのなら、軸足の使い込むや

り方を徹底的に練習して、正しい前足

加重の乗せ方を覚えていただきます。

 

つまり、前足加重を強化したいのなら

、軸足の使い方を覚えなければいけま

 

 

 

 

 

ここで写真を見てみましょう!!

「正しい立ち方」でも紹介していますが

、テイクオフの立った時の体勢です。

 

これがなぜ正しいのか?説明しますので

理論を意識に落とし込んでください。

 

Gさんはテイクして立った後の動きはど

のように動きますか??

 

波しだいだとは思いますが、例えばアッ

プスンを仕掛けるとしましょう。

 

本来上級者では、テイクオフして立ち上

がるのと同時軸足を使って波のフェイ

レールを入れて加速させます。

 

立ち上がるのと同時です。

 

立ってからレールを入れようとする動き

とでは1秒以上の差が出てしまいます。

この意味を理解できますでしょうか??

 

立ちながらスピードをつけようとする動

きです。

 

 

その動きを連動させる為にも、テイクオ

フは右足から立たなくてはいけません。

そして、今回のご質問は、右足意識で

立つと前足に体重が乗らないというこ

とですよね??


そこで、「正しい立ち方」をしていき

ましょう!!ということなんです。


上のパーコのヒザに注目してください。

前のヒザと後ろのヒザがつきそうです。


これがヒザを「八の字」の形にしましょ

う!とお伝えしています。


この態勢をつくることで、軸足に力を入

れてるのに、前足に加重がかかっている

乗り方になっていくんです。


つまり、ただ右足に力を入れてボードに

立っても上手くできないのは、このヒザ

の形を作れていないからなのです。



この形を作るための最初の一歩として、

右足から立つ練習をしてください!

そう、なげかけています。


今回はこんな回答になりましたが、伝わ

りましたでしょうか??







スーパーストイックでは結局、上のパ

ーコのようなリッピングに近づけるた

めに、あらゆる基本をストイックにつ

きつめています。


したがって、通常では、前足に加重を

かけたいのであれば、前足を意識して

踏んでください。これが正論です。


しかし。前足意識だけでボードをいく

ら踏んでも、スピードがぜんぜんつけ

られていない人がほとんどです。


この矛盾に気がつかなければ、いくら

やっても上達は遅れてしまうんです。


ストイックではありとあらゆる視点か

らプログラムが構成されており、やっ

ているうちに、サーフィンが今以上に

好きになることにも比例していきます。


上手くなればなるほどにサーフィンが

大好きになるはずです・・・






コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    後藤 (水曜日, 22 10月 2014 21:37)

    ご丁寧な解説、本当にありがとうございます。ヒザの形が大事なのですね。
    頑張ってやってみます。これからもブログ楽しみに読ませてもらいますので、宜しくお願いします。今度、是非スクール予約させていただきます!

  • #2

    seashell (日曜日, 26 10月 2014 13:28)

    コメントありがとうございます!
    ヒザの形をがんばって作ってくだ
    さいね。壁に当たったらいつでも
    おいでください!

ウェット通販サイト