見るとは首をひねる!!

バックサイドのブログが続いたので、アップスンの次の動作!!

 

バックサイドのテイクオフのアッ

プスンの一連の動きを書いてみま

たが、今日は波のトップで板の

返し方について勉強してみましょ

 

 

横へ走ってアップスンをしている

と、波のトップが厚くなったので

、エグる!!

 

 

 

 

 

フロントに比べると反対側を見や

すい分、割と簡単に返せるかとお

もいます。

 

 

 

少しでも横に行けたなら、必ずボ

を砂浜側に向けてエグルとい

うことを念頭におきましょう!!

 

 

 

 

そして、次のステップにいきます。

 

 

今度は、横に滑っていて、波が崩れ

のが分かった時の対処法です。

 

 

 

こんにちは。いつもほんとに勉強にな

っています!ところでご質問がありま

してメールさせてもらいました。

バックサイドで、いい波だと少し横に

滑れる程度の初心者ですが、波が最後

に崩れて来たときに、どうすればいい

のか教えてほしいのですが・・・

あわよくば、技をかけたいです。

          26歳女性J様

 

 

 

 


J様、ご質問ありがとうございます!

技をかけたいということは、リップ

に当てたいということでしょうか?

 

そうであれば、波のリップに合わせ

たボードの返し方を説明させてもら

いますね。

 

 

 

 

先ほどでは、波が厚くなったらボー

ドを砂浜側に向けるとお伝えしまし

たが、崩れそうなリップでもまった

く同じ動きなんです!

 

 

 

波が厚いか崩れてくるのかの違いだ

けで、やり方は同じです。

 

 

 

では!!

 

 

なぜ崩れる波だと難しいと感じるの

でしょうか??

 

 

ここを見つめたお話しとなります!

 

 

 

 

タイミングがなかなか合わないから

だとおもいますが、実は!!

 

 

しっかりとリッを見ていないのが

一番の原因なんす。。。

 

 

 

 

前回のブログでもお話させてもらっ

たのですが、人間の視界は120°

です。

 

 

横に滑っているだけで、リップはふ

んわりと見えてしまうので、見てい

る「つもり」になっているんです。

 

 

 

だから、ふんわりしか見えていない

のでリップの崩れるタイミングを読

めないことにつながってしまいます。

 

 

 

したがって、いつもみなさんにアド

バイスしていることは、アゴを左肩

に付けるように波を見てくださいと

教えています。

 

 

 

アゴが肩に付く=首を曲げて視界を

広くするということです。

 

そうすることで、波のブレイクを

しっかり見ることができ、当てに

いくタイミングが取りやすくなって

いきます。

 

 

 

 

まずは、ここから初めてください!

 

 

 

 

 

次に返し方です。

 

 

 

 

 

 

波のリップの崩れるタイミングに合

わせて、ボードを砂浜側に真っ直ぐ

返しています。

 

 

 

これは先程も言いましたが、厚い波

での返し方とまったく同じですね!

 

 

 

この返し方も先に砂浜側を「見る」

ことでボードはついてきます!!

 

 

 

この「見る」も、右肩にアゴを付け

るようにして見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

一応、ちょっとホレた波のバージョ

ンも書いておきますので参考程度に

読んでみてください!

 

 

 

 

この手の崩れかけてくるリップは少し

怖いかとおもいますが、当てにいく瞬

間に上のライダーは一瞬ですが、かな

り上を向いています。

 

 

この首の角度を取って初めて、波を見

ている基準となります!!

 

 

そして、後ろ足に加重をかけて静止

するようなタイミングから両肩を振

り子のように回転させていきます。

 

■ 静止の作り方・・・

 

そして、その両肩の反動を使って

板を内側(スープ側)へ向ける意識

でかえすことで板が素早く回転し

ていき、スプレーも上がっていく

んですね・・・

 

 

 

ちょっと難しくなっていましたま

いましたが、なんとなくでもイメ

ージできればいつか必ず役に立ち

ます。

 

 

 

まずは首を曲げる意識で波のリッ

プを見る練習からしてみてくださ

いませ!!

 

 

 

 

 

上の写真のように反対側を向く態勢

を取らり後ろの肩がどれだけ開ける

のかが、垂直リップに求められた動

きとなります。

 

 

中級者以上の方も

首を使う練習をするだけで、必ずレ

ルアップしていきます!!

 

 

 

首を意識して視野を広げる練習をし

みてくださいませ。

 

 

 

 

 

 


バックサイド関連ブログ