バックサイド 攻略法

今日もバックサイドのお話し!!

 

スーパーマニアックの内容となります(笑)

 

 

連日、お伝えしているヒザをくっつけ

て波に乗るように心がけると、加重が

倍増し、スピードと安定感が大きく変

わっていく!!

 

 

そんな話しをしていますが。。。

 

 

 

今日もここを突き詰めた内容となりま

す。

 

 

 

 

 

 

 

では、いってみましょう!!

 

 

 

 

 

 

まず、バックサイドで板を縦に上げ

ようと心みても、なかなか上手くで

きなくて悩んでいる方。

 

 

 

または、波のハイラインで板を回転

させることができず、中腹で板を返

してしまう方。

 

 

どうすれば良いのであろうか…

 

 

 

 

そんな路頭に迷っている方にお勧め

の内容となります。

 

 

 

 

 

では、ボトムから仕掛ける体勢を見て

みましょう↓↓

 

上の写真の体勢をイメージしてく

ださい。

 

ボトムに降りてから仕掛けにいっ

たものの、波のトップへ斜めに上

がってしまう場合、又はレールが

噛んでしまい引っかかってしまう

場合。

 

 

 

その原因は、すべて前足に力が入り

過ぎていることです。

 

 

 

 

 ボトムでのフォームでは!!

 

 

右手を前に出しながら、左手は水

面を触るように真下へ伸ばし、波

のリップをしっかりと見る体勢を

作り上げていきます。

 

 

 

この体勢を取ると、身体の軸が自

然と波側に倒れるので、後足で踏

ん張っていくことになります。

 

 

しかし!!

 

ここで、前足にも力が必然的に入

ってしまうものです。

 

 

 

前足に力が入ってしまうと、その

部分のレールが食い込み、そのま

まの軌道で波のトップへ上がって

しまうか、前足部分のレールが引

っかかって転んでしまいます。

 

 

 

 

 

ここで、どうすればよいのか??

 

 

 

 

ずっと、お話し、していますよね

??

 

 

 

正解は。。。

 

 

 

 

ボトムでの大勢では。

前足のヒザを後ろのヒザにくっつ

けようとすることで改善できます!

その体勢をとれたなら、後ろ足に全

体重が乗り、左肩を真上に上げれば

板の起動も縦へと変わっていきます

 

 

 前足のヒザを内側に入れれば入れる

ほどに、後足加重となり、この状態

を作れば後足9割加重となる感覚が

生じるんですね。

 

 

 

 

これが前回もお伝えした9割加重の

意味となります。

 

 

 

前足のヒザが内側へ入った場合、物

理的に前足加重で踏んでいることは

ありえません。

 

 

 

下の写真を見てみましょう↓↓

上の写真の状態で、もし、前足加重

がかかっていたら、板は失速してし

まうのがわかりますよね?? ↑↑

 

 

 

従って、前足はかかとで軽く板の上

にのせているいるような感覚となり

ます。

 

 

そうなると、軸足9割の法則を理解

してもらえるかと思いますが・・・

 

 

そして上の写真の前足のヒザを見

てください↑↑

 

 

くっつきそうですよね・・・

 

 

 

つまりですよ!!

 

 

ボトムからの体勢で最初から前足

のヒザをくっつけようとする意識

がなければ、波のトップへ上がり

かけの状態からヒザを内側に入れ

ることは絶対に不可能となります

 

 

そう考えると。前足の使い方の重要

性に気づけることでしょう。

 

 

波のトップでは、さらにヒザが締

まっていますでしょ ↑↑

 

 

結局、この前足のヒザの使い方を

覚えなければ、悩みも解決するこ

とはできません。。。

 

 

この深い意味を理解してください

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次にいきます。

 

 

 

 

波のトップから板を返す瞬間の体勢

となりますがヒザはどうなっていま

すか??    ↓↓

めちゃくちゃ締まっていますよね

??

 

 

ここでも、やはり前足のヒザを締め

ることで板に回転をかけることがで

きるんですね・・・

 

 

 

 

そして、板のノーズはスープ側へ返

す意識で、その回転スピードが上が

り、スプレーの量も倍増するという

のがいつものフレーズとなります。

 

 

 

 

 

 

そして今日はここからがスーパーマ

ニアックの内容!!

