上級テイクオフ第2弾

パドルの基本体勢があっているのかよく分からないと、メールでの問い合わせが一番多いので、基準となるいい方法を書いてみました。続き→

 

 

 

まず、いきなりですがイマジネー

ョンを働かせてみてください!!

 

 

 

「ゆっく~り読んでください。」

 

 

 

 

あなたは、沖で、波待ちをしなが

ら浮かんでいます。

 

 

場所は、お好きなポイントで構い

ません。。。

 

 

気持ちよーく、波を待っています。

 

 

すると、沖合から極上のセットの

波が、 右方向から押し寄せてきま

した。

 

見るからに、ド三角の、ライトの波

です。

 

 

 

あなたは急いで、ピークに目がけて

パドルをします。。。

 

 

 

ピークまでの距離、10Mくらいで

しょうか。。。

 

 

 

フルパドルで、向かってください。 

 

 

 

そして、ピークの下に入りこみまし

た。

 

 

 

さて、あなたはボードをどのように

反転させて、テイクオフをしますか

??

 

 


波のブレイクの速さによって、いろ

いろ変わっていきますが、今はパド

ルしたまま、ねそべった状態で反転

てください。

 

 

 

ピークギリギリまで、波を追いかけ

たので、グッドポジションでの旋回

です。

 

 

 

波の真下で、パドルをしたまま急い

でライト方向に、向きを変えてくだ

さい。。。 

 

 

 

向きを変えたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

ハイ!!

 

イマジネーション終了です!!

 

 

 

 

さて、あなたは、どのように向き

を変えましたか??

 

 

 

いつもやっていることなので、特に

意識はしてない方も多いいとおもい

ます。

 

 

 

しかし!!この反転するのに制限が

あります!!

 

 

 

 

いいですか、よく聞いてくださいね。

 

 

 

 


まず、パドル4カキで3秒以内に反

転します。反転角度は180°です

 

 

 

 

どうですか??普段やっている方で

も、上の数値に当てはまってやって

いますか??

 

 

 

実際にやってみると、案外難しいも

のです。

 

 

 

反転してもボードと体がズレてしま

っては、テイクのスベリ出しが上手

くいきません。

 

 

 

 

ここで一番重要なのは、急いで旋回

すると、なぜ体がズレてしまうので

しょうか??

 

 

 

ここをもう一度、見直していきたい

と思います!!

 

 

 

 

写真を勝手にお借りしました・・・。

ありがとうございます<(_ _)>





 

体とボードがズレてしまうのは何か

原因があるはずです。

 

 

これは、テイクオフ講座でも書いて

ありますが、へそで重心をとり、

モモとヒザを使ってしっかりボード

を押さえていないのが原因でありま

す。

 

 

 

上の写真をよくみてください!!

 

 

 

赤い玉と青い玉の部分で、どれだけ

しっかりボードをおさえていのるか

が、重要です。

 

 

 

これが、できている、いないの判断

は、波を取りに行った際に4パドル

で3秒以180°旋回ができる人

合格です。

 

 

 

これを基準にすると、いい目安にな

ると思いますよ!!

 

 

 

 

ぜひ試してみてください☆

アンディと同じパドルのタイミン

グなのに、ケリーのノーズが水面

からでていません・・・

 

 

 

なぜでしょうか??

 

 

 

 

ストイックコースではこのような練

習方法を取り入れながら、実践に向

けて行っています。興味がある方は

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 


下の動画はジョディとジュリアンの

テイクオフです。へそで重心をとっ

ているからこそ、華麗な滑り出しと、

簡単なテイクオフに見えますのでし

っかり見て、勉強してくださいね。