静止の瞬間の作り方

今日もバックサイドの法則を書いてみましたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

いつも為になる内容で、大変勉強に

なります。ありがとうございます。

 

1つご質問がありますが、ヒマな時

でも教えてくださると助かります。

 

 

バックサイドで板を返す時の静止が

上手くいった時には自分でも手ごた

えを感じれるほど、板に体重が乗っ

ています。

 

ただ、それもタイミングがたまたま

あっただけですが。

 

 

静止を作る為に心がけることがあり

ましたらアドバイスをいただけると

いです。

 

 

 

 

 

 

波のトップで板が静止状態を作れた

時の感触を味わえたことは嬉しいで

すね!!

 

 

体感してくれただけでも書いてよか

ったなーと思っています。

 

 

今日は、

 

 

 

なぜ??

 

静止状態を作れないのか???

 

 

 

ここだけにポイントを当てた内容で

書いてみますので、参考にしてみて

くださいね。

 

まず、軸足ジャンプでリップへとか

け登ります!!

 

 

ボードの進行方向は赤線矢印ですね

 

上に向いた重力となりますので顔の

位置は上を向いています。

 

今日のポイントはここ↑↑

 

 

上に向いている重力を下に向けて

切り返します。

 

 

波のトップでボードを下に向けて

返さなければ失敗してしまいます

ので、上半身をボトムに向けて板

を反転させていく動きです。

 

 

最初の写真と顔の位置を見比べて

ください↑↑

 

 

最初の写真は上を向いていますが

、上の写真では下を向いています

でしょ。

 

 

 

つまり!!

 

静止を作れない原因は!!!

 

 

① 上半身のひねりが遅い

 

② 上半身のひねり方が小さい

 

 

 

 

 

この二つのどちらかが静止を作れな

い原因となります。

 

 

 

 

ここが遅れないために必要なことは

 

 

 

 

首を使ってスープ側を素早く見るこ

と!

 

両肩を振り子の原理を使って回すこ

と!

 

 

 

この二つを意識しながら練習するこ

とです。

 

 

 

 

質問者さまはここを意識しています

か??

 

 

 

 

静止を作れない原因はここにありま

すよ!!

 

 

 

 

 

静止とは。

 

体重移動の切り返しの際、起こる現

象となります。

 

 

 

この切り返しが上手くいかない原因

は、波のトップで上半身のひねりを

使って板を方向転換するタイミング

が遅れることです。

 

 

 

その上半身のひねりが遅れないよう

にする為には、首を使いながらスー

プ側までしっかりと見ることから始

めます。

 

 

ボトム真下をみてしまうと、体をひ

ねる大きさが小さくなってしまいま

すよね??

 

 

スクールでもみなさんここが難しく

て、あたふたしてしまっています。

 

 

 

スープ側をみることにより、ボトム

よりも距離がでる分、両肩の振りの

大きさも変わっていきます。

 

 

 

「距離」とは、

板を返す半径の大きさ。

そして、テールをエグル時間も長く

なることでスプレーの量も増えてい

くということです・・・

 

 

 

 

 

バックサイドの板を返す時には、返

すことばかりに囚われて、ボトム側

 

真下に板を返そうとしていまいがち

です。

 

 

 

 

 

その動きが、波のタイミングしだい

となることを理解してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

常に板はスープ側へ返すことを考え

ることが大切です。

 

 

次へつなぐことを捨ててみてくださ

い。

 

 

繋ぎたい病を打破する練習で!!

 

 

 

 

 

そのイメージを持ってはじめて・・・

 

 

波のトップではスープ側を見る。

そして

 

板を振り切る為に、両肩を回しな

がら、左手を前に伸ばすこと。

 

 

この意識を持つと、上半身のひね

りのスピードも上がっていきます。

 

 

 

 

 

お試しくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 


板の返しを速めるボード

波のTOPで板を返しやすのはFISHテール!!

■ブラックボックスⅢフィッシュテール

 

 

小波や力の無い波でも無敵なFISH!!

■モンスタボックスフィッシュテール