バックサイドでも軸足ジャンプする

今日もバックサイドでも軸足ジャンプをするというお話し!!

 

 

 

 

連日、お伝えしている軸足ジャンプ!

 

 

 

 

 

今日もここを突き詰めた内容となりま

す。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、バックサイドで板を縦に上げ

ようと心みても、なかなか上手くで

きなくて悩んでいる方。

 

 

 

または、打点が低くて波の裏から

板が出ない方。

 

 

 

 

どうすれば良いのであろうか…

 

 

 

 

そんな路頭に迷っている方は、こ

の軸足ジャンプを練習することで

確実に変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

まずはバックサイドでの軸足ジャン

プを物理的に考えることから!!

フロントサイド同様に、後ろ足を使

ってテールを深く沈める意識でRを

描き、同時にレールをフェイスに食

い込ませることで、大きな反発力を

使えることがイメージできますか?

 

 

 

前足に加重がかかり過ぎると、今お

伝えしたことが物理的に不可能です

よね??

 

 

写真のボードが縦に行くイメージで

見るとなんとなく理解はできますよ

ね?

 

 

 

 

つまり、バックサイドでもボトムで

Rを描く前に、いかに後足加重の状

態を作れるのか??

 

 

 

 

こう、考えてみてください!!!

 

 

 

いいですね??? 

 

 

 

 

 

 

では、そのいかに後足加重にするた

めには???

 

 

 

 

 

 

ここを今日は勉強しましょう。

 

 

 

 

ボトムから仕掛ける体勢から↓↓

上の写真の体勢をじっくりと見てみ

ましょう!!

 

 

ボトムに降りてから仕掛けにいった

ものの、波のトップへ斜めに上がっ

てしまう場合、又はレールが噛んで

しまい引っかかってしまう。

 

 

 

その原因は、すべて前足に力が入り

過ぎていることです。

 

 

 

 

 ボトムでのフォームでは!!

 

 

 

右手を前に出しながら、左手は水面

を触るように真下へ伸ばし、波のリ

ップをしっかりと見る体勢を作り上

げていきます。

 

 

 

その体勢を維持したまま!!

 

 

身体の軸を波側に倒すことで軸足に

加重がすべてかかります。

 

 

 

この体勢を取れて初めて!!!

 

後足首でテールをねじり込むように

Rを描けるということになります。

 

 

 

 

 

前足に力が入ってしまう方は、この

体勢を練習するしか選択の余地はあ

りません・・・

 

 

 

バックサイドでは身体の軸を波側に

倒すだけで後ろ足に加重がかかりま

す。

 

 

後足に全体重が乗り、足首でRを描

くようにしながら左肩を真上に上げ

れば、板の起動も縦へと変わってい

きます。

 

 

 

この動きを素早く行うことが軸足ジ

ャンプとなります!!!!

 

 

 

 大丈夫ですよね???

 

 

 

 

 

 

 

そして次!!!!

 

 

 

 

 

後足くびを使ってRを描く動きに合

わせて、前足のヒザを内側に入れれ

ば入れるほどに、後足加重がかかり

ます。

 

 

その前足のヒザを内側に締めてこそ

!!

 

 

波のトップでは後足9割加重となる

感覚が生じるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

下の写真を見てみましょう↓↓

前足のヒザを締めることによって、

後足に加重がかかていることが分か

るかと思います。

 

 

 

前足はかかとで軽く板の上にのせて

いるいるような感覚となりますので

そこも必ず意識してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、軸足9割の法則を理解

してもらえるかと思いますが・・・

そして上の写真の前足のヒザをもう

一度見てください↑↑

 

 

 

くっつきそうですよね・・・

 

 

 

つまりですよ!!

 

 

 

バックサイドの軸足ジャンプとは!

 

 

 

いかに後足に加重を掛けたまま、波

のトップへ上がれるのか???

 

 

 

 

というのが、今日の内容の本質です

!!!

 

 

 

 

 

 

 

波のトップでも後足加重になってい

れば、上半身をひねる動作もやりや

すくなっていきます。

 

そして!!!

 

波のトップでは、さらにヒザが締ま

っていますでしょ ↑↑

 

 

これは、波のトップで後ろ足くびを

Rを描いていきます!!!

 

 

 

 

その動きに合わせて上半身をひねる

ということですね・・・

 

 

 

つまり、ボトムからのRを使い、波

のトップでもRを使うということで

す。。。

そうすることで、板の回転スピード

も上げていけるということ!!!

 

 

 

 

下の写真をもう一度見てみましょう↓

これはフロントサイドでの足くびを

Rを描くポイントの写真ですが、バ

ックサイドもまったく同じというこ

と!!

 

 

 

 

Rの向きを逆向きに見てみると同じ

ですよね??

 

 

 

 

 

基本的にはバックサイドでも後足が

軸となっているからこそ!!!

 

 

 

上半身を連動させることができると

いうことです。

 

今日お伝えしたバックサイドの軸足

ジャンプのやり方や、その動きに合

わせた上半身の動かし方は、かなり

の難易度があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい身体の動かし方をしっかりと

覚え、陸トレでやりこまない限り、

習得に時間がかかってしまいます。

 

 

 

 

ここで、今日お伝えしたことをサー

フレボリューションで実際にレクチ

ャーしていますが、みなさん身体が

覚えるまでは四苦八苦しながら練習

しています。。。。

 

 

 

 

理論は完璧に分かっていても、身体

が覚えるまではやり込まない限り不

可能です・・・

 

 

いつもそう言ってくれます。。。

 

 

 

 

 

 

 

それだけサーフィンの動きは難しいと

いうことです。

 

 

 

 

サーフレボリューションではこのよ

うに基礎となるフォームを確実に作

り上げていく練習となります。

 

 

 

基礎を作りたい方は練習しにきてく

ださいね!!

 

 

■サーフレボリューション

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今日も軸足ジャンプ

について書いてみました。。。

 

 

 

 

 

これを習得するだけで、すべて乗り

方が変わっていきます!!

 

 

 

 

 

 

頑張って練習してくださいね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ブログ



リンコンウェット大特価!!