小波チョッピーの攻略法②

前回はボトムからトップをながめる意識についてお話しをさせてもらいましたが、今日はレールワークについてです。続き→

まず、レールワークって、いった

いなんなんでしょうか??

 

 

はっきりと説明するのはなかなか

難しいとおもいます。

 

一般的に言いますと、レールを波

の斜面に入れて加速をかける。

 

 

または左右のレールの使い方を的

確にできる。

 

このようなイメージで書かれてい

ることが多いでしょう。

 

 

 

そこで、今日は具体的なレールワ

ークの仕方について書いてみます。

 


エッジを使え!!

 

 

 

 

サーフボードのテール側部分には

エッジという角ばった部分があり

ます。写真下↓

まずレールワークで必要なのは、

このエッジをうまく使いこなすこ

とから始めなければいけません!

 

 

 

みなさんは、なんの為に角ばって

いるのか考えたことはありますか

??

 

 

角があるエッジ部分は、波のフェ

イスに食い込ませてスピードをつ

けられることを容易にするためで

す。

 

 

つまりレールワークの基本は後ろ

足を使ってエッジ部分をおもいっ

きり水面に入れることから、意識

しなければいけません。

 


結局は軸足意識と言うことです!!

 

 

そしてエッジを強くかませること

ができるようになってから、前足

部分のレールを入れていきます。

 

 

 

ここで一番言いたいことは

 

 

『軸足からレールを入れていくと

いうこと』す。

 

 

 

そうすれば、エッジが深く入るだ

けでもスピードが今までとは変わ

っていきます。

 

 

ボトムに降りてもエッジをかませ

る意識だと、トップに上がりやす

くなっていくはずです。

 

 

 

このようにレールを入れてターン

のスピードをあげる為での練習方

法です。

 

 

 

次に左右のレールの切り返し方に

いきます!!

 

エッジを上手く使えるようになる

と、左右のレールを上手く使える

ようになります。

 

 

なぜなら、前足部分のレールに意

識が強いと板を浮かせることに戸

惑いますよね?

 

 

だからレールの切り替えしが遅れ

たり、フェイスに食い込んで刺さ

ってしまうんです。

 

 

 

これが今までの失敗してしまう原

因です。

カットバックも結局は左右のレール

の切り返しです。

 

 

上の写真はエッジ部分で回っていま

すね。

上の写真のボトムターンでの軸足

の動きを見てください。

 

 

軸足のヒザが折れているのは、エ

ッジを強くかましているというこ

とです。

 

どうですか??

 

エッヂを使うという意味がお分か

りになりましたでしょうか??

 

 

 

 


サイズがある程度大きい波だと、

勝手にスピーがつくので、乗れ

てしまいます。


 

しかし、

パワーの無いダラダラの小波では

スピードがつかないのでゴマかし

が効きません・・・


 

しっかりエッジを意識してのレー

ルワークを覚えていきましょう。

 



軸足意識でエッジを使えば、小波

でも技を掛けれるようになって楽

しくなっていくはずです!!




 

どうやってしかけるのか??



これはスーパーストイックで教え

ています。


伸び悩んでいる方はお待ち申し上

げております。