 

 

 

 >板のノーズはスープ側へ返す意

識で、その回転スピードが上がり、

スプレーの量も倍増するというの

がいつものフレーズとなります。

 

 

 

ここを科学的にお伝えしようかと

思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず!!

 

 

 

コンパスをイメージしてください。

 

 

針を刺して指で回しながら500円

玉くらいの円を素早く書いてみてく

ださい。

 

 

もちろん頭の中でかまいませんよ!

 

 

 

 

 

書いてみましたか??

 

 

 

 では次!!

 

 

 

同じ大きさを今より速いスピード

でもう一度書いてください。

 

 

かなり速めに・・・

 

 

 

 

 

どうですか??

 

 

 

 

 

芯を上から強く押していないと線

が曲がってしまいますよね??

 

 

 

 

 

 

では、次です↓↓

上の写真は

コンパスで素早く円を書いた状態で

す↑↑

 

 

後足→コンパスの針。

 

指で持つ先っぽの部分→頭。

 

指で回す動き→両肩

 

 

 

波のトップから板の回転をかける力

はこのような感じに当てはまります

 

 

つまりですよ!!

 

 

 

 

 

針となり後足部分の力と軸となる頭

の位置をしっかりとブレない体勢を

作り上げ、両肩の振りのスピードを

使って、円を掻くように体をひねる

とでボードが回転するということ。

 

 

 

 

 

ん???

 

伝わります??(笑)

 

 

 

 

 

ここで、今日お伝えしたことを実際

にレクチャーしていますので、その

様子をご覧ください↓↓

ボトムでの体勢では、骨盤に乗る

ように上半身を真っすぐに起こし

たまま、ヒザを深く曲げていきま

す。

 

 

この時に、ヒザを曲げれば曲げる

ほどGが掛かるので前足のヒザが

外側へ向いてしまうものなんです

ね・・・

 

 

 

そこで!

 

前のヒザを内側に折ることを常に意

識させていきます。

 

 

 

そうすると、後足加重が9割になる

ために、その状態ではじめて、後

ろの肩を真上に引っ張りあげると板

も付いてくるんですね!

 

そして、

 

板が上に上がり出したらすぐ次の動

き!!

 

アタマを下の向けることが求められ

ます。

 

 

ここで先ほど話しをした、コン

パスの形を作り上げますので、

頭を下に向けるスピードも、か

なり大事なこととなります。

 

 

 

では、ここで!!

 

軸足に荷重が掛かった状態で、両

肩を回すためのコンパス状態が出

来ているのかをチェックしていき

ます。

 

 

 

どうですか??

 

 

イイ感じですか??

 

 

 

改善ポイントはありますか??

 

 

 

 

 

 

そう考えてみながら、下の写真を

見比べてみましょう ↓↓

 

左の写真と比べると分かりますよね

??

 

 

どこを治せば、さらにコンパクトに

体を回転させることができますか?

 

 

 

 

 

そうです!!

 

 

 

前足のヒザを内側にですね!!

 

 

 

板の回転スピードと同じ軌道で、前

足をコンパクトに折りたたみながら

誘導していくので、ヒザが開いてい

てはNGです。

 

 

ここも常に意識しながら身体に覚え

させていきます。

 

 

 

そして最後となる着地でも前足

のヒザを内側へいれることで、

加重が掛かり、次へのスピード

を上げていけるんですね・・・

 

 

 

 

この一連を理解した上で!!

 

さらに強化を高めていきます。

 

 

 

 

身体に負荷を掛けながら、さき程の

フォームを反復練習していくことで

、強化していくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

サーフレボリューションではこのよ

うに、基礎となるフォームを確実に

作り上げていく練習となります。

 

 

 

 バックサイド編は

4月から受け付けとなりますが、今回

の基礎編でも、このヒザを内側に向け

るボードの押さえ方は練習していきま

す。

 

 

 

基礎を学びたい方は ↓

 

 

■ 只今、サーフレボリューション募集中

 

 

 

 

 

ということで、今日もスーパーマニ

アックな内容を書いてみましたが、

楽しんで読んでくれた方は、かなり

のマニアックですね (笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1月イベント情報

JSサーフボードジャパンモデル

スーパーカスタムオーダー開催!!

期間限定 1月26日から受付開始

 

 

 

JSサーフボード最新モデル入荷!!

ブラックボックスⅢ登場。