小波の練習方法!!

サーフィンは小波が乗れると乗れないでは、楽しさが天国と地獄くらい変わっていきます。

 

小波が上手くなりたい!!そう、思

たことはありますか??

 

 

 

小波が上手くなると、波のサイズに

われず、いつでもサーフィンモー

ドに変わっていけます。

 

 

 

 

そしてなにより、小波でサーフィン

練習することが上達への近道にな

ります。

 

 

 

 

 

そこで今日は、小波を乗れるように

る実践方法を書いてみたいとおも

います。

 

 

 

小波でもうねりから立ってしまえ

ば、横に行けるチャンスは十分に

あるはずです。

 

 

 

 

だけど・・・

 

普段使用しているボードだと浮力

足りず厳しいです。

 

 

そう、思われた人。

 

 

 

普段使用しているボードでも小波

乗れるように突き詰めれば、そ

の概念も変わっていけます!

 

 

 

 

うねりから立てる、絶対なるスピ

ードがあるテイクオフを練習すれ

ば必ず、現在使用しているボード

でも小波を乗りこなせるようにな

っていきます。

 

 

 

 

小波ですと必然と浅瀬なために、パ

ドルをしなくても、歩いて沖に出れ

分、普段より疲れないはずです。

 

 

 

 

それなら、ひたすらテイクの練習を

する気持ちに変換できれば、新たな

発見を手に入れられるかもしれませ

ん。

 

 

 

テクニック講座のテイクオフのペー

ジに書いてあることを1つずつ実践

してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

小波では絶対なるテイクのスピード

を強化すること。まずこれが一つ目

です。

 

 

 

 

 

 

そして今度はうねりから立てた次

の動きを覚えれば、かなりのスピ

ードをつられるようになってい

きます。

 

 

 

それが、昨日のブログでも書かせ

てもらいましたが、レールを抜い

た加速のかけ方です。

 

 

 

 

 

上の写真の波はヒザくらいです。

 

 

 

水深がないために、波のフェイス

走ってしまうと終わってしまい

ます。

 

 

 

そこで、昨日書いたボトムでの

「タメ」を使っていきます。

 

 

 

この「タメ」とは

リップがそそり立つまで「待つ」

ということです。

 

 

 

待つという行為によって、波のト

ップ「ふわっ~」と飛び上がる

ことができるようになります。

 

 

 

つまり、レールを抜いたアップスン

やることで、加速をかけられると

いうことです。

 

 

 

加速がつけば、水深が浅くてもボー

は進んでくれますよね。

 

 

 

 

 

そして、技もかけやすくなっていき

す。オンショアのダラダラの小波

でもこの、ボトムでの「タメ」を覚

えることで、波を繋げていけるよう

になっていきます。

 

 

 

 

みなさんも、あせる気持ちを押さえ

「タメ」に挑戦してみてください

!!

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

では少しの実践イメトレを書いてか

ら締めくくりましょう・・・

 

 

上の写真を見るとレールが入ってい

るのを感じ取れますね??

 

 

タメとは・・・

 

 

小さなターンをする前の呼吸。

 

 

レールを入れる為に、一呼吸の間を

作ることで慌てないこと。

 

 

そして、その間から、おもいっきり

レールを入れて加速をかけるという

のが、小波でもスピードをあげてい

けることに繋がっていきます。

 

 

レールを入れる為の間。。。

 

 

そして、メリハリ・・・

 

 

そんな乗り方を意識して練習してみ

てくださいね!!