ひねって折る手前の動作が肝心

今日もフロントサイドリッピングの上級編となります・・・

 

 

 

 

サーフレボリューションのコンテ

ンツ4:オフザリップ講座にお申

し込みいただきましたみなさま。

 

 

誠にありがとうございます。

 

 

満席となりましたので、今回参加

できなかった方は3月講習予定があ

りますので、そちらで再度応募して

いただけたら嬉しいです。

 

 

 

日程は決まり次第、このブログで告

知させていただきますのでよろしく

お願いします。

 

 

 

 

さて。

 

 

 

連日のブログではオフザリップでの

上半身のひねり方をお伝えしており

ますが、なかなか上手くいかないと

いう方へ向けて、さらに突き詰めた

練習方法を書いてみたいと思います

 

 

 

 

 

今日も非常にマニアックな内容とな

りますが、楽しんでいただけたら幸

いです。

 

 

 

では、いってみましょうーーー

 

 

 

 

 

 

まず!!

 

波のトップで身体を横へひねり、

そして折るためには必要なこと

があります。

 

 

 

 

ここから考ていきましょう。

 

 

 

 

波のトップで身体をひねるには、

フェイスと身体が向き合っている

状態を作ることが適切となります

 

 

なぜなら・・・

 

 

体を正面に向いたままトップへ上

がる方が、重力に逆らっている認

識が強く感じ、速めに上半身をひ

ねる意識が芽生えます。

 

 

 そして。

 

ボトムからトップへ斜めに上がって

しまうと、そのまま斜めに着地しよ

うと脳が反応してしまい、上半身の

ひねりは遅れてしまうんですね…

 

 

 

 ちょっと難しいですか・・・?

 

 

 

 

 簡単に言えば、板を縦に上げたほう

が体をひねりやすいということ!

 

 

 

 

では、次に行きます。

 

 

 

板を縦に上げるには身体を正面に向

けて波のトップへ上がる動きが必要

です。

 

 

 

そこを練習するんです!!

 

 

 

意味わかりますか??

 

 

大丈夫ですね?

 

 

板を縦に上げる軌道を作る練習と

いうことです。

 

 

 

その練習とは。。。

 

 

 

 

 

ボトムターンでのボードの角度を

練習することです。

 

 

 

角度を取る??

 

 

 

 

 

難しい表現ですが、今日はこのボ

ードの角度から解説していきます

よ。

 

 

 

 

下の写真から↓↓

 

この写真はボトムでの体勢となりま

すが、ノーズは岸側へと向いていま

すね??

 

 

 

これが板を縦に上げやすいボードの

適切な角度となります。

 

 

 

ノーズが進行方向へ向いていては、

NGということです!!

 

 

 

斜めに上がってしまうでしょ?

 

 

まずはここから。

 

 

ノーズを砂浜側へと向けた状態から

、遠心力を使って波のトップへと上

がっていきます。

 

 

ここが今日の本質!!

 

 

ノーズが岸側に向いているのになぜ

波のトップへ上がれるのか??

 

 

 

ここですね・・・

 

 

上の写真の右手をご覧ください↑↑

 

水面を触っていますね??

 

 

身体を前に倒しながら右手で水を

かきあげる力を支点として、後ろ

足でボードのエッジをねじり込み

ながらノーズを波のトップへ向け

ていきます。

 

 

 まず、この動きを覚えることです

!!

 

 

ノーズを岸側へ向ければ板の振り幅

が大きくなり、遠心力も強くなりま

す。

 

 

この力を使うんです!!

 

 

このやり方はサーフレボリューショ

ンでレクチャーいたします。

 

 

ここで、あくまでも後ろ足の力でエ

ッジをねじりこみ、板の軌道を変え

ていきますが。。。

 

 

一応、 

前足の使い方も付け足しておきます

 

 

ボードの軌道に合わせながらヒザを

側に入れるだけです!

 

 

前足で無理にレールを入れてしまう

と、縦の軌道を壊してしまうんです

ね・・・

 

 

これは前回のバックサイドと同じ理

論となります。

 

■前足のヒザを内側へ入れること!!

 

 

ここではじめて板の軌道が縦にな

ってきたので、先ほどの

「身体とフェイスを並行にする」

いう体勢を自然と作れます・・・

 

 

 

ここで!!

 

板がトップへ上がり出した瞬間!!

 

 

 

先ほどボトムで水面をかいた右手を

上に持ってくるのがひねりのスピー

ドに影響してくるんですよ!!

 

 

ヒジの位置は肩の高さまで上がって

いますでしょ??

 

コレが前回お話しした、

 

■効き手を素早く上げろ!!

 

 

このタイミングで肘が上がってい

なければすべて終わりです(笑)

 

 

 

 

 

波のトップ8分目の体勢↑↑

 

水色の線は両肩の角度です。水平

の状態を保っていますね・・・

 

 

この時点で!!!

 

上半身を8割ひねっている状態とな

ります。

 

 

ここが横回転で必要な動き。

 

 

 

後は 

■ひねって折る!!

 

 

ここに繋がっていきます・・・

 

 

 

 

 

今日お伝えしたかったことは!!

 

 

 

上半身のひねりを作るには、ボトム

から仕掛けるボードの角度を意識し

ろ!!

 

 

ということになります。

 

 

上手く伝わりましたでしょうか??

 

 

 

 

そして最後に・・・

 

 

 

これからこのような練習をするに

当たってのアドバイスがあります

 

 

 

アップスンで走っている時でも、

ボトムに降りるノーズの角度を岸

側へ向けて真っすぐ降りる練習を

してください。

 

 

 

 

そして、後足でエッジをねじりこ

みながら波のトップへ上がる軸足

ジャンプの練習をすることで、基

礎を作り上げる大事な練習方法と

なります。

 

 

この練習が一番効果的となります。

 

 

 

つまり!!

 

これができなかった場合。

 

 

 

 

今日のように板を縦の軌道にして、

波のトップへは100%上がれない

!!

 

 

ということです・・・

 

 

 

 

基礎から固めた練習をしていくと、

このように繋がっていくものです。

 

 

 

 

 

 

今日はここまで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


JSオーダーフェア開催

今日の話しで、

板の反応はテールのエッジや幅、厚さがどれだけ大事なことが伝わりましたでしょうか・・・

 

 

INSISTカスタムではこのようにチューニングをしていくことで、サーフィン上達へのお手伝いをさせていただいております。

 


JSオーダフェア開催

1月26日から受付開始

 

期間限定 25本限り

 

 

ご相談お待ちしております。